2017年01月12日

『万葉集』を訓(よ)む(その1122)

 今回は、833番歌を訓む。「梅花歌卅二首」の十九首目。作者は「大令史(だいりやうし)野氏宿奈麻呂(やしのすくなまろ)」。「大令史」は、大判事の書記で、「判文抄写すること」(職員令)を掌り、大初位(だいそい)上相当官である。「野氏宿奈麻呂」は、天平六年(734)八月二十日の出雲国会計帳に「正八位下目(さかん)小野臣淑奈麻呂」(寧楽遺文上巻)と見える人か、という(『全集』『全注』)。なお、『全注』は、朝臣としている。
 写本の異同は、5句二字目<努>を『西本願寺本』には「弩」とあることが挙げられるが、『類聚古集』『紀州本』に「努」とあるのを採る。原文は次の通り。

  得志能波尓 波流能伎多良婆
  可久斯己曽 烏梅乎加射之弖
  多<努>志久能麻米
              [大令史野氏宿奈麻呂]

 まず、本歌で使われている万葉仮名について見ておこう。片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、カ音の「加」・ク音の「久」・コ(乙類)音の「己」・シ音の「之」・ソ(乙類)音の「曽」・ラ音の「良」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、タ音の「多」・ル音の「流」・ヲ音の「乎」が、そして平仮名の字源となった常用音仮名では、ハ音の「波」が使われている。その他の常用音仮名としては、カ音の「可」・キ(甲類)音の「伎」・ザ音の「射」・シ音の「斯」と「志」・テ音の「弖」・ニ音の「尓」・ノ(甲類)音の「努」・ノ(乙類)音の「能」・バ音の「婆」・マ音の「麻」・メ(乙類)音の「米」が使われ、音仮名では、ウ音の「烏」・ト音の「得」・メ(乙類)音の「梅」が使われている。

 1句「得志能波尓」は「としのはに」と訓む。「得志」は「とし(年)」。「能」は連体助詞「の」。「波」は「は(端)」。「尓」は格助詞「に」。この句については、澤潟『萬葉集注釋』が詳しく訓釋しているので、それを引用しておく。

 年のはに − 「毎年尓」(十九・四一六八)と書かれた家持の作に「毎年謂之等之乃波(トシノハ)」と自注と見るべきものが加へられてゐて、この語の解釋は明らかである。しかし「年のはに」といふ事が「年毎に」といふ意味と同じところへおちつく事は認められるが、表現は異なつてをり、「年のはに」とも「年毎に」とも云はれてゐたればこそ右の自注ともなつたのだと思はれる(六・九〇八、十八・四一二五)。「は」は「葉」「端」などの意であらう。

 2句「波流能伎多良婆」は「はるのきたらば」と訓む。「波流」は「はる(春)」。「能」は格助詞「の」。「伎多良婆」は、ラ行四段活用の自動詞「きたる(来る)」の未然形「きたら」+仮定条件を示す接続助詞「ば」=「きたらば」を表す。
 3句「可久斯己曽」は「かくしこそ」と訓む。この句は、「梅花歌卅二首」の一首目(815番歌)の3句と同句。「可久」は副詞「かく」。「斯」は副助詞「し」。「許曽」は強意の係助詞「こそ」。「かくしこそ」は「今こうしているように。」の意。
 4句「烏梅乎加射之弖」は「うめをかざして」と訓む。「烏梅」は「うめ(梅)」。「乎」は格助詞「を」。「加射之」は、サ行四段活用の他動詞「かざす」の連用形の「かざし」。「かざす」は前歌(832番歌)にも既出で、「草木や花や枝葉を飾りとして髪または冠の巾子(こじ)の根に挿(さ)す。」ことをいう。「弖」は接続助詞「て」。
 5句「多努志久能麻米」は「たのしくのまめ」と訓む。「多努志久」は、前歌にも「多努斯久」の表記で既出で、シク活用形容詞「たのし(楽し)」の連用形(副詞法)の「たのしく」。「たのし」は「精神的・身体的に満ち足りて快適である。愉快である。」の意。「能麻米」は、マ行四段活用の他動詞「のむ(飲む)」の未然形「のま」+意思・意向の助動詞「む」の已然形「め」=「のまめ」を表す。「のむ」は「口に入れて喉(のど)に下し胃に送りこむ。液体などを喉に流しこむ。」ことをいうが、ここの液体は言うまでもなく「お酒」である。已然形「め」は上の「こそ」の結び。
 833番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  としのはに はるのきたらば 
  かくしこそ うめをかざして
  たのしくのまめ

  年のはに 春の来らば
  かくしこそ 梅をかざして
  楽しく飲まめ

  年毎に 春が来たならば
  このように 梅をかざして
  楽しく飲もうよ
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 10:15| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする