2017年07月28日

『万葉集』を訓(よ)む(その1187)

 今回は890番歌を訓む。886番歌(以下、「長歌」という)の反歌四首目である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。なお5句に異伝がある。

  出弖由伎斯 日乎可俗閇都々 
  家布々々等 阿袁麻多周良武
  知々波々良波母 [一云 波々我迦奈斯佐]

 本歌で使われている万葉仮名は次の通り。
 片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名では、ナ音の「奈」・ユ音の「由」・ラ音の「良」が使われている。片仮名の字源となった常用音仮名では、ア音の「阿」・タ音の「多」・ヲ音の「乎」が、平仮名の字源となった常用音仮名では、チ音の「知」・ハ音の「波」・ム音の「武」が使われている。その他の常用音仮名としては、カ音の「可」・ガ音の「我」・キ(甲類)音の「伎」・ケ(甲類)音の「家」・サ音の「佐」・シ音の「斯」・ツ音の「都」・テ音の「弖」・ト(乙類)音の「等」・フ音の「布」・ヘ(乙類)音の「閇」・マ音の「麻」・モ音の「母」が使われ、準常用音仮名ではヲ音の「袁」が、音仮名では、カ音の「迦」・ス音の「周」・ゾ音の「俗」が使われている。なお、一句の「出」と二句の「日」は正訓字である。

 1句「出弖由伎斯」は「出(い)でてゆきし」と訓む。「出」はダ行下二段活用の自動詞「いづ」の連用形で「出(い)で」。「いづ」は「(ある限られた場所から)その外へ進み動いて行く。また、外のある場所に位置を変える。」ことをいう。「弖」は接続助詞「て」。「由伎」は、カ行四段活用の自動詞「ゆく」の連用形で「ゆき」。「斯」は回想の助動詞「き」の連体形「し」。
 2句「日乎可俗閇都々」は「日(ひ)をかぞへつつ」と訓む。「日(ひ)」は時間の単位としての一日で、1句の「出(い)でてゆきし」を承けて、「出て行った日」の意。「乎」は格助詞「を」。「可俗閇」は、ハ行下二段活用の他動詞「かぞふ」の連用形「かぞへ」。「かぞふ」は「順番や数量を勘定する。計算する。」ことをいう。「都々」は、同じ動作の反復や継続を表わす接続助詞「つつ」を表す。
 3句「家布々々等」は「けふけふと」と訓む。この句は、224番歌1句「且今日且今日」と同句で、その仮名書き。「けふけふと」は、「今日か今日か」の意で、「もう今日は帰っていらっしゃるか、もう今日は帰っていらっしゃるかと」いう気持を詠ったもの。
 4句「阿袁麻多周良武」は「あをまたすらむ」と訓む。「阿」は自称の「あ(我)」。「袁」は格助詞「を」。「麻多周」は、タ行四段活用の「まつ(待つ)」の未然形「また」+尊敬の助動詞「す」(連体形)=「またす」を表す。「良武」は、887番歌5句と同じく、現在の事態を推量する助動詞「らむ」を表す。
 2句〜4句「日(ひ)をかぞへつつ けふけふと あをまたすらむ」は、「熊凝(くまごり)の為に其の志を述ぶる歌」六首(886番歌〜891番歌)の「序」に「我を待ちて日を過ぐさば」とあったのに承応している。 
 5句「知々波々良波母」は「ちちははらはも」と訓む。「知々」は「ちち(父)」で、「波々」は「はは(母)」。「良」は接尾語「ら」。「ちちはは」は、「熊凝(くまごり)の父母」をさすことは言うまでもない。「波母」は、詠嘆を表す終助詞「はも」。「は」「も」いずれも語源的には係助詞であるが、文末にあっては、二語とも間投機能を担っていると考えられる。
 [一云 波々我迦奈斯佐] は [一に云(い)ふ ははがかなしさ]と訓む。「波々」は五句に同じで「はは(母)」。「我」は連体助詞「が」。「迦奈斯佐」は、シク活用形容詞「かなし」の語幹「かなし」に接尾語「さ」が付いてできた名詞「かなしさ」を表す。
 890番歌の平仮名文及び漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  いでてゆきし ひをかぞへつつ 
  けふけふと あをまたすらむ 
  ちちははらはも [ははがかなしさ]
 
  出でて行きし 日を数へつつ
  今日今日と 我を待たすらむ
  父母らはも  [母が悲しさ]

  出て行った 日からの日数を数えつつ
  今日は今日はと 私の帰りを待っておいでになるであろう
  父母よ [母のいたわしさよ]
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 14:07| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: