2017年02月09日

『万葉集』を訓(よ)む(その1131)

 今回は、842番歌を訓む。「梅花歌卅二首」の二十八首目。作者は「薩摩目(さつまのさくわん)高氏海人(かうしのあま)」。阿蘇『萬葉集全歌講義』に「薩摩国は中国。目は、大初位下相当官。高氏海人は、伝不明。高氏は、高田、高橋、高向、高丘氏など。」とある。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  和我夜度能 烏梅能之豆延尓 阿蘇毗都々
  宇具比須奈久毛 知良麻久乎之美
              [薩摩目高氏海人] 

 本歌で使われている万葉仮名は次の通り。
 片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、ウ音の「宇」・ク音の「久」・シ音の「之」・ナ音の「奈」・ヒ(甲類)音の「比」・モ音の「毛」・ラ音の「良」・ワ音の「和」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、ア音の「阿」・ス音の「須」・ヲ音の「乎」が、そして平仮名の字源となった常用音仮名では、チ音の「知」・ミ(甲類)音の「美」が使われている。その他の常用音仮名としては、ガ音の「我」・グ音の「具」・ソ(甲類)音の「蘇」・ツ音の「都」・ヅ音の「豆」・ド(甲類)音の「度」・ニ音の「尓」・ノ(乙類)音の「能」・ビ(甲類)音の「毗」・マ音の「麻」・ヤ音の「夜」・エ音の「延」が使われ、音仮名では、ウ音の「烏」・メ(乙類)音の「梅」が使われている。

 1句「和我夜度能」は「わがやどの」と訓む。この句は、826番歌の3句と同句。「和」は自称の「わ(我)」であるが、ここでは「われら」の意で、作者を含めた梅花の宴に参列している人々をさす。「我」は連体助詞「が」。「夜度」は、「やど(屋戸)」で「家の戸口のあたり。家のまわりの庭。庭さき。」の意。「わがやど」は、824番歌の「わがその」とほぼ同意で、大伴旅人の邸宅の庭をさす。「能」は連体助詞「の」。
 2句「烏梅能之豆延尓」は「うめのしづえに」と訓む。「烏梅」は「うめ(梅)」。「能」は1句に同じで連体助詞「の」。「之豆延」は、「しづえ(下枝)」で、「下の方の枝。したえだ。」の意。「尓」は場所を示す格助詞「に」。827番歌5句に「烏梅我志豆延尓(うめがしづえに)」とあったのと同意。
 3句「阿蘇毗都々」は「あそびつつ」と訓む。「阿蘇毗」は、バ行四段活用の自動詞「あそぶ(遊ぶ)」の連用形「あそび」。「都々」は、接続助詞「つつ」。
 4句「宇具比須奈久毛」は「うぐひすなくも」と訓む。「宇具比須」(827番歌に既出)は、「うぐひす(鶯)」。「奈久」は、カ行四段活用の自動詞「なく(鳴く)」(終止形)。「毛」は詠嘆の終助詞「も」。
 5句「知良麻久乎之美」は「ちらまくをしみ」と訓む。この句は、824番歌2句「知良麻久怨之美」と「を」の表記が異なるだけの同句。「知良麻久」は、ラ行四段活用の自動詞「ちる(散る)」の未然形「ちら」+推量の助動詞「む」=「ちらむ」のク語法「ちらまく」を表し、「散らむこと」の意。「乎之」は、シク活用形容詞「をし(惜し)」(語幹)を表す。「美」は原因・理由を表す接続助詞「み」。接続助詞「み」については、先に『岩波古語辞典』の基本助詞解説を引用したが、次に再掲しておこう。

み 従来、接尾語として説かれている「瀬を早み」「風をいたみ」などの「み」は、その機能からみて、接続助詞と考えたい。形容詞(まれに、形容詞型活用の助動詞)の語幹につく。多く上に助詞「を」を伴い、「…のゆえに」「…なので」の意で、原因・理由をあらわす。

 842番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  わがやどの うめのしづえに あそびつつ
  うぐひすなくも ちらまくをしみ

  我がやどの 梅の下枝に 遊びつつ
  鴬鳴くも 散らまく惜しみ

  我々のこの家の 梅の木の下枝で 遊びながら
  うぐいすが鳴いているよ 梅の花の散るのを惜しんで
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 13:28| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする