2018年05月31日

『万葉集』を訓(よ)む(その1275)

 今回は、941番歌を訓む。前歌に続いて、938番歌の反歌三首目である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。
 
  明方 潮干乃道乎 
  従明日者 下咲異六 
  家近附者

 1句「明方」は「明方[明石潟]」と訓む。「明」の一字だけで、地名「明石」を表した既出例は、254番歌2句の「明(あかし)[明石]大門(おほと)」、255番歌4句の「明(あかし)[明石]の門(と)」がある。「方」を「潟(かた)」の意に用いた既出例としては、229番歌1句の「難波方(なにはがた)[潟]」がある。「潟(かた)」は「遠浅の海岸で、潮の満干によって隠れたり現われたりする地。」の意。阿蘇『萬葉集全歌講義』に「明石潟 明石川河口より東部の干潟か。当時の畿内は、東は名張の横川(名張川)、南は紀伊の兄山、西は明石の櫛淵(吉田東伍『大日本地名辞書』は、神戸市垂水区塩屋町東境の境川かという)、北は近江のささなみの逢坂山を境とした。」とある。
 2句「潮干乃道乎」は「潮干(しほひ)の道(みち)を」と訓む。「潮干(しほひ)」(918番歌に既出)は、「潮(しほ)干(ふ)」が名詞化した語で、「潮が引くこと。また、潮が引いたあとの浜。」をいう。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。「潮干(しほひ)の道(みち)」は、「潮が引いたあとの浜にできた道」の意。「乎」はヲ音の常用音仮名(片仮名の字源)で、経由の場所を示す格助詞「を」。この「を」の下に「行きつつ」などの表現が省略されていると見てよい。
 3句「従明日者」は「明日(あす)よりは」と訓む。この句は、165番歌3句と同句。「従」は漢文の助字で、時間・場所の起点を表す格助詞「より」に宛てたもの。漢文の語順表記で前に書かれているが「明日」の後で訓む。「明日(あす)」は「現在を基点として、次の日。」をいう。「者」は漢文の助字でその用法から、係助詞「は」を表すのに用いたもの。
 4句「下咲異六」は「下(した)咲(ゑ)ましけむ」と訓む。ここの「下(した)」は「こころ。心の奥。内心。心中。」の意。「咲異」は、シク活用形容詞「ゑまし」の未然形「咲(ゑ)ましけ」。未然形であることを明示するため活用語尾「け」を「け(甲類)」の常用訓仮名「異」で表記したもの。「ゑまし」は、動詞「えむ(笑)」が形容詞化したもので、「心が和やかになって思わず微笑みを浮かべたくなる気持ちである。ほほえましい。」の意。なお、「咲」の字は『古事記』の使用例では全て「笑ふ」の意に用いられており、「咲」は「笑」の通用文字であったことが知られる。「六」は「む」の常用訓仮名で、推量の助動詞「む」を表す。
 5句「家近附者」は「家(いへ)近附(ちかづ)けば」と訓む。「家(いへ)」は前歌(937番歌)と同じで、「自分の住まい。わが家。故郷の家。」の意。「近附」は、カ行四段活用の自動詞「ちかづく」の已然形「近附(ちかづ)け」。「ちかづく」は、「距離が近くなる。側に寄る。近寄る。」ことをいう。ここの「者」は、既定条件を示す接続助詞「ば」を表すのに用いたもの。
 941番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  あかしがた[明石潟] 潮干(しほひ)の道(みち)を
  明日(あす)よりは 下(した)咲(ゑ)ましけむ
  家(いへ)近附(ちかづ)けば

  明石潟の 潮のひいた道を通って
  明日からは 心中ほほえまれるだろう
  家に近づくので
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 14:01| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

『万葉集』を訓(よ)む(その1274)

 今回は、940番歌を訓む。前歌に続いて、938番歌(以下、「長歌」という)の反歌二首目である。
 写本の異同は、4句三字目<在>を『西本願寺本』が「有」としていることが挙げられるが、『元暦校本』『類聚古集』『紀州本』いずれにも「在」とあるのでこれを採る。原文は次の通り。

  不欲見野乃 淺茅押靡 
  左宿夜之 氣長<在>者 
  家之小篠生

 1句「不欲見野乃」は「いなみ野(の)[印南野]の」と訓む。「不欲」は、「欲せず」の意から「いな[否]」を表わす義訓として、96・679・762番歌に既出であるが、ここは「いな」の音を表すための借訓字として用いたもの。「見」は「み(甲類)」の準常用訓仮名。「不欲見野」で以って、「いなみ野(の)[印南野]」を表す。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。この句は、表記は異なるが、「長歌」5句の「稲見野能」と同句。「印南野」は、兵庫県の南部、淡路島の対岸に近い加古郡稲美町、および加古川市・明石市一帯をいう。
 2句「淺茅押靡」は「淺茅(あさぢ)押(お)し靡(な)べ」と訓む。「淺茅(あさぢ)」は「丈の低いチガヤ(イネ科の多年草)。『日本国語大辞典』は、「浅茅」の「語誌」に次のように記している。

(1)チガヤを和歌では「浅茅・浅茅生・浅茅原」の形で詠むことが多い。「万葉集」では秋の訪れとともに色づくと詠んで季節感を表わす景物に過ぎないが、平安時代には恋人の心変わりを、秋風で変色する浅茅の色変わりにたとえるようになる。「秋」は「飽き」、「浅茅」は愛情が「浅し」、変色が心変わりの意である。
(2)平安中期になると、一面に生えることから「浅茅原ぬしなき宿」といって荒れ果てた邸宅の象徴となり、「浅茅生の宿」「浅茅が原」の歌語が生じ、その葉に置く露を「浅茅が露」といってはかないもののたとえとし、さらに中世には「浅茅の月」と枯れ果てた浅茅と冷たく冴える月光を取り合わせて寂寥感漂う美を表わすようになる。

「押靡」(45番歌14句に既出)は、バ行下二段活用の他動詞「おしなぶ」の連用形「押(お)し靡(な)べ」。「おしなぶ」は、「むりに力を加えてなびかせる。また、一様になびかせる。」ことをいう。
 3句「左宿夜之」は「さ宿(ぬ)る夜(よ)の」と訓む。「左宿夜」は、135番歌13句に既出で、そこでは、過去の助動詞「き」の連体形「し」を補読して「さ宿(ね)し夜(よ)」と訓んだが、ここはそのままで「さ宿(ぬ)る夜(よ)」と訓む。「左」は、サ音の常用音仮名(平仮名の字源)で、接頭語の「さ」に用いたもの。この「さ」は、名詞・動詞・形容詞の上に付いて、語調をととのえる働きをするもので、実質的な意味はない。「宿」はナ行下二段活用の自動詞「ぬ」の連体形「宿(ぬ)る」。「夜」は「よ」で、「日没から日の出までの間。」をいう。ここの「之」は漢文の助字で、格助詞「の」に用いたもの。
 4句「氣長在者」は「け長(なが)くし在(あ)れば」と訓む。「氣」は、ケ(乙類)音の常用音仮名で、日数の意の「日(け)」を表わすのに用いられている。ケは日(ひ)の複数で、二日以上にわたる場合に用いる。「長」はク活用形容詞「長し」の連用形「長(なが)く」で、下に副助詞「し」を訓添えて「長(なが)くし」と訓む。「在者」(482番歌他に既出)は、ラ行変格活用の自動詞「あり」の已然形に、順接の確定条件を表す接続助詞「ば」が付いた形で、「在(あ)れば」。
 なお、この句の訓みについて、澤潟『萬葉集注釋』が詳しく注しているので、それを引用しておこう。

 舊訓ケナガクアレバを略解にケナガクシアレバとし、攷證、古義など從つたが、新考に「シといふ助辭五句なると重なれば舊訓の如くケナガクアレバとよむべし」と云つて以後諸注多く舊訓によつたが、全釋には、
 戀ふる日の氣長有者(ケナガクシアレバ)み苑生のからあゐの花の色に出にけり(十・二二七八)
 大君の遠のみかどと思へれど氣奈我久之安礼婆(ケナガクシアレバ)戀ひにけるかも(十五・三六六八)
などの例により「シを補つてよむがよい。」とある。結句の「し」と強意の助詞の重複の例には、「如是耳志(カクノミシ) 戀思渡者(コヒシワタレバ)」(九・一七六九)、「和我勢故之(ワガセコシ) 可久志伎許散婆(カクシキコサバ)」(廿・四四九九)の如きがある。前にも「与妹不宿者(イモトシネネバ) 肌之寒霜(ハダシサムシモ)」(四・五二四)があり、その第四句の「し」はやはり訓添である。ここはシを入れると八音になるがその下にアの音があつて字餘例にかなひ、右の巻四の場合と極めて似た調子のもので、この歌サ行音がくりかへされてをり、調子もよく感慨もこもる。

 5句「家之小篠生」は「家(いへ)ししのはゆ」と訓む。この句は、66番歌5句の「家之所偲由」と表記は異なるが同句。「家(いへ)」は「自分の住まい。わが家。故郷の家。」の意。ここの「之」はシ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、副助詞「し」。「小篠生」は、ハ行四段活用の他動詞「しのふ」の未然形「しのは」+自発の助動詞「ゆ」=「しのはゆ」を表す。「小篠」は「しの」を、「生」は「はゆ」を表すための借訓字。
 940番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  いなみ野(の)[印南野]の 淺茅(あさぢ)押(お)し靡(な)べ
  さ宿(ぬ)る夜(よ)の け長(なが)くし在(あ)れば
  家(いへ)ししのはゆ

  印南野の 浅茅を押しなびかせて
  眠る夜が 長くつづいているので
  故郷の家が恋しく思われる
posted by 河童老 at 15:31| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

『万葉集』を訓(よ)む(その1273)

 今回は、939番歌を訓む。題詞に「反歌三首」とあって、本歌から941番歌までの三首は、938番歌(以下、「長歌」という)の反歌である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。
 
  奥浪 邊波安美 
  射去為登 藤江乃浦尓 
  船曽動流

 1句「奥浪」は「奥(おき)[沖]つ浪(なみ)」と訓む。この句は、247番歌1句と同句。「奥浪」は、間に連体修飾の格助詞「つ」を読み添えて「奥(おき)[沖]つ浪(なみ)」と訓む。連体修飾の格助詞「つ」は、主として体言と体言との関係づけを行い、位置や場所について言うものが多い。また、「天つ神」と「国つ神」、「沖つ波」と「辺つ波」、「海(わた)つ霊(み)」と「山つ霊」、「上つ瀬」と「下つ瀬」など、対になって使われるものが多数を占める。
 2句「邊波安美」は「邊波(へなみ)安(しづけ)み」と訓む。「邊波(へなみ)」も247番歌2句に既出で、「海辺に寄せる波。岸辺にうち寄せる波。へつなみ。」の意。「邊」は「辺」の旧字。「安美」は、ク活用形容詞「しづけし」の語幹「安(しづけ)」+理由・原因を示す接続助詞「み」=「しづけみ」。「しづけし」は、「静かである。穏やかである。」ことをいい、「しづけみ」は、いわゆるミ語法で「静かなので」の意。「安」は会意文字で、『字通』に「宀(べん)+女。〔説文〕七下に「靜かなり」とあり、宀に従うのは廟中の儀礼である。宀は家廟(かびょう)。新しく嫁する女は、廟中で灌鬯(かんちょう)(清め)の儀礼をし、祖霊に対して受霊の儀礼をする。卜文に水滴を垂らす字、金文に下に衣をそえる字形があるのは、その安寧の儀礼を示す。里帰りすることを帰寧(きねい)という。」とある。また『名義抄』には「安 ヤスシ・イヅクゾ・シヅカナリ・ヒロシ・イカゾ・スウ・ヤウヤク・ヨシ・トドム・シタガフ・オク」とあり、シヅカナリの訓が見える。「美」はミ(甲類)音の常用音仮名で、平仮名の字源。
 3句「射去為登」は「いさり[漁り]為(す)と」と訓む。「射去」は、「いさり[漁り]」を表す。「射」は「い」の訓仮名で、「去」は「さり」を表すための借訓字。「いさり[漁り]は、「魚貝をとること。漁をすること。」をいう。『日本国語大辞典』は、「いさり」の「語誌」で次のように述べている。

 磯や潟で貝を採る「あさり」に対して、舟で沖に出てする漁。「月傾けば伊射里(イザリ)する海人のともし火」〔万葉‐一五・三六二三〕のように夜、篝火(かがりび)をともしての漁を詠むことが多く、平安以降は「いざり火の」「いざり舟」が「火(ほ)」と掛けられた「ほのか」を導き出すことばとして夜中に燃え盛る恋情を表出するようになった。

 「為」は「長歌」14句に同じで、サ行変格活用の他動詞「す」の終止形「為(す)」。「登」はト(乙類)音の常用音仮名で、接続助詞「と」で、5句に続く。
 4句「藤江乃浦尓」は「藤江(ふぢえ)の浦(うら)に」と訓む。この句は「長歌」8句の「藤井乃浦尓」と同意。「藤江乃浦」は、「藤江(ふぢえ)の浦(うら)」と訓み、「藤井の浦」と同じ所で、「明石市藤江付近の浦」をいう。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名で、片仮名・平仮名の字源。「尓」はニ音の常用音仮名で、場所を示す格助詞「に」。
 5句「船曽動流」は「船(ふね)そ動(さわ)ける」と訓む。この句は、「長歌」10句の「海人船(あまぶね)散動(さわ)き」を承けている。「船(ふね)」は「海人船(あまぶね)」をさす。「曽」はソ(乙類)音の常用音仮名で、強意の係助詞「そ」。「動流」は、カ行四段活用の自動詞「さわく」の已然形「動(さわ)け」+完了・存続の助動詞「り」の連体形「る」=「動(さわ)ける」。「さわく」は「騒ぐ」のことで、上代では「さわく」と清音であった。「動」一字で「さわく」と訓む例は、1238番歌にも見える。「流」はル音の常用音仮名(片仮名の字源)。助動詞「り」が連体形「る」となっているのは、上の係助詞「そ」の係結び。
 939番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  奥(おき)[沖]つ浪(なみ) 邊波(へなみ)安(しづけ)み
  いさり[漁り]為(す)と 藤江(ふぢえ)の浦(うら)に
  船(ふね)そ動(さわ)ける

  沖の波も 浜辺の波も穏やかなので
  漁をしようとして 藤江の浦に
  船がひしめき合って騒いでいる
posted by 河童老 at 17:08| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする