2018年04月03日

『万葉集』を訓(よ)む(その1258)

 今回は、928番歌の13句からを訓む。
 13句・14句「食國乎・治賜者」は「食(を)す國(くに)を・治(をさ)め賜(たま)へば」と訓む。13句は、50番歌7句および199番歌25句と同句。「食」はサ行四段活用の他動詞「をす」の連体形「食(を)す」。「食(を)す」は、上代の文献で尊敬語として使われた語で、ヲサ(筬)、ヲサ(長)、ヲサム(治む)のヲサと同根であると見られる。ヲサ(筬)は織機の縦糸の乱れを整えるもの。ヲサ(長)は行政府の長官で、行政を整然と行う責任者。ヲサム(治む)は行政を統括し整然と実行すること。このようにヲサには、「整える、整然と行う」という意がある。「食(を)す」は、天皇が統治なさる国の意で「食(を)す國(くに)」と使うことが多く、ヲスは「治む」の尊敬語、すなわちお治めになる意である。「乎」はヲ音の常用音仮名で格助詞「を」。「治」はマ行下二段活用の他動詞「をさむ」の連用形で「治(をさ)め」。「をさむ」は、「ものごとを安定した状態にする」ことをいう。「賜」はハ行四段活用の他動詞「たまふ」の已然形で「賜(たま)へ」。「たまふ」は、動作の主を尊敬する意を表す補助動詞。「者」は「は」の訓仮名であるが、接続助詞「ば」に流用したもので、順接の確定条件を示す。
 15句・16句「奥鳥・味經乃原尓」は「奥(おき)[沖]つ鳥(とり)・味經(あぢふ)の原(はら)に」と訓む。「奥鳥」は、918番歌1句「奥嶋」を「奥(おき)[沖]つ嶋(しま)」と訓んだのと同様に、「奥」は「おき[沖]」と訓み、連体修飾の格助詞「つ」を訓み添えて「奥(おき)[沖]つ鳥(とり)」と訓む。「沖つ鳥」は、「沖にいる水鳥」の意であるが、ここは次の「味經」のアジにアジ鴨のアジをかけて、「味經」の枕詞としたもの。「味經乃原」は、地名で「味經(あぢふ)の原(はら)」と訓む。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。「味經(あぢふ)の原(はら)」について、阿蘇『萬葉集全歌講義』は「難波の宮の南に広がる平地。大阪市天王寺区味原町(あじはらちよう)・味原本町(あじはらほんまち)などが遺称地。」と注している。
 17句・18句「物部乃・八十伴雄者」は「物部(もののふ)の・八十(やそ)伴(とも)の雄(を)は」と訓む。17句は、76番歌3句・369番歌1句・543番歌3句と同句。76番歌3句では、氏族名を意味するので「物部(もののべ)の」と訓んだが、ここは369番歌1句・543番歌3句と同じく、「朝廷に仕える氏族の総称」の意で「物部(もののふ)の」と訓む。「もののふの」は、氏族の数の多い所から「八十伴緒」「八十氏」「八十」などにかかる枕詞として用いられることが多いが、ここでは「朝廷に仕える文武百官」という実質的な意味をもち、ここの「乃」は同格の格助詞で次の「八十(やそ)伴(とも)の雄(を)」に続くとみられる。「八十伴雄」は、543番歌4句に既出で、478番歌6句の「八十伴男」に同じ。「八十(やそ)」は数の多いことを言ったもので「多くの」の意。「伴(とも)の雄(を)」は、本来は「伴の緒」と書き、「伴う一連のもの」の意。『万葉集』では「伴緒」の表記例は1047番歌の一例のみで、あとは「伴男」「伴雄」などと書かれているので男子の意に解していたものと思われる。「者」は漢文の助字で、係助詞「は」。
 19句・20句「廬為而・都成有」は「廬(いほり)為(し)て・都(みやこ)成(な)したり」と訓む。「廬(いほり)」は「旅行中に泊まるために造る粗末な小屋」で、「廬為」は、その「廬(いほり)」にサ行変格活用の他動詞「す」がついて動詞化したもの。ここはその連用形で「廬(いほり)為(し)」と訓む。「而」は漢文の助字で、接続助詞「て」。「都(みやこ)」は「皇居のある土地」をいうが、「天皇が仮居した行宮など」もいう。「成有」は、サ行四段活用の他動詞「なす」の連用形「成(な)し」+完了・存続の助動詞「たり」(「有」で表記)=「成(な)したり」。「なす」は「物をつくる。つくりあげる。事をしとげる。」ことをいう。完了・存続の助動詞「たり」は、助詞「て」と「有り」との複合「てあり」の約まったものであることから、表記に「有」が用いられている。
 21句「旅者安礼十方」は「旅(たび)にはあれども」と訓む。「旅(たび)」は「住む土地を離れて、一時、他の離れた土地にいること」を言い、ここは「難波宮」に来ていることをさす。「者」は、18句に同じく係助詞「は」であるが、ここは上に格助詞「に」を補って「には」と訓む。「には」は、635番歌他に既出で、場所・時・対象・比較の基準など、格助詞「に」の意味を強調または取りたてて示す。「安」「礼」は、ア音・レ音の常用音仮名で、「安」は平仮名の、「礼」は片仮名・平仮名の字源。「安礼」は、ラ行変格活用の自動詞「あり」の已然形「あれ」。「十方」は、732番歌他に既出で既出例では、接続助詞「とも」を表すのに用いられていたが、ここは逆接の既定条件を表わす「ども」に用いている。「十」は「と(乙類)」の訓仮名だがここは「ど」に流用、「方」は「も」の訓仮名。
 928番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  おしてる 難波(なには)の國(くに)は
  葦垣(あしかき)の 古(ふ)りにし郷(さと)と
  人皆(ひとみな)の 念(おも)ひ息(やす)みて
  つれも無(な)く 有(あ)りし間(あひだ)に
  續麻(うみを)なす 長柄(ながら)の宮(みや)に
  真木柱(まきはしら) 太高(ふとたか)敷(し)きて
  食(を)す國(くに)を 治(をさ)め賜(たま)へば
  奥(おき)[沖]つ鳥(とり) 味經(あぢふ)の原(はら)に
  物部(もののふ)の 八十(やそ)伴(とも)の雄(を)は
  廬(いほり)為(し)て 都(みやこ)成(な)したり
  旅(たび)にはあれども

  (おしてる) 難波の国は
  (葦垣の) ふるびた里だと
  人がみな 忘れてしまい
  無関心で いた間に
  (績麻なす) 長柄の宮に
  真木柱を 太く高々と立て
  天下を お治めになられたので
  (沖つ鳥) 味経の原に
  文武百官の 多くの宮人たちは
  仮小屋を作って 都としている
  旅先ではあるが
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 13:53| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: