2017年08月08日

『万葉集』を訓(よ)む(その1190)

 今回は、「貧窮問答歌一首」(892番歌)の7句〜18句までを訓む。
 まず、今回使われている万葉仮名について見ておこう。

 片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、ウ音の「宇」・オ音の「於」・コ(乙類)音の「己」・シ音の「之」・ヒ(甲類)音の「比」・ラ音の「良」・レ音の「礼」・ロ(乙類)音の「呂」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、ア音の「阿」・ス音の「須」・ヲ音の「乎」が、平仮名の字源となった常用音仮名では、ア音の「安」・チ音の「知」が使われている。その他の常用音仮名としては、カ音の「可」・キ(甲類)音の「伎」・シ音の「志」・ジ音の「自」・ツ音の「都」・ヅ音の「豆」・テ音の「弖」・ト(乙類)音の「登」と「等」・ニ音の「尓」・バ音の「婆」・ビ(甲類)音の「毗」・ブ音の「夫」・へ(乙類)音の「倍」・ホ音の「富」が使われ、準常用音仮名ではゲ(乙類)音の「宜」・ド(乙類)音の「騰」が、音仮名では、ヌ音の「農」・ハ音の「叵」が使われている。

 7句・8句「堅塩乎・取都豆之呂比」は「堅塩(かたしほ)を・取(と)りつづしろひ」と訓む。「堅塩(かたしほ)」は「かたまりになっている精製していない塩。かたい塩。」をいう。「乎」は格助詞「を」。「取」はラ行四段活用の他動詞「とる」の連用形「取(と)り」。「都豆之呂比」は、ハ行四段活用の他動詞「つづしろふ」の連用形「つづしろひ」を表す。「つづしろふ」は、少しずつ食べる意の動詞「つづしる」の未然形に反復・継続を表す助動詞「ふ」の付いた「つづしらふ」が変化したもの。「取(と)りつづしろふ」は、「手に取って少しずつ食べる。」ことをいう。
 9句・10句「糟湯酒・宇知須々呂比弖」は「糟湯酒(かすゆざけ)・うちすすろひて」と訓む。「糟湯酒(かすゆざけ)」は「酒の糟を湯にといたもの。」をいう。「宇知須々呂比」は、ハ行四段活用の他動詞「うちすすろふ」の連用形「うちすすろひ」を表す。「うち」は接頭語で、「すすろふ」は、動詞「すする(啜)」に動作の継続・反復を表わす上代の助動詞「ふ」が付いたものが変化して、一語となったもの。「うちすすろふ」は、「すすりすすり飲む。続けざまにすする。」ことをいう。「弖」は接続助詞「て」。
 11句・12句「之叵夫可比・鼻毗之毗之尓」は「しはぶかひ・鼻(はな)びしびしに」と訓む。「之叵夫可比」は、カ行四段活用の自動詞「しはぶく」の未然形「しはぶか」+継続・反復の助動詞「ふ」の連用形「ひ」=「しはぶかひ」を表す。「しはぶく」は、「咳をする。咳き込む。」ことをいう。「鼻(はな)」は「哺乳類の吻の先端ないし顔の中央に隆起し、呼吸、嗅覚をつかさどり、発声にも関与する器官。」をいう。「毗之毗之尓」は、形容動詞「びしびし」の連用形(副詞法)「びしびしに」を表す。「びしびし」は擬音語で、「鼻汁を啜り上げるさま」をいう。井村『萬葉集全注』は「○びしびしに 鼻水をすする擬声語の副詞。古典大系に、奈良時代の和語で語頭が濁音で始まる唯一例とある。」と注している。
 13句・14句「志可登阿良農・比宜可伎撫而」は「しかとあらぬ・ひげかき撫(な)でて」と訓む。「志可登」は、副詞「しかと」で、「はっきりと。ちゃんと。」の意。「阿良農」は、ラ行変格活用の自動詞「あり」の未然形「あら」+打消しの助動詞「ず」の連体形「ぬ」=「あらぬ」。「比宜」は「ひげ」で、「口の周辺や頬にはえる毛。」をいい、鼻下のものを髭(くちひげ)、顎(あご)のものを鬚(あごひげ)、頬のものを髯(ほおひげ)という。「しかとあらぬひげ」は「たいしてありもしないひげ」の意。「可伎撫」は、ダ行下二段活用の他動詞「かきなづ」の連用形「かき撫(な)で」。「かきなづ」は「手、または、それに似た形のもので柔らかく、または、やさしくさする。」ことをいう。「而」は漢文の助字で、接続助詞「て」に用いたもの。
 15句・16句「安礼乎於伎弖・人者安良自等」は「あれをおきて・人(ひと)はあらじと」と訓む。「安礼」は、自称の「あれ」。中古以降は「われ」が用いられるようになって、次第に衰えた。「乎」は格助詞「を」。「於伎」は、カ行四段活用の他動詞「おく」の連用形「おき」。ここの「おく」は「そのままにしておいて、特別にとり扱わない。」ことを言い、特に、否定・反語・強調表現等において、「その物事を特に考慮しない」「それはそれとして考慮外のこととしておく」の意から転じて、別にする・除く・さしおくの意をもつ。「弖」は10句と同じで、接続助詞「て」。ここの「人(ひと)」は「人らしい人。とりたてていうに値する人。立派な人物。」の意。「者」は漢文の助字で、係助詞「は」に用いたもの。「安良自」は、ラ行変格活用の自動詞「あり」の未然形「あら」+打消しの助動詞「じ」=「あらじ」。「等」は格助詞「と」。
 17句・18句「富己呂倍騰・寒之安礼婆」は「ほころへど・寒(さむ)くしあれば」と訓む。「富己呂倍」は、ハ行四段活用の自動詞「ほころふ」の已然形「ほころへ」を表す。「ほころふ」は、動詞「ほこる(誇)」の未然形に、反復・継続を表わす助動詞「ふ」の付いた「ほこらふ」が変化したもので、「しきりに誇らしく思う。いつも得意になっている。」ことをいう。「騰」は逆接の既定条件を示す接続助詞「ど」。18句「寒之安礼婆」は6句と同句。「寒」はク活用形容詞「さむし」の連用形「寒(さむ)く」。「之」は副助詞「し」。「安礼婆」は、ラ行変格活用の自動詞「あり」の已然形「あれ」+恒常確定条件を示す接続助詞「ば」=「あれば」を表す。
 19句以降は次回に続く。
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 21:37| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする