2016年12月21日

『万葉集』を訓(よ)む(その1118)

 今回は、829番歌を訓む。「梅花歌卅二首」の十五首目。作者は「藥師(くすりし)張氏福子(ちやうしのふくし)」。作者について、阿蘇『萬葉集全歌講義』は次のように述べている。

 薬師張氏福子 薬師は、大宰府所属の医師。定員二名。正八位上相当官。張氏福子は、武智麻呂伝に見える方士張福子であろう。方士は、不老不死の術や占い・医術などを行う人。

写本の異同としては、3句の四字目・五字目<婆那>を『西本願寺本』では「波奈」としていることが挙げられる。『類聚古集』『紀州本』『細井本』に「婆那」とあるのを採る。原文は次の通り。

  烏梅能波奈 佐企弖知理奈波
  佐久良<婆那> 都伎弖佐久倍久 
  奈利尓弖阿良受也        [藥師張氏福子]  

 まず、本歌で使われている万葉仮名を見ておこう。片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、ク音の「久」・ナ音の「奈」・ヤ音の「也」・ラ音の「良」・リ音の「利」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、ア音の「阿」が、そして平仮名の字源となった常用音仮名では、チ音の「知」・ハ音の「波」が使われている。その他の常用音仮名としては、ギ(甲類)音の「伎」・サ音の「佐」・ズ音の「受」・ツ音の「都」・テ音の「弖」・ナ音の「那」・ニ音の「尓」・ノ(乙類)音の「能」・バ音の「婆」・ベ(乙類)音の「倍」・リ音の「理」が使われ、音仮名では、ウ音の「烏」・キ(甲類)音の「企」・メ(乙類)音の「梅」が使われている。

 1句「烏梅能波奈」は「うめのはな」と訓む。この句は、825番歌の1句などと同句。「烏梅」は「うめ(梅)」。「能」は、連体助詞「の」。「波奈」は「はな(花)」。
 2句「佐企弖知理奈波」は「さきてちりなば」と訓む。「佐企」は、カ行四段活用の自動詞「さく(咲く)」の連用形「さき」。「弖」は接続助詞「て」。「知理」は、ラ行四段活用の自動詞「ちる(散る)」の連用形「ちり」。「奈」は完了の助動詞「ぬ」の未然形「な」。「波」はハ音の常用仮名であるが、ここではバ音の音仮名として、仮定の条件を示す接続助詞「ば」を表すのに用いている。「ちりなば」は「散ってしまったら」の意。
 3句「佐久良婆那」は「さくらばな」と訓む。「佐久良」は「さくら(桜)」。「婆那」は、「はな(花)」が連濁して「ばな」となったもの。
 4句「都伎弖佐久倍久」は「つぎてさくべく」と訓む。「都伎」は、ガ行四段活用の自動詞「つぐ(継ぐ)」の連用形「つぎ」。「つぐ」は「前にあるものの後に続く」ことを言う。「弖」は2句に同じで、接続助詞「て」。「佐久」は、2句に既出のカ行四段活用の自動詞「さく(咲く)」(終止形)。「倍久」は、当然・必然の意を示す助動詞「べし」の連用形「べく」を表す。
 5句「奈利尓弖阿良受也」は「なりにてあらずや」と訓む。「奈利」は、ラ行四段活用の自動詞「なる」の連用形「なり」。「なる」は「ある状態から他の状態に移り変わる。また、ある状態に達する。」ことをいう。「尓」は完了の助動詞「ぬ」の連用形「に」。「弖」は2句・4句に同じで、接続助詞「て」。「阿良」は、ラ行変格活用の自動詞「あり」の未然形「あら」。「受」は打消の助動詞「ず」(終止形)。「也」は質問・問いかけの終助詞「や」。「や」について、『岩波古語辞典』は次のように解説している。

「や」は終止形の下につき文の叙述の終りに加えられた場合には、相手に質問し、問いかける気持を表わす。この場合、話し手は、単に不明・不審だから相手に疑問を投げかけるものであるよりも、自分に一つの見込ないしは予断があることが多い。「雨に降りきや」と問うとき、「降ったか降らなかったか分らない」のではなく、「降ったにちがいない」という見込・予断を持ちながら、それを相手に提示して反応を待つのである。それが「か」の不明・不審・判断不能とする表現との相違である。

 829番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  うめのはな さきてちりなば
  さくらばな つぎてさくべく 
  なりにてあらずや

  梅の花 咲きて散りなば
  桜花 継ぎて咲くべく
  なりにてあらずや

  梅の花が 咲いて散ってしまったら
  桜の花が 続いて咲くように
  なっているではありませんか
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 12:35| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: