2017年01月30日

『万葉集』を訓(よ)む(その1128)

 今回は、839番歌を訓む。「梅花歌卅二首」の二十五首目。作者は「筑前目田氏真上」。阿蘇『萬葉集全歌講義』に「筑前国は、上国。目は、従八位下相当官。田氏真上は、田辺史真上か。天平十七年(七四五)十月頃の諸陵寮解に大允従六位上田辺史真上の署名がある。(『大日本古文書』巻二・四七一頁)。大允は、第三等官。」とある。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  波流能努尓 紀理多知和多利 
  布流由岐得 比得能美流麻提 
  烏梅能波奈知流
            [筑前目田氏真上]

 本歌で使われている万葉仮名は次の通り。
 片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、ナ音の「奈」・ヒ(甲類)音の「比」・ユ音の「由」・リ音の「利」・ワ音の「和」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、タ音の「多」・ル音の「流」が、そして平仮名の字源となった常用音仮名では、チ音の「知」・ハ音の「波」・ミ(甲類)音の「美」が使われている。その他の常用音仮名としては、キ(甲類)音の「岐」・キ(乙類)音の「紀」・ニ音の「尓」・ノ(甲類)音の「努」・ノ(乙類)音の「能」・フ音の「布」・マ音の「麻」・リ音の「理」が使われ、準常用音仮名では、デ音の「提」が、音仮名では、ウ音の「烏」・ト(乙類)音の「得」・メ(乙類)音の「梅」が使われている。

 1句「波流能努尓」は「はるののに」と訓む。この句は、837番歌の1句と同句。「波流」は「はる(春)」。「能」は連体助詞「の」。「努」は「の(野)」。「春の野」は「春の季節の野。春野。」をいう。「尓」は場所を示す格助詞「に」。
 2句「紀理多知和多利」は「きりたちわたり」と訓む。「紀理」は「きり(霧)」。「多知和多利」は、ラ行四段活用の自動詞「たちわたる(立ち渡る)」の連用形「たちわたり」。「たちわたる」は「雲、霧などが立って一面におおう。一面にかかる。」ことをいう。
 3句「布流由岐得」は「ふるゆきと」と訓む。「布流」は、ラ行四段活用の自動詞「ふる(降る)」(連体形)。「由岐」は「ゆき(雪)」。「得」は格助詞「と」。
 4句「比得能美流麻提」は「ひとのみるまで」と訓む。「比得」は「ひと(人)」。「能」は格助詞「の」。「美流」は、マ行上一段活用の他動詞「みる(見る)」(連体形)。「麻提」は、副助詞「まで」。「まで」は、「一つの時点で事が始まり、それが次第に進行して行き、ある極限的な状態に到る意を示す語であるが、程度にも用いられて、ある限度に達する意を表わす。」(『岩波古語辞典』より)のに用いられる。
 5句「烏梅能波奈知流」は「うめのはなちる」と訓む。「烏梅」は「うめ(梅)」。「能」は、連体助詞「の」。「波奈」は「はな(花)」。「知流」は、ラ行四段活用の自動詞「ちる(散る)」(終止形)。
 839番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  はるののに きりたちわたり
  ふるゆきと ひとのみるまで
  うめのはなちる

  春の野に 霧立ちわたり
  降る雪と 人の見るまで
  梅の花散る

  春の野に 霧が立ちこめて
  雪が降っているのかと 人が見るほどに
  梅の花が散っている
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 19:50| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: