2017年12月30日

『万葉集』を訓(よ)む(その1230)

 今回は、904番歌(以下、「長歌」という。)の反歌二首の二首目である906番歌を訓む。この歌の左注については、「長歌」の冒頭のところで述べたので割愛する。
写本に異同はなく、原文は次の通り。

  布施於吉弖 吾波許比能武
  阿射無加受
  多太尓率去弖 阿麻治思良之米

 本歌で使われている万葉仮名は、次の通り。

 片仮名・平仮名の字源となった常用音仮名:オ音の「於」・カ音の「加」・シ音の「之」・ヒ(甲類)音の「比」・ラ音の「良」。
片仮名の字源となった常用音仮名:ア音の「阿」・タ音の「多」。
平仮名の字源となった常用音仮名:ハ音の「波」・ム音の「武」。
その他の常用音仮名: コ(乙類)音の「許」・ザ音の「射」・ズ音の「受」・ダ音の「太」・ヂ音の「治」・テ音の「弖」・ニ音の「尓」・ノ(乙類)音の「能」・マ音の「麻」・メ(乙類)音の「米」。
音仮名:キ(甲類)音の「吉」・シ音の「思」。

 1句「布施於吉弖」は「布施(ふせ)おきて」と訓む。「布施(ふせ)」は、「仏や僧・貧者などに、衣服・食物などの品物や金銭などを施し与えること。また、その財物。財施。」をいう。「於吉」は、カ行四段活用の他動詞「おく(置く)」の連用形「おき」を表す。「弖」は接続助詞「て」。
 2句「吾波許比能武」は「吾(われ)はこひのむ」と訓む。「吾(われ)」は自称で、歌の作者である「古日の親」を指す。「波」は係助詞「は」。「許比能武」は、「長歌」の44句・51句に既出のマ行四段活用の他動詞「こひのむ(乞ひ祈む)」を表し、「神に請い祈る。請願する。祈願する。」の意。
 3句「阿射無加受」は「あざむかず」と訓む。「阿射無加受」は、カ行四段活用の他動詞「あざむく」の未然形「あざむか」+打消の助動詞「ず」(連用形)=「あざむかず」。この句の意味について、阿蘇『萬葉集全歌講義』は「違う道を教えたりせず。」としている。
 4句「多太尓率去弖」は「ただに率去(ゐゆ)きて」と訓む。「多太尓」は、副詞「ただに(直に)」で、「真っ直ぐ」の意。「率去」は、カ行四段活用の自動詞「ゐゆく」の連用形「率去(ゐゆ)き」と訓む。「ゐゆく」は「連れて行く」ことをいう。「弖」は1句に同じで接続助詞「て」。
 5句「阿麻治思良之米」は「 」と訓む。「阿麻治」は、「あまぢ(天路)」を表し、「天へ行く道。天にのぼる道。」の意。「思良之米」は、ラ行四段活用の他動詞「しる(知る)」の未然形「しら」+使役の助動詞「しむ」の命令形「しめ」=「しらしめ」を表す。使役の「しむ」の命令形は、後世「しめよ」と「よ」をつけるのが普通となるが、当時は「よ」を用いないこともあった。
なお、「天路」について、井村『萬葉集全注』が詳しく述べているので、それを引用しておこう。

「天路」は生天への道である。小島憲之氏(「万葉語の語性」古典全集万葉集四の補論)は、「翼ヲ天路ニ翔ル」「天路誰カ通ハム」(広弘明集(こうぐみようしゆう)巻二六「鳩摩羅什(くまらじゆう)法師誄(るい)幷序」を示して、「これらの『天路』は、俗世よりみて生天(しようてん)への路を意味する。これを上代語に改めると、『アマヂ』となる。つまり『アマヂ』は、仏典語『天路』による万葉人の新しく生んだ翻訳語(翻読語)といえる。」という。「未来生の為ニ、生天ノ路ヲ開キ(開生天路)」(仏説観弥勒菩薩上生兜率天(かんみろくぼさつじようしようとそつてん)経)、「三悪道増広シ、諸天ノ路永ク絶ユ(諸天路永絶)」(仏説弥勒大成仏経)など仏典の用例も少なくない。生天とは衆生が赴く天。兜率天(とそつてん)往生をすすめる弥勒信仰の普及もさることながら、天部崇拝の経典と言われる当代尊重の金光明最勝王経にせよ、法華経にせよ、聴聞書写の功徳としてしきりに生天往生をすすめているのであるから、わが上代人にとっても、釈・梵二天や忉利天(とうりてん)、兜率天を含めて一般に、生天こそがもっとも親しく、わが常世(とこよ)の国のイメージとも通う理想郷であったにちがいない。

 906番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

   布施(ふせ)お(置)きて 吾(われ)はこ(乞)ひの(祈) む
   あざむかず
   ただ(直)に率去(ゐゆ)きて あまぢ(天路)し(知)らしめ

  お布施を差出して 私はお祈りしお願いします
  違う道を教えたりせずに
  真っ直ぐ連れて行って 天上への道を教えてやって下さい
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 22:27| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: