2016年12月09日

『万葉集』を訓(よ)む(その1115)

 今回は、826番歌を訓む。「梅花歌卅二首」の十二首目。作者は「大典(だいてん)史氏大原(ししのおおはら)」。「大典(だいてん)史氏大原(ししのおおはら)」について、阿蘇『萬葉集全歌講義』は次のように述べている。

大典史氏大原 大典は、大宰府の第四等官の上位。正七位上相当官。史氏は、史部氏か。大原は、伝不明。佐伯有清氏『新撰姓氏録の研究』は、摂津国諸蕃の「史戸。漢城の人、韓氏ケ徳の後なり」とある史戸氏の一族とみなしてよかろう、とする。雄略天皇二年十月条に、「史戸、河上舎人部を置く」とある。朝廷の文筆を掌る史(ふひと)を資養する部民であったらしい。

 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  有知奈毗久 波流能也奈宜等 
  和我夜度能 烏梅能波奈等遠
  伊可尓可和可武        [大典史氏大原] 
 
 まず、使われている万葉仮名を見ておこう。片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、ク音の「久」・ナ音の「奈」・ヤ音の「也」・ワ音の「和」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、イ音の「伊」・ル音の「流」が、そして平仮名の字源となった常用音仮名では、チ音の「知」・ハ音の「波」・ム音の「武」・ヲ音の「遠」が使われている。その他の常用音仮名としては、カ音の「可」・ガ音の「我」・ギ(乙類)の「宜」・ト(乙類)音の「等」・ド(甲類)音の「度」・ニ音の「尓」・ノ(乙類)音の「能」・ビ(甲類)音の「毗」・ヤ音の「夜」が使われ、音仮名では、ウ音の「有」と「烏」・メ(乙類)音の「梅」が使われている。   
 1句「有知奈毗久」は「うちなびく」と訓む。「うちなびく」は、カ行四段活用の自動詞「うちなびく」の連体形で、260番歌の句3句に「打靡」の表記で既出。260番歌の場合は、「春」にかかる枕詞として用いられていたが、ここは「春の柳」の形容として用いている。「春の柳」が、新しい枝葉を伸ばししなやかに靡いている様子をいう。
 2句「波流能也奈宜等」は「はるのやなぎと」と訓む。「波流」は「はる(春)」。「能」は連体助詞「の」。「也奈宜」は「やなぎ(柳)」。「春の柳」は、817・825番歌の「あをやぎ(青柳)」と詠っているのに同じ。「等」は指示を表す格助詞「と」。
 3句「和我夜度能」は「わがやどの」と訓む。「和」は自称の「わ(我)」であるが、ここでは「われら」の意で、作者を含めた梅花の宴に参列している人々をさす。「我」は連体助詞「が」。「夜度」は、「やど(屋戸)」で「家の戸口のあたり。家のまわりの庭。庭さき。」の意。「わがやど」は、824番歌の「わがその」とほぼ同意で、大伴旅人の邸宅の庭をさす。「能」は2句に同じく、連体助詞「の」。
 4句「烏梅能波奈等遠」は「うめのはなとを」と訓む。「烏梅」は「うめ(梅)」。「能」は2句・3句に同じく、連体助詞「の」。「波奈」は「はな(花)」。「等」は2句に同じで、格助詞「と」。「遠」は目的格の格助詞「を」。
 5句「伊可尓可和可武」は「いかにかわかむ」と訓む。「伊可尓可」は、副詞「いかに」に係助詞「か」がついた「いかにか」で、反語の意を表す。「どのようにまあ…か。どうしてまあ…か(そんなはずはない、できない)。」の意。「和可武」は、カ行四段活用の他動詞「わく(分く)」の未然形「わか」+推量の助動詞「む」(連体形)=「わかむ」。「わく」は「違いを識別する。物事を判断する。判別する。」ことをいう。ここは「どうしてその優劣の差をつけられようか(どちらもそれぞれにすばらしくて、差をつけることはできない)」の意。
 826番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  うちなびく はるのやなぎと 
  わがやどの うめのはなとを 
  いかにかわかむ

  うち靡く 春の柳と
  我がやどの 梅の花とを 
  いかにか分かむ

  しなやかに靡いている 春の柳と
  われらの庭の 梅の花との優劣を
  どうしてつけられようか(どちらもすばらしいよ)
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 16:42| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする