2017年05月09日

『万葉集』を訓(よ)む(その1162)

 今回は869番歌を訓む。前歌(868番歌)と同じく、天平二年七月十一日に筑前国司山上憶良が詠んだ歌三首のうちの二首目である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。なお、3句に「一云」の異伝があるが、歌の最後に記している。

  多良志比賣 可尾能美許等能 奈都良須等 
  美多々志世利斯 伊志遠多礼美吉  [一云 阿由都流等]

 本歌(含む一云)で使われている万葉仮名は次の通り。
 片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、セ音の「世」・ナ音の「奈」・ヒ(甲類)音の「比」・ユ音の「由」・ラ音の「良」・リ音の「利」・レ音の「礼」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名ではア音の「阿」・イ音の「伊」・ス音の「須」・タ音の「多」・ル音の「流」が、平仮名の字源となった常用音仮名ではミ(甲類)音の「美」が使われている。その他の常用音仮名としては、カ音の「可」・コ(乙類)音の「許」・シ音の「志」と「斯」・ツ音の「都」・ト(乙類)音の「等」・ノ(乙類)音の「能」・メ(甲類)音の「賣」が使われ、準常用音仮名ではヲ音の「遠」が、音仮名では、キ(甲類)音の「吉」・ミ(乙類)音の「尾」が使われている。

 1句「多良志比賣」は「たらしひめ」と訓む。「多良志比賣」は、813番歌3句「多良志比刀vと同じく「たらしひめ(足姫)」で、「息長足日女命(おきながたらしひめのみこと)」を指し、仲哀天皇の皇后で応神天皇の母である神功皇后のことをいう。
 2句「可尾能美許等能」は「かみのみことの」と訓む。「可尾能美許等」は「かみのみこと(神の命)」で、167番歌20句に「神之命」の表記で既出。「みこと(命)」は、神や天皇などの高貴な人に対し、尊敬の意を表わして添える語で、「…のみこと」の形で用いる。次の「能」は格助詞「の」。この「の」は、4句「みたたしせりし」の主格を示すものであるが、「みたたしせりし」はその下の「いし」に続いてゆく連体形となっており、「体言+の+体言」の形を依然として保っていると言える。
 3句「奈都良須等」は「なつらすと」と訓む。「奈」は「な(魚)」。「な(肴)」と同語源で、「食用、特に、副食物とするための魚(さかな)。」をいう。「都良須」は、ラ行四段活用の他動詞「つる(釣る)」の未然形「つら」+尊敬の助動詞「す」=「つらす」を表す。「等」は、指示・指定の格助詞「と」で、「とて。として。」の意。
 4句「美多々志世利斯」は「みたたしせりし」と訓む。「美多々志」は、名詞「みたたし(立たし)」で、「お立ちになること」の意。「み」は敬語の接頭語。「たたし」は、「たつ(立つ)」の未然形に、尊敬の助動詞「す」が付いた連語「たたす」の連用形が名詞化したもの。「世利斯」は、サ行変格活用の他動詞「す」の命令形(音韻上)「せ」+完了の助動詞「り」(連用形)+回想の助動詞「き」の連体形「し」=「せりし」を表す。
 5句「伊志遠多礼美吉」は「いしをたれみき」と訓む。「伊志」は「いし(石)」。「遠」は動作の対象を示す格助詞「を」。「多礼」は、不定称の「たれ(誰)」。「美吉」は、マ行上一段活用の他動詞「みる(見る)」の連用形「み」+回想の助動詞「き」=「みき」を表わす。
 異伝 [一云 阿由都流等] は [一に云(い)ふ あゆつると]と訓む。「阿由」は、魚の「あゆ(鮎)」。「都流」は、3句に既出の、ラ行四段活用の他動詞「つる(釣る)」。「等」も3句に既出の、格助詞「と」。 
 869番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  たらしひめ かみのみことの なつらすと 
  みたたしせりし いしをたれみき [あゆつると]

  足姫 神の命の 魚釣らすと
  み立たしせりし 石を誰れ見き  [一云 鮎釣ると]

  息長足姫(おきながたらしひめ) すなわち神功皇后さまが 魚をお釣りになるとて 
  お立ちになった 石を誰が見たのでしょうか〈また「鮎を釣るとて」〉
タグ:万葉集
posted by 河童老 at 17:56| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする