2018年05月25日

『万葉集』を訓(よ)む(その1273)

 今回は、939番歌を訓む。題詞に「反歌三首」とあって、本歌から941番歌までの三首は、938番歌(以下、「長歌」という)の反歌である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。
 
  奥浪 邊波安美 
  射去為登 藤江乃浦尓 
  船曽動流

 1句「奥浪」は「奥(おき)[沖]つ浪(なみ)」と訓む。この句は、247番歌1句と同句。「奥浪」は、間に連体修飾の格助詞「つ」を読み添えて「奥(おき)[沖]つ浪(なみ)」と訓む。連体修飾の格助詞「つ」は、主として体言と体言との関係づけを行い、位置や場所について言うものが多い。また、「天つ神」と「国つ神」、「沖つ波」と「辺つ波」、「海(わた)つ霊(み)」と「山つ霊」、「上つ瀬」と「下つ瀬」など、対になって使われるものが多数を占める。
 2句「邊波安美」は「邊波(へなみ)安(しづけ)み」と訓む。「邊波(へなみ)」も247番歌2句に既出で、「海辺に寄せる波。岸辺にうち寄せる波。へつなみ。」の意。「邊」は「辺」の旧字。「安美」は、ク活用形容詞「しづけし」の語幹「安(しづけ)」+理由・原因を示す接続助詞「み」=「しづけみ」。「しづけし」は、「静かである。穏やかである。」ことをいい、「しづけみ」は、いわゆるミ語法で「静かなので」の意。「安」は会意文字で、『字通』に「宀(べん)+女。〔説文〕七下に「靜かなり」とあり、宀に従うのは廟中の儀礼である。宀は家廟(かびょう)。新しく嫁する女は、廟中で灌鬯(かんちょう)(清め)の儀礼をし、祖霊に対して受霊の儀礼をする。卜文に水滴を垂らす字、金文に下に衣をそえる字形があるのは、その安寧の儀礼を示す。里帰りすることを帰寧(きねい)という。」とある。また『名義抄』には「安 ヤスシ・イヅクゾ・シヅカナリ・ヒロシ・イカゾ・スウ・ヤウヤク・ヨシ・トドム・シタガフ・オク」とあり、シヅカナリの訓が見える。「美」はミ(甲類)音の常用音仮名で、平仮名の字源。
 3句「射去為登」は「いさり[漁り]為(す)と」と訓む。「射去」は、「いさり[漁り]」を表す。「射」は「い」の訓仮名で、「去」は「さり」を表すための借訓字。「いさり[漁り]は、「魚貝をとること。漁をすること。」をいう。『日本国語大辞典』は、「いさり」の「語誌」で次のように述べている。

 磯や潟で貝を採る「あさり」に対して、舟で沖に出てする漁。「月傾けば伊射里(イザリ)する海人のともし火」〔万葉‐一五・三六二三〕のように夜、篝火(かがりび)をともしての漁を詠むことが多く、平安以降は「いざり火の」「いざり舟」が「火(ほ)」と掛けられた「ほのか」を導き出すことばとして夜中に燃え盛る恋情を表出するようになった。

 「為」は「長歌」14句に同じで、サ行変格活用の他動詞「す」の終止形「為(す)」。「登」はト(乙類)音の常用音仮名で、接続助詞「と」で、5句に続く。
 4句「藤江乃浦尓」は「藤江(ふぢえ)の浦(うら)に」と訓む。この句は「長歌」8句の「藤井乃浦尓」と同意。「藤江乃浦」は、「藤江(ふぢえ)の浦(うら)」と訓み、「藤井の浦」と同じ所で、「明石市藤江付近の浦」をいう。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名で、片仮名・平仮名の字源。「尓」はニ音の常用音仮名で、場所を示す格助詞「に」。
 5句「船曽動流」は「船(ふね)そ動(さわ)ける」と訓む。この句は、「長歌」10句の「海人船(あまぶね)散動(さわ)き」を承けている。「船(ふね)」は「海人船(あまぶね)」をさす。「曽」はソ(乙類)音の常用音仮名で、強意の係助詞「そ」。「動流」は、カ行四段活用の自動詞「さわく」の已然形「動(さわ)け」+完了・存続の助動詞「り」の連体形「る」=「動(さわ)ける」。「さわく」は「騒ぐ」のことで、上代では「さわく」と清音であった。「動」一字で「さわく」と訓む例は、1238番歌にも見える。「流」はル音の常用音仮名(片仮名の字源)。助動詞「り」が連体形「る」となっているのは、上の係助詞「そ」の係結び。
 939番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  奥(おき)[沖]つ浪(なみ) 邊波(へなみ)安(しづけ)み
  いさり[漁り]為(す)と 藤江(ふぢえ)の浦(うら)に
  船(ふね)そ動(さわ)ける

  沖の波も 浜辺の波も穏やかなので
  漁をしようとして 藤江の浦に
  船がひしめき合って騒いでいる
posted by 河童老 at 17:08| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

『万葉集』を訓(よ)む(その1272)

 今回は、938番歌の9句からを訓む。
 9句・10句「鮪釣等・海人船散動」は「鮪(しび)釣(つ)ると・海人船(あまぶね)散動(さわ)き」と訓む。「鮪(しび)」は「まぐろ」の異名。なお、「鮪」については、阿蘇『萬葉集全歌講義』が詳しく注しているので、後に[参考]として引用しておく。「釣」はラ行四段活用の他動詞「つる」の連体形で「釣(つ)る」。「つる」は「魚や虫などを釣り針や糸にひっかけて取る」ことをいう。「等」はト(乙類)音の常用音仮名で、目的を示す格助詞「と」。「海人船」は、「あまぶね」と訓み、「海人の乗る船。漁り船。」。「散動」は、220番歌20句・927番歌5句に既出。カ行四段活用の自動詞「さわく」に宛てたもので、ここはその連用形「散動(さわ)き」と訓む。「さわく」は「騒ぐ」のことで、上代では「さわく」と清音であった。「動」一字で「さわく」と訓む例が1238番歌に見えるが、ここは「散」を加えて、「散動」の二字で「さわく」と義訓したもので、サ音の音仮名「散」には、「散和久」(50番歌)、「散和口」(924番歌)など「さわく」の仮名書き例があり、そのことの連想をもあっての用字かと思われる。
 11句・12句「塩焼等・人曽左波尓有」は「塩(しほ)焼(や)くと・人(ひと)そさはに有(あ)る」と訓む。「塩焼」は366番歌他に既出。「塩(しほ)」は「海水または岩塩から製し、精製したものは白い結晶で、食生活上なくてはならない調味料」であるが、当時は、海水をしみ込ませた海藻を焼いて塩を作ったもので、その作業を「塩(しほ)焼(や)く」と言った。「焼」はカ行四段活用の他動詞「やく」の連体形で「焼(や)く」。「等」は9句に同じで、目的を示す格助詞「と」。「人(ひと)」は「社会的に存在する人間」を言い、ここは塩焼きをするために集まった人々をさす。「曽」はソ(乙類)音の常用音仮名で、強意の係助詞「そ」。「左」「波」「尓」は、各々、サ音・ハ音・ニ音の常用音仮名で、「左」と「波」は、平仮名の字源。「左波尓」で以って、形容動詞「さはなり」の連用形「さはに」を表す。「さはなり」は「多いさま。たくさん。あまた。」の意。「有」はラ行変格活用の自動詞「あり」の連体形「有(あ)る」。上の係助詞「そ」の係り結び。
 13句・14句「浦乎吉美・宇倍毛釣者為」は「浦(うら)を吉(よ)み・うべも釣(つり)は為(す)」と訓む。人麻呂の138番歌に「浦乎無美」という表現があったが、13句は、その「無」を「吉」に置き換えたもの。「浦」は、「海、湖などの湾曲して、陸地に入り込んだ所」をいう。「乎」はヲ音の常用音仮名(片仮名の字源)で格助詞の「を」、「吉」はク活用形容詞「よし」の語幹で「吉(よ)」、「美」はミ(甲類)音の常用音仮名(平仮名の字源)で接続助詞の「み」。「を吉(よ)み」は、 [体言+を+形容詞の語幹+接続助詞「み」]の形で、原因・理由(〜ガ〜ナノデ)を表わす、いわゆるミ語法。「浦(うら)を吉(よ)み」は、「浦がよいので」の意。「宇」はウ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)、「倍」はべ(乙類)音の常用音仮名で、「宇倍」は、副詞の「うべ」を表わす。「毛」はモ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「も」。「うべも」は、「なるほどまあ。もっともなことにも。全くその通りに。」など、同意肯定の意。「釣」は、9句に既出だが、ここは動詞「つる」の連用形の名詞化で「釣(つり)」。「者」は漢文の助字で、係助詞「は」。「為」はサ行変格活用の他動詞「す」の終止形「為(す)」。
 15句・16句「濱乎吉美・諾毛塩焼」は「濱(はま)を吉(よ)み・諾(うべ)も塩(しほ)焼(や)く」と訓む。「濱(はま)」は「浜」の旧字で、「海や湖の、水ぎわに沿った平地」をいう。「乎吉美」は13句に同じで、格助詞「を」+ク活用形容詞「よし」の語幹「吉(よ)」+接続助詞「み」=「を吉(よ)み」。「濱(はま)を吉(よ)み」は「浜がよいので」の意。「諾毛」は14句の「宇倍毛」と同じで、副詞「諾(うべ)」+係助詞「も」=「諾(うべ)も」。「塩焼」は、11句に既出の「塩(しほ)焼(や)く」だが、ここの「焼(や)く」は終止形。13句・14句と15句・16句は、二句対の対句。
 17句・18句「蟻徃来・御覧母知師」は「あり徃来(がよ)ひ・御覧(めさく)もしるし」と訓む。17句「蟻徃来」は、304番歌3句の「蟻通(あり通(がよ)ふ)」と同じハ行四段活用の自動詞「ありがよふ」で、ここはその連用形「あり徃来(がよ)ひ」と訓む。145番歌に「有我欲比管(ありがよひつつ)」、479番歌に「安里我欲比(ありがよひ)」の仮名書き例もあった。「ありがよふ」は、「いつもかよう。いつも往来する。続けてかよう。かよい続ける。」の意。「御覧」は、「見ること」の尊敬語であるが、ここは「ごらん」とは訓まず「めさく」と訓む。「めさく」は、「見る」の敬語である「めす」のク語法で、「ご覧になること」の意である。「母」はモ音の常用音仮名で、係助詞「も」。「知師」は、「しるし」と訓む。「知」は「しる」の音を表すための借訓字、「之」はシ音の常用音仮名で片仮名・平仮名の字源。「しるし[著し]」はク活用形容詞で、「はっきりしている。他からきわだっている。明白である。いちじるしい。」の意。
 澤瀉『萬葉集注釋』は、「めさくもしるし」の注として次のように述べている。

「御覧」を舊訓ミラムとあつたのを考にミマスとし、古義にメサクと改めた。「見ます」は、「見末世吾妹兒」(八・一五〇七)と同じく、「見る」に敬語の「ます」がついたものであり、「めさく」は「賣之賜牟登」(一・五〇)、「見爲明米之」(三・四七八)などの「見(め)す」と同じく、「見る」に敬語の「す」がついたものに體言化の接尾辭「く」がついて、御覧になることの意となる。「しるし」は「有雲知之」(三・二五八)の「しるし」と同じく著し、の意。ミマスの訓もわるくはないが、右の「あらくも」や「來之雲知師」(十・一五〇七)の如く、「くも」と續いてゐる例によりここもメサクモと訓むべきであらう。

 19句「清白濱」は「清(きよ)き白濱(しらはま)」と訓む。「清」はク活用形容詞「きよし」の連体形「清(きよ)き」。「きよし」は、「汚れのないさま。正常なさま。」をいう。「白濱(しらはま)」は「白い砂浜。白砂の浜。」の意。

 938番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  八隅知(やすみし)し 吾(わ)が大王(おほきみ)の
  神(かむ)ながら 高知(たかし)らせる
  稲見野(いなみの)[印南野]の 大海(おふみ)[邑美]の原(はら)の
  荒妙(あらたへ)[栲]の 藤井(ふぢゐ)の浦(うら)に
  鮪(しび)釣(つ)ると 海人船(あまぶね)散動(さわ)き
  塩(しほ)焼(や)くと 人(ひと)そさはに有(あ)る
  浦(うら)を吉(よ)み うべも釣(つり)は為(す) 
  濱(はま)を吉(よ)み 諾(うべ)も塩(しほ)焼(や)く
  あり徃来(がよ)ひ 御覧(めさく)もしるし
  清(きよ)き白濱(しらはま) 

  (やすみしし) わが大君が
  神として 立派に治めておられる
  印南野の 邑美の原の
  (あらたへの) 藤井の浦で
  さわらを釣ろうと 海人船がひしめき合って騒ぎ
  塩を焼こうとして たくさんの人が集まっている
  浦がよいので なるほど釣りをするのだ
  浜がよいので なるほど塩を焼くのだ
  たびたびお通いになって ご覧になるのも最もだ
  この清い白浜は

[参考] 阿蘇『萬葉集全歌講義』より

鮪 万葉時代のシビは、シビ科(マグロ・キハダ・ビンナガ・メバチ)、サバ科(サバ・サワラ)、カジキ科(マカジキ・メカジキ)など。ここは採れる場所からして、サワラという(東光治「しび考」『万葉動物考』)。大きさは約一メートル。この漁法について、「このサハラを釣るには通常一隻の漁船に三人程の漁夫が乗り、船を漕ぎ或は帆走させながら、船の両側へ釣糸を張り、活イワシを餌にして釣るのであるが、かうした漁船が幾百艘となく入り乱れて漁獲する有様は誠に壮観である」という。
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 14:57| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

『万葉集』を訓(よ)む(その1271)

 今回は、938番歌を訓む。題詞に「山部宿祢赤人作歌一首[并短歌]」とのみあるが、前の「笠朝臣金村」の歌(935〜937番歌)と同じく、神亀三年の聖武天皇の印南野行幸の際に「山部宿祢赤人」が作ったもので、十九句からなる長歌であり、後ろに反歌三首(939〜941番歌)を伴う。
 写本に異同はなく、原文はつぎの通り。

  八隅知之 吾大王乃 
  神随 高所知流 
  稲見野能 大海乃原笶 
  荒妙 藤井乃浦尓 
  鮪釣等 海人船散動 
  塩焼等 人曽左波尓有 
  浦乎吉美 宇倍毛釣者為 
  濱乎吉美 諾毛塩焼 
  蟻徃来 御覧母知師 
  清白濱

 1句・2句「八隅知之・吾大王乃」は「八隅知(やすみし)し・吾(わ)が大王(おほきみ)の」と訓む。「八隅知之」は、直近では923番歌1句に既出。「八隅知(やすみし)し」と訓み、「わが大君」または「わご大君」にかかる枕詞としての常套句で、八方を統べ治める意を表わす。「吾大王乃」は5番歌12句・199番歌14句と同句。「吾」は、連体助詞の「が」を読み添えて「吾(わ)が」。「大王」は、大和国家の王者が諸豪族に超越する立場を獲得するに至って「王(きみ)」のうちの大なる者の意で「大王(おほきみ)」と称するようになったもの。ここでは、聖武天皇を指す。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、格助詞「の」。
 3句・4句「神随・高所知流」は「神(かむ)ながら・高知(たかし)らせる」と訓む。「神随」は、167番歌29句・199番歌89句・204番歌7句に既出で、「神(かむ)ながら」と訓み、「神の本性そのままに。神でおありになるままに。」の意。「高所知」は、ラ行四段活用の他動詞「たかしる」の未然形「高知(たかし)ら」+尊敬の助動詞「す」の已然形(音韻上は命令形。漢文の助字「所」で表記。)の「せ」=「高知(たかし)らせ」。「たかしる」は、「立派におさめる。立派に統治する。」の意で、人麻呂の「吉野讃歌」(36番歌)に既出。「流」はル音の常用音仮名(片仮名の字源)で、完了の助動詞「利」の連体形「る」。
 5句・6句「稲見野能・大海乃原笶」は「稲見野(いなみの)[印南野]の・大海(おふみ)の原(はら)の」と訓む。「稲見野」は、935番歌の題詞に「播磨國印南野」とあった「印南野」に同じ。『新日本古典文学大系』の「地名一覧」に「印南野(いなみの) 兵庫県の南部、淡路島の対岸に近い加古郡稲美町、および加古川市・明石市一帯.「稲日野」(いなびの)とも.」とある。は「能」はノ(乙類)音の常用音仮名で、連体助詞「の」。「大海乃原」も地名で、「大海(おふみ)の原(はら)」。「乃」は1句に既出で、連体助詞「の」。前の「地名一覧」に「大海原(おうみのはら)」として「兵庫県明石市西部の地域一帯をいうか、和名抄の播磨国明石郡に「邑美 於布美(おふみ)」と見える.」とある。「笶」は「の(乙類)」の常用訓仮名で、連体助詞「の」。
 7句・8句「荒妙・藤井乃浦尓」は「荒妙(あらたへ)[栲]の・藤井(ふぢゐ)の浦(うら)に」と訓む。7句は、159番歌19句に「荒妙乃」とあったのに準じて、連体助詞「の」を補読して「荒妙(あらたへ)[栲]の」と訓む。「荒(あら)」は語素で、主として名詞の上について、これと熟合して用いられるが、ここでは「十分に精練されていないさま、粗製の、雑な、細かでない、すきまの多い」意を表わす。「妙(たへ)」は借訓字で、布の「栲(たへ)」を表わす。159番歌では、「荒妙(あらたへ)の」は、「(藤や麻などを材料とする)繊維のあらい布の」の意で次の「衣」にかかる枕詞として用いられたが、ここは、「あらたえ(繊維のあらい布)を作る材料である藤」というつづきで「藤」を含む地名「藤井」にかかる枕詞として用いられている。「藤井乃浦」は、「藤井(ふぢゐ)の浦(うら)」。反歌の「藤江の浦」と同じ所で、「明石市藤江付近の浦」をいう。「尓」はニ音の常用音仮名で、場所を示す格助詞「に」。
 9句以降は、次回に。
posted by 河童老 at 16:52| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする