2018年06月12日

『万葉集』を訓(よ)む(その1278)

 今回は、942番歌の19句からを訓む。
 19句・20句「許伎多武流・浦乃盡」は「こぎたむる・浦(うら)の盡(ことごと)」と訓む。「許」「伎」は、コ(乙類)音・ギ(甲類)音の常用音仮名で、「許伎」は、ガ行四段活用の他動詞「こぐ」の連用形「こぎ」を表す。「こぐ」は8句にも既出で、「櫓(ろ)や櫂(かい)などを用いて船を進める」ことをいう。「多」「武」「流」は、各々、タ音・ム音・ル音の常用音仮名で、「多」「流」は、片仮名の、「武」は平仮名の字源。「多武流」で以って、マ行上二段活用の自動詞「たむ」の連体形「たむる」を表す。「たむ」は「まわる。迂回する。めぐる。」ことをいう。「浦(うら)」は「海、湖などの湾曲して、陸地に入り込んだ所。入り江。湾。」をいう。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。「盡(ことごと)」は、372番歌に「日之盡」「夜之盡」、460番歌に「人乃盡」などとして既出で、「残らず、全て」の意。
 21句・22句「徃隠・嶋乃埼々」は「徃(ゆ)き隠(かく)る・嶋(しま)の埼々(さきざき)」と訓む。「徃」はカ行四段活用の自動詞「ゆく」の連用形で「徃(ゆ)き」。「隠」はラ行四段活用の自動詞「かくる」の連体形「隠(かく)る」。「嶋(しま)」は「島」の旧字で、12句・13句に既出。「乃」は20句に同じで、連体助詞「の」。「埼々(さきざき)」は、次々に見え隠れする「埼(さき)」を詠ったもの。「埼(さき)」は「陸地が海や湖などの中へつきでた所。みさき。」をいう。
 23句・24句「隈毛不置・憶曽吾来」は「隈(くま)も置(お)かず・憶(おも)ひそ吾(わ)が来(く)る」と訓む。23句は、25番歌11句の「隈毛不落」の「落」が「置」に変わっただけで、意味は同じ。「隈」は形声文字で、声符は畏(い)。「畏」には、畏懼して、回避する意がある。深奥、恐懼すべきところをいい、神異のあるところが原義。そこから「隈(くま)」は「他と境界を接する地点、奥まった場所」をいうようになる。ここでは、「曲がり角」の意。「毛」はモ(甲類)音を表わす常用音仮名で、係助詞「も」。「不置」は、間に返り点のレ点をうち「置(お)かず」と訓む。「不」は漢文の助字で否定の「ず」。「隈(くま)も置(お)かず」は、「どこの曲がり角も残さず」の意。「憶」はハ行四段活用の他動詞「思ふ」の連用形「憶(おも)ひ」。「憶」は『名義抄』に「憶 オモフ・オボユ・ムカシ・ハツ」とあり、オモフの訓が見える。「曽」はソ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「そ」。「吾」は自称で、主格の格助詞「が」を補読して「吾(わ)が」。「来」はカ行変格活用の自動詞「く」の連体形「来(く)る」。
 25句「客乃氣長弥」は「客(たび)のけ長(なが)み」と訓む。「客」を「たび」と訓むことについては、直近の930番歌でも述べたが、上代において「旅」は異族神の支配する家郷以外の地に在ることを意味したことから、その異境に在るという念いを込めて、異族神を意味する「客」の字をあてたものと考えられる。「乃」は20句・22句に同じで、連体助詞「の」。「氣」は、ケ(乙類)音の常用音仮名で、日数の意の「日(け)」を表わす。ケは日(ひ)の複数で、二日以上にわたる場合に用いる。「長」はク活用形容詞「ながし」の語幹「長(なが)」。「弥」はミ(甲類)」音の常用音仮名で、原因・理由を表す接続助詞「み」。
 942番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  あぢさはふ 妹(いも)が目(め)かれて(離れて)
  敷細(しきたへ)の 枕(まくら)も巻(ま)かず
  櫻皮(かには)纒(ま)き 作(つく)れる舟(ふね)に
  真梶(まかぢ)貫(ぬ)き 吾(わ)が榜(こ)ぎ来(く)れば
  淡路(あはぢ)の 野嶋(のしま)も過(す)ぎ
  いなみ[印南]つま 辛荷(からに)の嶋(しま)の
  嶋(しま)の際(ま)ゆ 吾宅(わぎへ)を見(み)れば
  青山(あをやま)の そことも見(み)えず
  白雲(しらくも)も 千重(ちへ)に成(な)り来(き)ぬ
  こぎたむる 浦(うら)の盡(ことごと)
  徃(ゆ)き隠(かく)る 嶋(しま)の埼々(さきざき)
  隈(くま)も置(お)かず 憶(おも)ひそ吾(わ)が来(く)る
  客(たび)のけ長(なが)み

  (あぢさはふ) 妻の目に別れて
  (しきたへの) 手枕もせず
  桜皮(かにわ)を巻いて 作った船に
  左右に櫓をとりつけて 私が漕いでくると
  淡路の 野島もすぎ
  印南つまや 辛荷の島の
  島の間から わが家の方を見ると
  青山の どのあたりともわからず
  白雲も 幾重にもなった
  漕ぎめぐる 浦のすべて
  行きかくれる 島の崎ごとに
  何処の曲り角も残さず 家を思いつつ来ることよ
  旅の日数が重なるままに
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 21:42| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする