2017年05月18日

『万葉集』を訓(よ)む(その1165)

 今回は872番歌を訓む。「松浦佐用姫の歌」五首のうちの二首目である。題詞に「後人追和」とあって、前歌(871番歌)に「後の人が追和した」歌である。
 写本の異同は、5句の末字<牟>にある。『西本願寺本』以下の諸本に「無」とあるが、『類聚古集』『紀州本』『細井本』に「牟」とあるのを採る。原文は次の通り。

  夜麻能奈等 伊賓都夏等可母
  佐用比賣何 許能野麻能閇仁
  必例遠布利家<牟>

 本歌で使われている万葉仮名は次の通り。
 片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、ナ音の「奈」・ヒ(甲類)音の「比」・リ音の「利」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、イ音の「伊」・ム音の「牟」が、平仮名の字源となった常用音仮名ではニ音の「仁」が使われている。その他の常用音仮名としては、カ音の「可」・ケ(甲類)音の「家」・コ(乙類)音の「許」・サ音の「佐」・ツ音の「都」・ト(乙類)音の「等」・ノ(乙類)音の「能」・フ音の「布」・ヘ(乙類)音の「閇」・マ音の「麻」・メ(甲類)音の「賣」・モ音の「母」・ヤ音の「夜」・ヨ(甲類)音の「用」が使われ、準常用音仮名では、レ音の「例」・ヲ音の「遠」が、音仮名では、ガ音の「何」・ゲ(甲類)音の「夏」・ヒ(甲類)音の「必」と「賓」・ヤ音の「野」が使われている。

 1句「夜麻能奈等」は「やまのなと」と訓む。「夜麻」は「やま(山)」。「能」は連体助詞「の」。「奈」は「な(名)」。「等」は格助詞の「と」で、ここは「として」の意。この句は、前歌の5句「於返流夜麻能奈(おへるやまのな)」を承けて、詠い出しとしたもの。
 2句「伊賓都夏等可母」は「いひつげとかも」と訓む。「伊賓都夏」は、ガ行四段活用の他動詞「いひつぐ(言ひ継ぐ)」(813番歌16句に既出)の命令形「いひつげ」を表す。「いひつぐ」は、「言い伝える。語り続ける。語り伝える。」ことをいう。「等」は一句と同じ格助詞「と」で、ここは内容を提示・指示する役目の「と」。「可」は疑問の係助詞「か」。「母」は詠嘆の係助詞「も」。この「かも」は結句にかかり、過去推量の助動詞「けむ」(連体形)で結ぶ。
 3句「佐用比賣何」は「さよひめが」と訓む。「佐用比賣」は「さよひめ(佐用姫)」。前歌の2句「麻通良佐用比米(まつらさよひめ)」に同じ。「何」は格助詞「が」。
 4句「許能野麻能閇仁」は「このやまのへに」と訓む。「許能野麻」は、「このやま(山)」で、佐用姫が領巾を振ったと伝えられる山を指す。現在の佐賀県唐津市鏡と浜玉町との境に位置する鏡山(284メートル)。犬養孝『万葉の旅』に、「好風の虹ノ松原は中世寺沢志摩守の植樹によるものといわれ、当時はなかった。鏡山は松原の後方に鉢を伏せたような形の山で、松原の中央虹ノ松原駅付近かららくに登れ、こんにちはバス道路もでき、山頂にはテレビ塔も立って観光地となっている。土地では鏡山、観光にはヒレフル山とよぶ。遠く万葉の狛島(こましま)(神集(かしわ)島)をはじめ高島・大島などを浮かべた唐津湾の大景はまさに声をのむ趣きがあり、この好風にしてこそこの伝説のあることが知られる」とある。「能」は一句に同じく連体助詞「の」。「閇」は「へ(上)」。『日本国語大辞典』の「へ(上)」の補注に「『…のへ』という形だけが見られ、『うへ(上)』の変化したものと考えられるが、逆に語頭母音音節のない『へ』の形の方が『うへ』の原型だという説もある。」とある。「仁」は場所を示す格助詞「に」。
 5句「必例遠布利家牟」は「ひれをふりけむ」と訓む。「必例」は前歌の「比列」に同じで、「ひれ(領布)」を表す。「遠」は動作の対象を示す格助詞「を」。「布利家牟」は、ラ行四段活用の他動詞「ふる(振る)」の連用形「ふり」+過去推量の助動詞「けむ」(連体形)=「ふりけむ」を表す。
 872番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  やまのなと いひつげとかも 
  さよひめが このやまのへに 
  ひれをふりけむ

  山の名と 言ひ継げとかも
  佐用姫が この山の上に
  領巾を振りけむ

  山の名として 言い伝えよというつもりで
  佐用姫は この山の上で
  領巾を振ったのだろうかなあ
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 14:02| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする