2018年07月31日

『万葉集』を訓(よ)む(その1292)

 今回は、951番歌を訓む。「五年戊辰幸于難波宮時作歌四首」の二首目。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  見渡者 近物可良 
  石隠 加我欲布珠乎 
  不取不巳

 1句「見渡者」は「見渡(みわた)せば」と訓む。この句は283番歌3句・326番歌1句と同句。サ行四段活用の他動詞「みわたす」の已然形「見渡(みわた)せ」+順接の確定条件を表す接続助詞「ば」(「は」の訓仮名「者」を流用して表記)で、「見渡(みわた)せば」。「みわたす」は「こちらからかなたをはるかに見やる。」ことをいう。ちなみに、「見渡(みわた)せば」の句は、本歌を含め『万葉集』に八例あり、1句に使われているのが五例(326・951・1872・1913・1970)、3句に使われているのが三例(283・1030・1160)で、全て表記は同じ「見渡者」である。
 2句「近物可良」は「近(ちか)きものから」と訓む。「近」はク活用形容詞「ちかし」の連体形「近(ちか)き」。「ちかし」は、「空間・距離の隔たりが少ない」ことをいう。「物可良」(766番歌に既出)は、逆接の確定条件を示す接続助詞「ものから」を表す。「ものから」は、形式名詞「もの」(「物」で表記)に名詞「から」(カ音・ラ音の常用音仮名「可良」で表記。「良」は片仮名・平仮名の字源。)の付いてできたもので、活用語の連体形を受ける。この「から」を格助詞とする説もあるが、中古以前の原因・理由を表わすと見られる「から」はまだ体言と考えなければならない。
 3句「石隠」は「石隠(いはがく)り」と訓む。ここの「石」は、948番歌29句と同様、「いし」ではなく「いは」と訓む。「石隠」は、ラ行四段活用の自動詞「いはがくる」の連用形で「石隠(いはがく)り」。「いはがくる」は「岩の間に隠れる。岩かげに隠れる」ことをいう。
 4句「加我欲布珠乎」は「かがよふ珠(たま)を」と訓む。「加」「我」「欲」「布」は、各々、カ音・ガ音・ヨ(甲類)音・フ音の常用音仮名で、「加」は片仮名・平仮名の字源。「加我欲布」は、ハ行四段活用の自動詞「かがよふ」(連体形)を表し、「きらきら光ってゆれ動く。きらきらゆれる。」意。「珠(たま)」は、「玉」に同じで、球形あるいはそれに近い形の美しくて小さい石などで、装飾品となるものを総称していう。「乎」はヲ音の常用音仮名(片仮名の字源)で、格助詞「を」。
 5句「不取不巳」は「取(と)らずは巳(や)まじ」と訓む。「不取」は、ラ行四段活用の他動詞「とる」の未然形「取(と)ら」+打消の助動詞「ず」(連用形。漢文の助字「不」で表記)=「取(と)らず」。下に係助詞「は」を補読。「不巳」は、マ行四段活用の自動詞「やむ」の未然形「巳(や)ま」+否定的意志を表す助動詞「じ」(漢文の助字「不」で表記)=「巳(や)まじ」。「取(と)らずは巳(や)まじ」は「取らずにはおかないつもりだ」の意。
 951番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  見渡(みわた)せば 近(ちか)きものから
  石隠(いはがく)り かがよふ珠(たま)を
  取(と)らずは巳(や)まじ
 
  見渡すと 近いところなのだが
  岩にかくれて きらきら光ってゆれる珠を
  取らずにはおかないつもりだ
posted by 河童老 at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

『万葉集』を訓(よ)む(その1291)

 今回は、950番歌を訓む。題詞に「五年戊辰幸于難波宮時作歌四首」とあり、本歌〜953番歌までの四首は、「神亀五年、難波宮に行幸された時に作った歌」ということである。作者については、953番歌の左注に「右、笠朝臣金村之歌中出也。或云、車持朝臣千年作之也。」とあって、笠朝臣金村の作とも車持朝臣千年の作とも伝えられていることがわかる。吉井『萬葉集全注』は、「四首の作歌事情」について、次のように述べている。

 これらの作は、行幸時のものとはいえ、儀礼歌ではない。行幸という海辺への旅のなかで、自然に高まってくる供奉の官人と女官との間の相聞的雰囲気を背景として、宴席の場で披露された作であろう。金村の歌の中に出づ、というが、別伝では車持千年の作とも伝えられていたのである。目録ではこの一伝を採用している。すでに述べたように、千年の作歌の場は金村と常に共にあり、しかもそれは常に行幸の場であった。この男女唱和の作も、金村と千年の二人が歌い合ったとする推定は容易にできる。千年が女官であった場合、その可能性はますます高まるはずである。なお続日本紀には五年の難波行幸はみえない。

 950番歌の写本に異同はなく、原文は次の通り。

  大王之 界賜跡 
  山守居 守云山尓 
  不入者不止

 1句「大王之」は「大王(おほきみ)の」と訓む。この句は、直近では、929番歌の3句と同句。「大王(おほきみ)」は、今は「大君」と表記されるのが一般的で、天皇あるいはその子孫を尊敬して言う。ここは聖武天皇をさす。「之」は漢文の助字で、連体助詞「の」。
 2句「界賜跡」は「界(さか)[境]ひ賜(たま)ふと」と訓む。「界」は、ハ行四段活用の他動詞「さかふ」の連用形で「界(さか)[境]ひ」と読む。「境界」という同義二字熟語が示すように、「界」も「境」も『名義抄』にサカヒの訓が見える。「さかふ」は「こちらとあちらを区別する。境界をつける。さかいとする。わけへだてる。」ことをいう。「賜」はハ行四段活用の他動詞「たまふ」の終止形「賜(たま)ふ」。「たまふ」は、補助動詞として「さかふ」を尊敬表現にするために用いたもの。「跡」は「と(乙類)」の常用訓仮名で、接続助詞「と」。
 3句「山守居」は「山守(やまもり)居(す)[据]ゑ」と訓む。「山守(やまもり)」(401番歌に既出)は、「山林を見まわって番をすること。また、それを職とする人。山の番人。」をいう。「居」は、379番歌10句と同じく、ワ行下二段活用の他動詞「すう」の連用形で「居(す)[据]ゑ」と訓む。「すう」は「物を動かないように、一定の場所に置く。きちんと置く。また、安置する。供する。」ことをいう。『名義抄』に「居 ヰル・ヲリ・オク・イク・スウ・ヲリトコロ」とあり、「居」は「すう」とも訓まれたことがわかる。現在の「すえる」は「据える」と「据」の字が使われるのが一般的であるが、「据」の字は、「手先を使う、手先を傷める」というのが本義で、「据える」は国語の用法であると、『字通』にある。
 4句「守云山尓」は「守(も)ると云(い)ふ山(やま)に」と訓む。「守」はラ行四段活用の他動詞「もる」の連体形「守(も)る」。「もる」は「入口などにいて外敵や獣の侵入を防いだり、異変を他に知らせたりする。番をする。見張る。まもる。」ことをいう。「云」はハ行四段活用の他動詞「いふ」の連体形で「云(い)ふ」。上に格助詞「と」を補読して「と云(い)ふ」の形で、「…と口に出す。人がそう呼ぶ。世間で…と言われる。」の意。「山」は象形文字で、山の突出する形に象る。「尓」はニ音の常用音仮名で、動作の対象を示す格助詞「に」。
 5句「不入者不止」は「入(い)らずは止(や)まじ」と訓む。「不入」は、ラ行四段活用の自動詞「いる」の未然形「入(い)ら」+打消の助動詞「ず」(連用形。漢文の助字「不」で表記)=「入(い)らず」。「者」は漢文の助字で、係助詞「は」。「不止」は、マ行四段活用の自動詞「やむ」の未然形「止(や)ま」+否定的意志を表す助動詞「じ」(漢文の助字「不」で表記)=「止(や)まじ」。「入(い)らずは止(や)まじ」は「入らずにはおかないつもりだ」の意。
 950番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  大王(おほきみ)の 界(さか)[境]ひ賜(たま)ふと
  山守(やまもり)居(す)[据]ゑ 守(も)ると云(い)ふ山(やま)に
  入(い)らずは止(や)まじ

  大君が 境界をお定めになるとて
  山守を置いて 見張らせているという山でも
  私は入らずにはおかないつもりだ

 なお、本歌について、伊藤『萬葉集釋注』は、「男の立場での譬喩歌で、女官に迫る意気ごみをうたう。」として、「大君の監視の厳しい女官ではあるけれども、その女官の所へ行って思いを遂げずにはおかないつもりだというのである。」と述べている。 
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 09:48| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

『万葉集』を訓(よ)む(その1290)

 今回は、949番歌を訓む。題詞に「反歌一首」とあり、948番歌の反歌である。この歌には左注があるが、948番歌の冒頭のところですでに触れたので、ここでの説明は割愛する。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  梅柳 過良久惜 
  佐保乃内尓 遊事乎 
  宮動々尓

 1句「梅柳」は「梅柳(うめやなぎ)」と訓む。「梅柳(うめやなぎ)」は、「早春の景物としての梅と柳」をいう。
 2句「過良久惜」は「過(す)ぐらく惜(を)しみ」と訓む。「過良久」は、いわゆるク語法で、ガ行上二段活用の自動詞「すぐ」の連体形「過(す)ぐる」に形式体言の「あく」が付いた「過(す)ぐるあく」が約まった「過(す)ぐらく」を表し、「過ぎること」の意。「良」「久」は、ラ音・ク音の常用音仮名で、共に片仮名・平仮名の字源。ここの「惜」は、シク活用形容詞「をし」の語幹に原因・理由を表す接続助詞「み」を補読して「惜(を)しみ」と訓む。
 1句・2句「梅柳過ぐらく惜しみ」は、「梅が咲き柳が芽ぐむ、その美しい盛りの過ぎる事を惜しんで。」の意であると澤瀉『萬葉集注釋』にある。
 3句「佐保乃内尓」は「佐保(さほ)の内(うち)に」と訓む。「佐保(さほ)」(300番歌他に既出)は、現在の奈良市北部、「佐保川」(79番歌に既出)の北側の法蓮町・法華寺町一帯をいう。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。「内(うち)」は、空間的、平面的に、ある範囲や区画、限界などの中、すなわち、外側でないほうをいう語。「佐保の内」について、吉井『萬葉集全注』は「今の奈良市西北郊の佐保一帯をさすという。10・二二二一、11・二六七七、12・三九五七。他に「今城の内」(紀・一一九)がある。このような土地の呼び方は非常に珍しい。あるいは皇室の特別な設備が設けられていた ― 松林苑のごとき ― 場所を指しているのかもしれない。」と注している。「尓」はニ音の常用音仮名で、場所を示す格助詞「に」。
 4句「遊事乎」は「遊(あそ)びし事(こと)を」と訓む。「遊事」は、バ行四段活用の自動詞「あそぶ」の連用形「遊(あそ)び」+回想の助動詞「き」の連体形「し」(補読)+形式名詞「事(こと)」=「遊(あそ)びし事(こと)」。「あそぶ」は「思うことをして心を慰める。遊戯、酒宴、舟遊びなどをする。」ことをいう。「乎」はヲ音の常用音仮名(片仮名の字源)で、格助詞「を」。
 なお、この「遊(あそ)びし」の主語については、「散禁されている人々」とするのが通説であるが、遊んだ場所が歌には「佐保の内」とあるのに左注では「春日野」とある相違について納得のいく説明できないという問題がある。これについて、吉井『萬葉集全注』は「諸注は『遊びし』の主語を散禁されている人々とする。左注によれば、散禁されている人々が赴いたのは、今の奈良市東方の春日野であって、佐保とはあきらかに場所が違う。この『遊びし』人は、他の大宮人たちであろう。」として異説を唱えている。
 5句「宮動々尓」は「宮(みや)もとどろに」と訓む。「宮(みや)」は「天皇の住む御殿。皇居。御所。」をいう。「宮(みや)」の下に表記はないが、係助詞「も」を訓み添える。「動」は、『名義抄』に「動 オゴク・ウゴク・ヤヤモスレバ・ユク・ツクル・クツログ・サハガシ・ユスル・フルハフ・ウタフ・ホドニ・トドロカス・ヒビカス・ソソノカス・ホトホト」とあり、トドロカスの訓が見えることから、「動々」は「とどろ」と訓まれる。「とどろ」は、音の力強く鳴り響くさまをいう言葉で、多く「に」「と」を伴って用いる。ここも下にニ音の常用音仮名「尓」があり、格助詞「に」を伴っている。
 949番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  梅柳(うめやなぎ) 過(す)ぐらく惜(を)しみ
  佐保(さほ)の内(うち)に 遊(あそ)びし事(こと)を 
  宮(みや)もとどろに

  梅や柳の 盛りの過ぎるのを惜しんで
  佐保の域内で 遊んだことを
  宮に轟くほどに言い騒がれているよ

 通説に従って、口訳をしたが、異説を唱える吉井『萬葉集全注』の口訳を参考までに示しておく。吉井は「自由に佐保の内へ行った人々への嫉妬の情の表現である。」とするが、穿ち過ぎのように思われる。ただ、「佐保の内」と「春日野」の相違についての疑念は残る。後考を俟つ。

  梅や柳の見頃が過ぎるのを惜しんで
  佐保の内に遊んだことを
  宮も鳴りひびくばかり語り合っているよ。
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 22:01| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする