2017年06月06日

『万葉集』を訓(よ)む(その1169)

 今回は876番歌を訓む。題詞に「書殿餞酒日<倭>歌四首[書殿(ふみどの)にして餞酒(うまのはなむけ)する日の倭歌(やまとうた)四首]」とあって、本歌〜879番歌の四首は、旅人の上京にあたって、「書殿で送別の宴を開いた日」に詠まれた歌で、作者は明記されていないが、山上憶良と考えてまず間違いない。
 写本の異同として、まず題詞の<倭>がある。『西本願寺本』に「和」とするが、これはのちに改めたもので、『類聚古集』『紀州本』『細井本』に「倭」とあるのが正しい。澤潟『萬葉集注釋』に「『倭歌』は漢詩に對する和歌の意。西本願寺本に『和謌』とあるのは後に改めたもので、この頃まだ『やまとうた』の意で『和歌』とは書かない。」とある。本歌の写本の異同は、3句四字目<麻>にある。『西本願寺本』以下の諸本はこれを「摩」とするが、『類聚古集』『紀州本』『温故堂本』に「麻」を採る。原文は次の通り。
 
  阿麻等夫夜 等利尓母賀母夜 
  美夜故<麻>提 意久利摩遠志弖
  等比可弊流母能

 本歌で使われている万葉仮名は次の通り。
 片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、ク音の「久」・ヒ(甲類)音の「比」〈本歌では、ビ(甲類)音として使用。〉・リ音の「利」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、ア音の「阿」・ル音の「流」が、平仮名の字源となった常用音仮名ではミ(甲類)音の「美」が使われている。その他の常用音仮名としては、オ音の「意」・カ音の「可」・ガ音の「賀」・シ音の「志」・テ音の「弖」・ト(乙類)音の「等」・ニ音の「尓」・ノ(乙類)音の「能」・ブ音の「夫」・ヘ(甲類)音の「弊」・マ音の「麻」・モ音の「母」・ヤ音の「夜」が使われ、準常用音仮名では、コ(甲類)音の「故」・デ音の「提」・ヲ音の「遠」が、音仮名ではマ音の「摩」が使われている。なお、準常用音仮名の「遠」は、平安時代には常用されるようになり平仮名の字源となった。

 1句「阿麻等夫夜」は「あまとぶや」と訓む。この句は、207番歌1句「天飛也」及び543番歌7句「天翔哉」と同句で、その仮名書き。「阿麻等夫」は「あまとぶ」で、「大空を飛ぶ」という意のバ行四段活用の自動詞。「夜」は間投助詞の「や」。「あまとぶや」は「大空を飛ぶ」意から「鳥」「雁」また「雁(かり)」と類音で地名の「軽(かる)」にかかる枕詞として使われた。ここは次句の「とり(鳥)」にかかる枕詞として用いたもの。
 2句「等利尓母賀母夜」は「とりにもがもや」と訓む。「等利」は「とり(鳥)」。「尓」は断定の助動詞「なり」の連用形「に」。「母賀母夜」は、願望の意を表す終助詞「もが」に詠嘆の終助詞「も」「や」が付いた「もがもや」を表し、「もがも」より強い詠嘆が込められる。「とり(鳥)にもがも」は、534番歌12句に既出。この「にもがも」について、木下『萬葉集全注』は、534番歌10句の「雲にもがも」の注として「モガ(モ)は、自らの願望にも他人に対する希求にも用いる。ここは前者。このモガ(モ)は、アハビ玉(体言)−モガ、長ク−モガモ、共ニ−モガモ、斯クシ−モガモなどのように、すべて存在詞アリに続くべき形を受けるため、この「雲にもがも」や「玉にもが」(七三四)のニは断定の助動詞ナリの連用形であるべきだが、民間語源的解釈として、あたかもそのニは格助詞、そしてモは、せめて〜なりとも、の意の副助詞ダニに通ずる意味用法のそれ、ガモはそれで一まとまりをなす願望の終助詞というような理解がなされていたらしい。」と述べ、そのような解釈は、「常丹毛冀名(つねにもがもな)」(22番歌)、「花尓欲得(はなにもが)」(306番歌)、「雲尓毛欲成(くもにもがも)」・「鳥尓毛欲成(とりにもがも)」(534番歌)などの表記にも反映されていると指摘している。
 3句「美夜故麻提」は「みやこまで」と訓む。「美夜故」は、「みやこ(都)」で、「奈良の都」をいう。「麻提」は、副助詞「まで」。体言・活用語の連体形・助詞などを受けて、事態の至り及ぶ時間的・空間的・数量的限界を示す。
 4句「意久利摩遠志弖」は「おくりまをして」と訓む。「意久利」は、ラ行四段活用の他動詞「おくる(送る)」の連用形「おくり」。「おくる(送る)」は、「守りながら、行く人につき従う。」ことをいう。「摩遠志」は、サ行四段活用の他動詞「まをす」の連用形「まをし」。「まをす」は、上代末ごろから、「まうす」の形に変化し、さらにそれが「もうす」になる。ここは補助動詞として、上の「おくる」という動作の対象を敬う意を添えたもの。「弖」は接続助詞「て」。
 5句「等比可弊流母能」は「とびかへるもの」と訓む。「等比」は、バ行四段活用の自動詞「とぶ(飛ぶ)」の連用形「とび」。「可弊流」は、ラ行四段活用の自動詞「かへる(帰る)」(連体形)。「母能」は、終助詞「もの」を表す。井村『萬葉集全注』には「モノは、モノヲに同じ。」とあり、阿蘇『萬葉集全歌講義』には「『もの』は、活用語の連体形について、感動の意をあらわす終助詞。……のだがなあ。」とある。『古典基礎語辞典』の「もの」の解説では、「終助詞として使われているモノもある。基本的には名詞のモノの意味を受け継ぎ、活用語の連体形に接続して『…と決まっている』の意で用いる。しかし、上に実際はそうでないことを表す語(願望の終助詞モガモや反実仮想の助動詞マシ)がくると、『(もしそうなら)…するに決まっているのになあ』と逆接の意味を表す。同じ逆接を表す終助詞モノヲは上に特定の語を要求しない。」と述べて、後者の例として、本歌を挙げている。
 876番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  あまとぶや とりにもがもや 
  みやこまで おくりまをして 
  とびかへるもの

  天飛ぶや 鳥にもがもや 
  都まで送りまをして
  飛び帰るもの

  大空を飛ぶ 鳥でありたいものだなあ(もしそうなら)
  都まで あなたをお送りして
  飛び帰ってくるのになあ
タグ:万葉集
posted by 河童老 at 18:42| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: