2018年06月29日

『万葉集』を訓(よ)む(その1283)

 今回は、946番歌の9句からを訓む。
 9句・10句「深見流乃・見巻欲跡」は「深(ふか)みる[深海松]の・見(み)まく欲(ほ)しけど」と訓む。「深見流」は、6句の「深海松」と同じで、海中の深いところに生えている海藻のミル。六句ではミルを「海松」と漢字表記をしていたが、ここでは「見流」と仮名表記にしている。「見」は「み(甲類)」の準常用訓仮名で、「流」はル音の常用音仮名(片仮名の字源)。「見」の用字は、次句の動詞「みる(見る)」を意識してのことかと思われる。「乃」は、ノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、格助詞「の」。「見巻」(580番歌に既出)は、マ行上一段活用の他動詞「みる」の未然形「見(み)」+意志・意向の助動詞「む」の連体形に形式体言「あく」が付いた「むあく」の約まった「まく」(いわゆるク語法。借訓字「巻」で表記)で、「見(み)まく」。「欲」はシク活用形容詞「ほし」の已然形で「欲(ほ)しけ」。「跡」は「と(乙類)」の常用訓仮名であるが、ここは、逆接の既定条件を示す接続助詞「ど」に流用したもの。
 11句・12句「莫告藻之・己名惜三」は「な告(の)りその・己(おの)が名(な)惜(を)しみ」と訓む。「莫告藻」は、8句の「名告藻」と同じく、海藻「ほんだわら」の古名の「なのりそ」を表すが、ここでは「な告(の)りそ」(人に告げるな)の掛詞として用いられる。「莫」(509番歌他に既出)は、「勿」と同じく否定・禁止に用いる漢文の助字で、和語の禁止を表す副詞「な」に用いたもの。副詞「な」は下に「動詞の連用形+そ」を伴って用いられることが多いが、ここもその例。「告」はラ行四段活用の他動詞「のる」の連用形「告(の)り」。「藻」は終助詞「そ」を表す。「之」は漢文の助字で、格助詞「の」。「己名」は、間に連体助詞「が」を補読して「己(おの)が名(な)」と訓み、「自分の名前」の意。「惜三」は、マ行四段活用の他動詞「をしむ」の連用形で「惜(を)しみ」。連用形であることを明示するために、活用語尾の「み」を「み(甲類)」の常用訓仮名「三」で表記しているが、わざわざ数字でもある「三」を用いているのは、数字遊びと考えられ、2句の格助詞「に」に数字の「二」を用いたことから始まり、4句では、地名「みぬめ」を数字の「三」を使って「三犬女」と表記するという流れを受けたものといえよう。「をしむ」は、「大切なものに思う。大事にする。尊重する。」の意。
 13句・14句「間使裳・不遣而吾者」は「間使(まつかひ)も・遣(や)らずて吾(われ)は」と訓む。「間使(まつかひ)」は、「人と人との間をゆきかう使い。消息を持って往来する使い。」をいう。「裳」は「も」の常用訓仮名で、係助詞「も」。「不遣」は、ラ行四段活用の他動詞「やる」の未然形「遣(や)ら」+打消の助動詞「ず」(連用形。漢文の助字「不」で表記)=「遣(や)らず」。「やる」は「人の命じて行かせる。人を送り出す。派遣する。」ことをいう。「而」は漢文の助字で、接続助詞「て」。打消の助動詞「ず」に接続助詞「て」の付いた「ずて」は、「…ないで」の意。中古以後は、和歌などを除いてはあまり用いられていない。「吾」は自称で「われ」と訓み、作者の赤人をさす。「者」は漢文の助字で、係助詞「は」。
 15句「生友奈重二」は「生(い)けりともなし」と訓む。この句は、212番歌5句の「生跡毛無」と表記は異なるが同句。「生」は、カ行四段動詞の自動詞「いく」の連用形「生(い)き」+ラ行変格活用の自動詞「あり」(「有」の表記は省略されているが)の「生(い)きあり」が約まったもので、「生(い)けり」と訓み、「生きている」の意。「友」は格助詞「と」+係助詞「も」=「とも」を表す借訓字。「奈重二」は、ク活用形容詞「なし」を表す。「奈」はナ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、「重二」は、907番歌8句の「二二」を「し」と訓んだのと同じで、「二」×「二」=「四」ということで「し」を表すための数字を用いた戯書的な表記。この歌の用字には、数字的遊びが見られることは先に述べたが、その流れを受けたもの。「生(い)けりともなし」は「生きている心地もしない」の意。
 946番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  御食(みけ)向(むか)ふ 淡路(あはぢ)の嶋(しま)に
  直(ただ)向(むか)ふ みぬめ[敏馬]の浦(うら)の
  奥(おき)[沖]へには 深海松(ふかみる)採(と)り
  浦廻(うらみ)には 名告藻(なのりそ)苅(か)る
  深(ふか)みる[深海松]の 見(み)まく欲(ほ)しけど
  な告(の)りその 己(おの)が名(な)惜(を)しみ
  間使(まつかひ)も 遣(や)らずて吾(われ)は
  生(い)けりともなし

  (御食むかふ) 淡路の島に
  まっすぐ向きあっている 敏馬の浦の
  沖の方では 深海松(ふかみる)を採り
  入江のまわりでは 名告藻(なのりそ)を苅る
  深海松のミルというように 見たいと思うけれど
  なのりそ(人に告げるな)というように わたしの名が惜しいので
  使いの者も やらないでわたしは
  生きている心地もしない
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 13:56| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

『万葉集』を訓(よ)む(その1282)

 今回は、946番歌を訓む。題詞に「過敏馬浦時山部宿祢赤人作歌一首[并短歌]」とあって、「敏馬(みぬめ)の浦(うら)を過(す)ぐる時(とき)に、山部宿祢赤人(やまべのすくねあかひと)」が作った十五句からなる長歌である。次に反歌一首(947番歌)を伴う。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  御食向 淡路乃嶋二
  直向 三犬女乃浦能
  奥部庭 深海松採 
  浦廻庭 名告藻苅 
  深見流乃 見巻欲跡
  莫告藻之 己名惜三
  間使裳 不遣而吾者
  生友奈重二

 1句・2句「御食向・淡路乃嶋二」は「御食(みけ)向(むか)ふ・淡路(あはぢ)の嶋(しま)に」と訓む。1句は、196番歌43句と同句。「御食」は「みけ」と訓み、「神や天皇など身分の高い人の食事」の意。「向」はハ行四段活用の自動詞「むかふ」の連体形で「向(むか)ふ」。「むかふ」は「向き合う」が変化してできた語で、ここは、「食膳で種々の食物が向かい合っていること」を言ったもの。「御食(みけ)向(むか)ふ」は、その食膳の向かい合っている種々の食物の名と同音を含む地名にかかる枕詞として用いられた。例えば「葱(き)」・「粟(あは)」は、それぞれ地名「きのへ」・「あはぢ」にかかるなどで、ここは次の「あはぢ」にかかる。「淡路(あはぢ)」(933番歌他に既出)は、南海道六カ国の一つで、瀬戸内海東部にある淡路島全体をいい、古代より荘園が多く置かれた所である。「乃」は、ノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。「嶋」は「島」に同じで、「淡路乃嶋」は、935番歌他に既出の「淡路嶋(あはぢしま)」に同じ。「二」はニ音の音仮名(片仮名の字源)で、目的地を示す格助詞「に」。
 3句・4句「直向・三犬女乃浦能」は「直(ただ)向(むか)ふ・みぬめ[敏馬]の浦(うら)の」と訓む。3句は、509番歌の25句と同句。「直」は副詞の「ただ」で、「間に介在する物事がなく、直接に。」の意。「向」はハ行四段活用の自動詞「むかふ」の連体形「向(むか)ふ」。「三犬女乃浦」は、題詞の「敏馬浦」に同じで、「みぬめ[敏馬]の浦(うら)」と訓む。「三」は「み(甲類)」の常用訓仮名、次の「犬」は「ぬ」を表すための借訓字(「いぬ」の「い」が前の「み」のイ母音で打ち消されて「ぬ」を表す。)、「女」は「め(甲類)」の常用訓仮名。「乃」は2句に既出で、連体助詞「の」。「浦(うら)」は「海、湖などの湾曲して、陸地に入り込んだ所」をいう。「みぬめ[敏馬]の浦(うら)」は、兵庫県神戸市灘区岩屋付近の海岸。岩屋中町四丁目に「式内汶売(敏馬)神社」がある。「能」はノ(乙類)音の常用音仮名で、連体助詞「の」。
 5句・6句「奥部庭・深海松採」は「奥(おき)[沖]へには・深海松(ふかみる)採(と)り」と訓む。5句は、257番歌の9句「奥邊波」及び260番歌の11句「奥邊者」と表記は異なるが同句。オクとオキとは同源で、自己から遠い所を言い、上代では、オキを表す正訓字としては「奥」の字のみを用いている。「部」は「へ(甲類)」の常用訓仮名で、「奥(おき)[沖]へ」は、「沖方」とも書き、「沖のほう。遠くの海上。沖のあたり。」の意。「庭」(573番歌他に既出)は「には」を表すための借訓字。「には」は、格助詞「に」に係助詞「は」の付いたもので、場所・時・対象・比較の基準など、格助詞「に」の意味を強調または取りたてて示す。「深海松(ふかみる)」(135番歌6句に既出)は、海中の深いところに生えているミル。ミルは、海藻の一種で、形は、松葉を寄せ集めたようで房々しており、色は鮮やかな緑色。ミルメともいう。「採」はラ行四段活用の他動詞「とる」の連用形で「採(と)り」。「とる」は「農作物・草木・魚介類などを収穫、採集する。」ことをいう。
 7句・8句「浦廻庭・名告藻苅」は「浦廻(うらみ)には・名告藻(なのりそ)苅(か)る」と訓む。「浦廻(うらみ)」(551番歌他に既出)は、「汀の湾曲したところ」をいう。「庭」は5句に既出で、格助詞「に」に係助詞「は」の付いた「には」。「名告藻(なのりそ)」は、362・363番歌に既出の「名乗藻(なのりそ)」と同じで、海藻「ほんだわら」の古名。古くから食用とされたが、歌では「勿(な)告(の)りそ」(人に告げるな)の掛詞として用いられる。女の名は見知らぬ男に教えてはならないことになっていたわけであるが、ここでは否定の「勿(な)」ではなく「名」として、「名を名告る」意として「名告藻(なのりそ)」と表記したもの。「苅」はラ行四段活用の他動詞「かる」の終止形で「苅(か)る」。「かる」は「草木など、群がって生えているものを短く切りさる。」ことをいう。
 9句以降は、次回に。
posted by 河童老 at 13:57| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

『万葉集』を訓(よ)む(その1281)

 今回は、945番歌を訓む。前歌に続いて、942番歌の反歌三首目である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。
 
  風吹者 浪可将立跡
  伺候尓 都太乃細江尓
  浦隠居

 1句「風吹者」は「風(かぜ)吹(ふ)けば」と訓む。この句は、917番歌の9句と同句。「風(かぜ)」は「空気の流れ」をいう。「吹者」は、カ行四段活用の自動詞「ふく」の已然形「吹(ふ)け」+接続助詞「ば」(漢文の助字「者」で表記)=「吹(ふ)けば」。917番歌の場合は、仮定条件を表わす語法で、「風が吹くと」の意であったが、ここは、既定条件を表し、「風が吹くので」の意。
 2句「浪可将立跡」は「浪(なみ)か立(た)たむと」と訓む。「浪(なみ)」(936番歌他に既出)は、「風や震動などによって水の表面に起こる起伏運動。水面のうねり。」をいう。「波浪」という同義の二字熟語があるように、「なみ」の漢字表記には、「波」と「浪」がある。現在では「波」が使われることが多いが、『万葉集』では「浪」の方が多い。「可」はカ音の常用音仮名で、疑問の係助詞「か」。「将立」は、タ行四段活用の自動詞「たつ」の未然形「立(た)た」+推量の助動詞「む」(漢文の助字「将」で表記)=「立(た)たむ」。「跡」は「と(乙類)」の常用訓仮名で、格助詞「と」。
 3句「伺候尓」は「伺候(さもらひ)に」と訓む。「伺候」は、ハ行四段活用の他動詞「さもらふ」の連用形が名詞化した「伺候(さもらひ)」と訓む。「さもらふ」(388番歌他に既出)は、接頭語「さ」+ラ行四段活用の他動詞「もる(守)」の未然形「もら」+上代の反復・継続の助動詞「ふ」の付いてできた語で、守り続ける、じっと見守るというのが原義で、そこから次の二つの意で用いられるようになった。
@ 様子をうかがい、時の至るのを待つ。
A 貴人のおそばにいて、その命令を待つ。この意の場合は、自動詞的に、君側に待機するの気持ちで用いる。
『万葉集』でも両方の用例があるが、ここは@の名詞化で「様子を伺うこと」の意。「尓」はニ音の常用音仮名で、目的を示す格助詞「に」。
 4句「都太乃細江尓」は「都太(つだ)の細江(ほそえ)に」と訓む。「都太(つだ)」は地名で、現在の姫路市飾磨(しかま)区に「津田公園」として名が残っている。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。「細江(ほそえ)」は、「細長い入江。狭い入江。」の意。阿蘇『萬葉集全歌講義』に「都太(つだ)の細江 姫路市飾磨区の船場川河口の細長い入江。」とある。「尓」は3句にも既出で、ここは場所を示す格助詞「に」。
 5句「浦隠居」は「浦隠り(うらがくり)居(を)り」と訓む。「浦隠」は、ラ行四段活用の自動詞「うらがくる」の連用形で「浦隠り(うらがくり)」。「うらがくる」は「船が風波を避けて入江にはいりこむ」ことをいう。「居」はラ行変格活用の自動詞「をり」の終止形「居(を)り」。「をり」は、ある場所を占めている状態をいい、「そのままの状態でいる。そこにとどまっている。」の意。
 945番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  風(かぜ)吹(ふ)けば 浪(なみ)か立(た)たむと
  伺候(さもらひ)に 都太(つだ)の細江(ほそえ)に
  浦隠り(うらがくり)居(を)り

  風が吹くので 波が立つのではないかと
  様子をうかがって 都太の細江に
  風波を避けてこもっているよ

 以上で、942番歌の反歌三首を読み終えたが、この長歌と反歌三首の関係(特に三首目の945番歌との関係)について、伊藤博『萬葉集釋注』に興味深い論が展開されていたので、それを紹介しておく。

 第三反歌は、忠実に意をとれば、
  風が吹くので、波が高く立ちはせぬかと、様子を見て
  都太(つだ)の細江(ほそえ)の浦深く隠(こも)っている。
   (945)
となる。「都太の細江」は、姫路市の船場川河口の入江をいう。印南都麻と唐荷との中間の地である。唐荷の島を通り過ぎる時の歌が、それよりずっと被害の都太の細江に現在隠っている歌で終わるのは、不自然というほかはない。
 それで、「歌の順序はたがへり」(『新考』)とか、「過辛荷島歌の反歌としては適切でないが云々」(金子『評釈』)とか、長歌とは「直接のつながりのないものであり、したがってなきを妨げぬものであるが云々」(窪田『評釈』)とか、「九四二〜四は都太待避中に行く先の心情をもこめて作った作で、それに現在の消息を伝えるこの歌を添えて都に送ったものか」(『古典集成』)とか、種々意見が出されている。
『古典集成』の説は、著者一同の討論の末、離れた土地「印南都麻」と「唐荷の島」とを一所にあるかのようにまとめてしまっている長歌の唐突な表現を根拠にした見解であったと記憶する。しかし、一群が唐荷の島を現在点としていることは、やはり動かないだろう。集団の旅における代表的感動の歌と見られることからは、「都に送った」という推測も、少し任意にすぎたかと反省されなくはない。
 そこで、第一反歌が唐荷の島を現在点とし、第二反歌が唐荷の島までの体験を通しての感慨を述べていることを思い起こしてみよう。すると、第三反歌は、中途のことを述べる第二反歌を承けて、その中途の具体的な土地「都太の細江」での体験を描くことで海路の恐ろしさを述べたことになり、時の流れとしては、長歌の「思ひぞ我が来る」に至る時間を、逆に順序よくさかのぼる図となる。
 そういう、時の逆流のなかでは、第二反歌は、すいすいと都に向けて漕いで行く熊野産の良船に対し、西下せねばならぬわが船の難渋を配することで旅の苦難を示し、郷愁の念を強化した歌とうけとることができる。この説明に対して、第三反歌を順調に位置づけるとすれば、その下二句の現代語訳は、
  都太の細江の浦辺深くに隠っている、そんな辛いことを
  味わったりして。
とでもなろう。
 この感慨は、長歌の「旅の日(け)長み」という述懐と響きあう。加えて「浦隠り居り」という第三反歌の結びは、その主格が一行の船でもある以上、長歌の「漕ぎたむる浦のことごと 行き隠る島の崎々」とも縁が深いことが知られる。
 第三反歌の位置づけはたしかに難解で、なお後考を俟たなければならない。けれども、諸本すべて配列に異状はなく、したがって、伝えられる形が赤人の意図を投影するものと見られるのであって、この一首のみが、長歌に対し背を向けることはありえないと考えられる。
posted by 河童老 at 08:49| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする