2019年05月10日

『万葉集』を訓(よ)む(その1362)

 今回は、1016番歌を訓む。題詞に「春二月諸大夫等集左少辨巨勢宿奈麻呂朝臣家宴歌一首」とあり、これを訓読すると「春(はる)二月(ぐわつ)に、諸(もろもろ)の大夫等(だいぶら)左少辨(させうべん)巨勢宿奈麻呂朝臣(こせのすくなまろのあそみ)の家(いへ)に集(つど)ひて宴(うたげ)する歌(うた)一首(しゆ)」となる。「春(はる)二月(ぐわつ)」は天平九年の二月。「左少辨(させうべん)」は、太政官の左弁官局の官名で、左大弁・左中弁の下位(正五位下相当官)である。左弁官は、中務・式部・治部・民部の四省を管轄する。「巨勢宿奈麻呂朝臣(こせのすくなまろのあそみ)」について、阿蘇『萬葉集全歌講義』は「少麻呂とも。神亀五年(七二八)五月、正六位下から外従五位下。天平元年(七二九)二月当時、少納言、長屋王謀反の罪を糾問する。同三月、外従五位下から従五位下に。同五年三月、従五位上。当該歌で、天平九年二月に左少弁であったことが知られる。歌は別に、一首(8・一六四五)。」と述べている。
 本歌は、蓬莱山の仙女の立場で歌われていることが左注に記されている。歌の内容は、仙女が風流な男子に惹かれて、海上をはるばる逢いに来たというものだが、この趣向は、『丹後国風土記逸文』の「筒川の嶼子(水江の浦の嶼子)」伝説にもある。本歌の作者は明らかではないが、主人の巨勢宿奈麻呂でもあろうか。参考までに、左注の原文・訓読文・口訳を、阿蘇『萬葉集全歌講義』から引用しておこう。

[原文] 右一首、書白紙懸著屋壁也。題云、蓬莱仙媛所化嚢蘰、為風流秀才之士矣。斯凡客不所望見哉。

[訓読文] 右(みぎ)の一首(しゆ)は、白(しろ)き紙(かみ)に書(か)きて屋(や)の壁(かべ)に懸(か)けたり。題(だい)して曰(い)はく、蓬莱(ほうらい)の仙媛(やまひめ)の化(な)れる嚢蘰(ふくろかづら)は、風流(ふうりう)秀才(しうさい)の士(をのこ)の為(ため)なり。こは凡客(ぼんかく)の望(のぞ)み見(み)る所(ところ)にあらずあらむかといへり。

[口訳] 右の一首は、白紙に書いて部屋の壁に懸けた。それに題して、「蓬莱山の仙女がその身を嚢蘰に変えたのは、風流な秀才たちの為である。並々の人は仰ぎ見ることができないだろう」と、記した。

「蓬莱(ほうらい)の仙媛(やまひめ)」とは「蓬莱山に住む仙女」のことで、「蓬莱山」は「神仙思想で仙人が住んでいるという島」をいう。「嚢蘰(ふくろかづら)」については、阿蘇『萬葉集全歌講義』の注が詳しいのでそれを見ておこう。

 嚢蘰 葛で編んだ嚢とも、袋状の縵(かづら)とも、袋と縵の二つとも考えられる。「かづら」は、葛や柳の枝などを輪にして頭髪の上に置くもので、風流な男子の遊宴で遊び用いるものであった。袋も官人が出仕の際に身に帯びるべきものと衣服令に定められていた。嚢蘰という語の構成からいえば、袋状のかづらということになるが、その形態が明らかでないことからすれば、葛で編んだ袋とする見解も捨てがたい。

 本歌の写本に異同はなく、原文は次の通り。

  海原之 遠渡乎
  遊士之 遊乎将見登
  莫津左比曽来之

 1句「海原之」は「海原(うなはら)の」と訓む。「海原(うなはら)」は、2番歌に既出で、「ひろびろとした海。広大な海面。」をいう。「之」は漢文の助字で、連体助詞「の」。
 2句「遠渡乎」は「遠(とほ)き渡(わた)りを」と訓む。「遠」はク活用形容詞「とほし」の連体形「遠(とほ)き」。「とほし」は、「空間・距離のへだたりが大きい。はるかに離れている。」ことをいう。「渡」は動詞「わたる」の連用形の名詞化の「渡(わた)り」で、「船などで、川や海を渡ること」をいう。「乎」はヲ音の常用音仮名(片仮名の字源)で、格助詞「を」。
 3句「遊士之」は「遊士(みやびを)の」と訓む。「遊士」は126・127番歌に既出で、「みやびを」と訓み、「風雅の遊びを楽しむことができる人」をいう。「之」は1句にも既出だが、ここは格助詞「の」。
 4句「遊乎将見登」は「遊(あそ)ぶを見(み)むと」と訓む。「遊」はバ行四段活用の自動詞「あそぶ」の連体形「遊(あそ)ぶ」。「あそぶ」は「思うことをして心を慰める。遊戯、酒宴、舟遊びなどをする。」ことをいう。「乎」は2句に同じ。「将見」(991番歌他に既出)は、マ行上一段活用の他動詞「みる」の未然形「見(み)」+意思・意向の助動詞「む」(漢文の助字「将」で表記)で、「見(み)む」。「登」はト(乙類)音の常用音仮名で、接続助詞「と」。
 5句「莫津左比曽来之」は「なづさひそ来(こ)し」と訓む。「莫」は「な」の訓仮名、「津」は「つ」の常用訓仮名だがここは「づ」に流用。「左」「比」は、サ音・ヒ(甲類)音の常用音仮名で、「左」は平仮名の字源、「比」は片仮名・平仮名の字源。「莫津左比」で以って、ハ行四段活用の自動詞「なづさふ」の連用形「なづさひ」を表す。443番歌の36句に「名津匝」の表記で既出。「なづさふ」は、「難儀をしながら海や川を越える」ことをいう。「曽」はソ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「そ」。「来」はカ行変格活用の自動詞「く」の未然形「来(こ)」。「之」はシ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、回想の助動詞「き」の連体形「し」(上の「そ」の係り結び)。回想の助動詞「き」は、普通、連用形接続であるが、「カ変・サ変の動詞につく場合には、接続上特殊な変化があり、カ変は『こし』『こしか』『きし』『きしか』、サ変は『せし』『せしか』『しき』となる。」と『岩波古語辞典』にある。
 1016番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  海原(うなはら)の 遠(とほ)き渡(わた)りを
  遊士(みやびを)の 遊(あそ)ぶを見(み)むと
  なづさひそ来(こ)し

  海原の 遠い舟路を
  風流な方々が 遊ぶさまを見ようと
  難儀をしながらやってきました
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 10:00| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

『万葉集』を訓(よ)む(その1361)

今回は、1015番歌を訓む。題詞に「榎井王後追和歌一首 [志貴親王之子也]」とあって、本歌は、「榎井王(えのゐのおほきみ)」が、前の「九年丁丑春正月橘少卿并諸大夫等集弾正尹門部王家宴歌二首」(1013・1014番歌)に「後(のち)に追和(ついわ)する歌(うた)」である。「榎井王(えのゐのおほきみ)」は注にあるように「志貴親王(しきのみこ)の子(こ)」であるが、伝未詳。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  玉敷而 待益欲利者 
  多鷄蘇香仁 来有今夜四 
  樂所念

 1句「玉敷而」は「玉(たま)敷(し)きて」と訓む。この句は、1013番歌の5句「珠(たま)敷(し)かましを」を承けたもの。「玉(たま)」は「珠(たま)」に同じで、「球形あるいはそれに近い形の美しくて小さい石などで、装飾品となるもの。」の総称。「敷」はカ行四段活用の他動詞「しく」の連用形「敷(し)き」。「しく」は「一面に並べる。広く散らばす。」ことをいう。「而」は漢文の助字で、接続助詞「て」。
 2句「待益欲利者」は「待(ま)たましよりは」と訓む。「待」はタ行四段活用の他動詞「まつ」の未然形「待(ま)た」。「まつ」は「人の到来を予期し、期待して、その場にとどまってじっとしている。」ことをいう。「益」は反実仮想の助動詞「まし」を表すための借訓字。「欲」「利」は、ヨ(甲類)音・リ音の常用音仮名で、「利」は片仮名・平仮名の字源。「欲利」で以って、格助詞「より」を表す。ここの「より」は、物事の比較を示す。「者」は漢文の助字で、係助詞「は」。
 3句「多鷄蘇香仁」は「たけそかに」と訓む。「多」はタ音の常用音仮名(片仮名の字源)、「鷄」はケ(甲類)音の音仮名、「蘇」はソ(甲類)音の常用音仮名、「香」はカ音の音仮名、「仁」はニ音の音仮名(平仮名の字源)。「多鷄蘇香仁」は、副詞「たけそかに」を表す。語義未詳だが、「不意に、突然の意か。または、たまたま、偶然の意か。」とされる。
 4句「来有今夜四」は「来(き)たる今夜(こよひ)し」と訓む。「来有」は、カ行変格活用の自動詞「く」の連用形「来(き)」++完了の助動詞「たり」の連体形「たる」(「有」で表記)=「咲(さ)きたる」。「たり」を「有」で表記しているのは、「たり」が、助詞「て」と「あり」との複合でできた語であるからである。「今夜(こよひ)」は、15番歌に既出で、「今夜(こんや)。今晩(こんばん)。」の意。「四」はシ音の音仮名で、副助詞「し」。
 5句「樂所念」は「樂(たの)しく念(おも)ほゆ」と訓む。「樂」はシク活用の形容詞「たのし」の連用形で「樂(たの)しく」。「たのし」は「精神的・身体的に満ち足りて快適である。愉快である。」ことをいう。「所念」(994番歌他に既出)は、ハ行四段活用の他動詞「おもふ」の未然形「念(おも)は」+自発の助動詞「ゆ」(漢文の助字「所」で表記)=「念(おも)はゆ」だが、オモハユのハが前の母音に引かれてホに転じて、「念(おも)ほゆ」と訓む。
 1015番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  玉(たま)敷(し)きて 待(ま)たましよりは
  たけそかに 来(き)たる今夜(こよひ)し 
  樂(たの)しく念(おも)ほゆ

  玉を敷いて 待って下さるよりは
  こうして突然に やってきた今夜の方が
  楽しく思われます 

 なお、この歌は、主人の立場に立って和しているのか、客の側に立って歌っているのか、の両説があって意見が分かれており、先の口訳は客の立場の作とする阿蘇『萬葉集全歌講義』によるものだが、主人の立場の作とする吉井『萬葉集全注』の口訳では次のようになっている。

  玉敷きて待たましという場合よりも
  不意に来られた今夜の方が
  一層楽しく思われます。

 参考までに、阿蘇『萬葉集全歌講義』の本歌の【歌意】を引用しておこう。

 一〇一三の歌に和した歌である。客側の立場の作、主人側の立場の作、両説あり、現在は、当然のことながら、客側の立場とする説が多い。なかで、集成・全注・釈注などは、主人側の立場とする。だが、主人側が客に対して「来(きた)る今夜(こよひ)」というのは、無礼な表現で、主人門部王は、現に「君来まさむと」と敬語を用いている。また、歓迎の気持ちをあらわす常套表現の「玉敷きて待たまし」よりは、なんの準備もせず客を迎えた方が楽しい、というのも、主人側の言葉としてふさわしいとは思われない。当然、本歌は、客側の立場で、門部王の歌に追和したとすべきである。
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 12:55| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

『万葉集』を訓(よ)む(その1360)

 今回は、1014番歌を訓む。「九年丁丑春正月橘少卿并諸大夫等集弾正尹門部王家宴歌二首」の二首目である。左注に「右一首橘宿祢文成 [即少卿之子也]」とあって、本歌の作者が、「橘宿祢(たちばなのすくね)文成(あやなり)[即(すなは)ち少卿(せうきやう)の子(こ)なり]」であることがわかる。
 写本の異同としては、2句の四字目<今>を『西本願寺本』は「尓」としていることが挙げられるが、古写本いずれにも「今」とあり、『西本願寺本』も、右に貼紙別筆で「今」としているので、これを採る。原文は次の通り。

  前日毛 昨日毛<今>日毛 
  雖見 明日左倍見巻 
  欲寸君香聞

 1句「前日毛」は「前日(をとつひ)も」と訓む。「前日」は、783番歌の「前年」を「をととし」と訓んだ例があったが、それにならい、ここも「をとつひ」と訓む。「一昨日」の意。「毛」はモ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、並立を示す係助詞「も」。
 2句「昨日毛今日毛」は「昨日(きのふ)も今日(けふ)も」と訓む。この句は、184番歌4句と同句。「昨日」「今日」は現代も全く同じ意味で使われている。「今日」は、「話し手が、今身を置いている、その日。」をいい、「昨日」は「今日より一日前の日」をいう。「毛」は1句に同じ。
 なお、1句「前日」を「をとつひ」と訓む根拠として、3924番歌の1句・2句「乎登都日毛(をとつひも)・昨日毛今日毛(きのふもけふも)」が挙げられる。
 3句「雖見」は「見(み)つれども」と訓む。「雖見」は、既出例では、「見れども」(665番歌他)、「見れど」(910番歌他)、「見とも」(937番歌他)などと訓んできたが、ここでは、マ行上一段活用の他動詞「みる」の連用形「見(み)」+完了の助動詞「つ」の已然形「つれ」(無表記だが補読)+逆接の既定条件を示す接続助詞「ども」(漢文の助字「雖」で表記)=「見(み)つれども」と訓む。
 4句「明日左倍見巻」は「明日(あす)さへ見(み)まく」と訓む。「明日(あす)」は、2句の「昨日」「今日」と同様に、現代も全く同じ意味で使われている。「現在を基点として、次の日」をいう。「左倍」(1009番歌に既出)は、副助詞「さへ」で、「その上…まで」と現在ある作用・状態の程度が加わったり、範囲が広まったりする意を表す。「左」「倍」は、サ音・へ(乙類)音の常用音仮名で、「左」は平仮名の字源。「見巻」(584番歌他に既出)は、マ行上一段活用の他動詞「みる」の未然形「見(み)」+意志・意向の助動詞「む」のク語法「まく」(借訓字「巻」で表記)=「見(み)まく」。
 5句「欲寸君香聞」は「欲(ほ)しき君(きみ)かも」と訓む。「欲寸」(584番歌他に既出)は、シク活用形容詞「ほし」の連体形で「欲(ほ)しき」。連体形であることを示すために活用語尾「き」を常用訓仮名「寸」で表記している。「ほし」は「そうありたいと思うさま。望ましい。願わしい。」ことをいう。「君(きみ)」は「門部王(かどべのおほきみ)」をさす。「香」「聞」は、カ音・モ音の音仮名。「香聞」は、係助詞「か」に終助詞「も」を添えた複合形で、詠嘆の終助詞「かも」を表す。

 1014番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  前日(をとつひ)も 昨日(きのふ)も今日(けふ)も
  見(み)つれども 明日(あす)さへ見(み)まく
  欲(ほ)しき君(きみ)かも

  一昨日も 昨日も今日も
  お目にかかりましたけれど 明日もまたお逢いしたく
  思うあなたです
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 11:42| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする