2017年02月26日

『万葉集』を訓(よ)む ー閑話休題(その36の2)ー

 今回は前回の閑話休題の続きで、稲岡耕二「巻五の論」の第一章序論・三「梅花歌の筆録」の引用を続けたい。

 ところで、梅花歌群の表記に、注目すべき徴証が全くみられないか、と考えた場合に、いくつかの点が目に付く。そのひとつは、「宜」の仮名の在り方である。一連三十二首の内、「宜」は三回現われる。
 a 世の中は古飛斯宜(○)志恵夜かくしあらば梅の花にもならましものを(八一九)
 b うちなびく波流能也奈宜(○)等わがやどのうめの花とを如何にか分かむ(八二六)
 c 波流楊那宜(○)かづらに折りし梅の花誰か浮かべし酒杯の上に(八四〇)
 a は「恋繁し」のゲ(乙)の表記に宛てられたものであるが、b c はともに柳のギ(乙)の表記に宛てられている。同歌群の仮名の中で、「伎」や「倍」等を清濁両様に使用する場合を除けば、単一の仮名を異なる字音表記に宛てた珍しい例として注目されるのである。
 宜(ゲ)にしても、宜(ギ)にしても集内の他の巻に例のないものではない。巻二・巻十八・巻十九にはゲ(乙)の例があるし、巻六・巻十四・巻十五にギ(乙)の例を拾うことができる。だから、巻五に宜(ギ)・宜(ゲ)双方の例がみられることに何の不思議もなさそうであるが、巻五のこの梅花歌の場合以外に、同一巻内にギ(乙)・ゲ(乙)両種の用例が共存することはない。また作者別にみても双方が同一作者の歌にともに見出される例はない。これは意味のあることと思われる。宜が、ガ・ギ・ゲ三種の音仮名として上代文献に現われるのは、漢字原音の変化にもとづいており、ガが古く、ギが新しい(『日本語の歴史』第二巻参照)。ゲはその中間の段階というべきもので、巻五の憶良の歌では、終始ゲ(乙)の仮名として現われる。a の大伴大夫の歌でも同様な用法をみるのであるが、b の大典史氏大原の歌と c の壹岐目村氏彼方の歌には、新しいギ(乙)の音表記例をみる。これを、同一人の単独の筆録とみることは、難しいのではあるまいか。一個人の筆録とすれば、なにゆえにかく紛らわしい仮名遣いをしたのかが問題となろうし、それに対して明確な解答は得られないであろう。単一の筆者の、特定の時点における表記中に、一つの文字を全く別の音表記に宛てる不都合さは、今日われわれの想像する以上のものがあったであろうと思う。集内における宜(ギ)・宜(ゲ)の巻別の截然たる区分も、憶良作歌における一貫したゲ(乙)の仮名用法も、「宜」をギ・ゲ双方に用いる知識の欠如を示すものというより、合理的かつ的確な表記を目ざす録者の選択意識の反映とみるべきものであろう。そう考えることが正しいとすれば、梅花歌群の中には、少なくとも前掲 a と b 、あるいは a と c という同一人の筆録を考ええない歌々を含むことになる。単に珍しい仮名字母が誰の歌に含まれ、誰の歌にみえないといった 見かけ上の相違でなく、仮名使用上の排他的徴証の一つをそこに指摘しうるわけである。

 以上のように、梅花歌群の一連三十二首の内に三回現われる「宜」の用法から、少なくとも梅花歌三十二首は、単独筆録されたものではないことが証明された。しかし、「右のことだけでは、単独筆録を否定しえても、複数の記録者を想定しさえすればそれで済むことだろう。三十二首の記録なら、ありそうなことにも思われる。」と稲岡自身が言うように、個々の作品がそれぞれの作者の筆録であるとするためにはこれでは不足である。そのための徴証を求めて稲岡はさらに論を進めて、次のように述べる。

 もっと別の徴証はないか。もう一度、大伴大夫の歌を今度はすべてを原文のまま抜き出してみることにしよう。
 a 余能奈可波古飛斯宜志恵夜加久之阿良婆烏梅能波奈尓母奈良麻之勿能怨(八一九)
これに、次のような歌も注意される。
 d 梅の花知良麻久怨之美我が園の竹の林に鶯鳴くも(八二四)
 e わが宿の梅の下枝に遊びつつ鶯鳴くも知良麻久乎之美(八四二)
 大伴大夫歌( a ) で、さらに私の注目を惹くのは、「奈良麻之勿能怨」の「怨」である。万葉集内で、 a d 二歌のみにみえ、現存上代文献では他にみられない仮名である。特殊な、珍しい仮名なのであるが、特殊であることは、必ずしも単独筆録を否定もしないし、また肯定もしない。たまたま a d の歌の表記には「怨」を用い、 e などの歌ではヲの表記に平易な「乎」を用いたにすぎないともいえる。しかし、a d の「怨」が、読者に語りかけ、訴えかけてくるのは、もっと別のことのようである。怨は周知のように恨・悲、あるいは憎の意を有する文字である。それを意識しながら「奈良麻之勿能怨(○)」あるいは「知良麻久怨(○)之美」という風に、a d の歌の記録者は記していると思われる節がある。「梅の花にもならましものを」といいつつも、なりえない恨みや悲しみを強調するのが、この文字面なのであろう。「奈良麻之勿能乎」では満足しえない抒情の補足機能を、「怨」の一字が負っている。他の文献にはみえず、万葉集でも a d の二歌のみに使用されているにすぎないという特殊な仮名が、ここに使われている理由もおそらくそうした仮名の視覚的効果にあろう。
 d は、そうした点が、もっと判然としているといえるかもしれない。小監阿氏奥島の歌であるが、梅の花の散るのを惜しんで庭園の竹の林で悲しみ鳴く鶯が、奥島の歌う鶯なのである。これに対して二句まで共通の高氏海人の e の歌はどうか。e は「梅の下枝に遊びつつ」と歌う。この上句に「知良麻久怨(○)之美」とは続かないだろう。恨みあるいは悲しんで鳴く鶯ではなく、「遊びつつ」梅の花の散るのを惜しみ鳴く鶯こそ、海人の歌った鶯である。類句の関係にありながら、「知良麻久怨(○)之美」と「知良麻久乎(●)之美」というわずか一字の仮名の異なりが、d e 二歌の鶯の風姿を画然と区別しているのが、むしろ驚きをすら感じさせもする。私の素朴な疑問は、これほど歌の内容に即し、作者の抒情に密着した仮名選択を、第三者としての記録者がはたして成しえたかどうかという点にある。表記が創造の内実にかかわるといえば、すべての歌の表記がそうだとも考えられようが、一歩間違えば内容をそこないかねないきわどい仮名の選択、しかも珍しい字母選択を、第三者がかように的確に成しえたとすることに、多少の疑問を禁じえない。先のゲ(乙)・ギ(乙)の宜とともに考える時、a の歌の表記は、大伴大夫その人の文字選択にもとづくと考えるほうがふさわしいのではあるまいか。「宜」にしても「怨」にしても、きわめて局所的な徴証にすぎない。従って、梅花歌三十二首のすべてを覆いうるものではないから、全体については、厳密には不明といわざるをえないのだろうか。

 「宜」に続いて、「怨」という徴証を取り上げて、稲岡が進めた論理により、少なくとも八二四番歌の歌は、作者である大伴大夫その人の筆録であると言って間違いないと私は納得した。私は、八二四番歌の「怨」という仮名表記に違和感を覚えつつも「八四二番歌五句『知良麻久乎之美』を八二四番歌二句『知良麻久怨之美』と『を』の表記が異なるだけの同句。」と説明して済ませてしまったことを恥じるとともに、万葉歌人は「万葉仮名の視覚的効果」を十分意識して歌の表記を行なったという事実を今一度しっかり脳裏に刻んでおこうと思う。
 稲岡は、この後、同音表記にみられる傾向を同字再使用率によって調べたり、清濁両用の表記に用いられている仮名に注目したりして論を進め、梅花歌三十二首については、特定個人の筆録であるとは認めがたく、むしろ作者別の文字遣いを保存しているものであるとの認識を示している。そして梅花歌三十二首の作品成立の状況について次のように述べている。

 右のように考えうるとすれば、われわれは梅花歌群の成立について、一つの具体的な状況を想像することができる。ある特定の筆録者が、各人の吟誦する短歌を記録したのではなく、吟誦することはあったにしても、各作者が文字に定着することによって完了する、文学的営為の形を、それはとっていたのであろう。旅人が序文を記し(序の作者についても異説があるが)、朗読後にそれを紀卿にまわす。大弐は自作和歌を吟誦の上、第一首としてそれを記す。次に小弐小野老の手許へ、という風に作品は「読む」行為を伴いながら増殖を続けたとみられる。ト(乙)の仮名として「得」が現われると、部分的にそれが連続したり、「斯」がある程度かたまってみられるのも、また土居光知氏の指摘された「烏梅」の準統一的表記も(土居氏は、表記上の約束があったかと推量されているが、とりきめにしては旅人歌の「宇米」がおかしい)、こうした作品成立の具体的状況において、無理なく解されるものと思う。

 以上、稲岡の論を長々引用してきたが、十分説得力のあるものと思う。なお、引用した部分は「序論」であり、「各論」の「九 梅花歌三十二首」により詳細な論述があるので、興味のある方は参照されたい。
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 14:12| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする