2018年04月27日

『万葉集』を訓(よ)む(その1265)

 今回は、933番歌の9句からを訓む。
 9句・10句「御食都國・日之御調等」は「御食(みけ)つ國(くに)・日(ひ)の御調(みつき)と」と訓む。「御食」(196番歌に既出)は、「みけ」と訓み、「神や天皇など身分の高い人の食事」の意。「都」はツ音の常用音仮名で、連体助詞「つ」。「國」は「国」の旧字。「御食(みけ)つ國(くに)」は、「天皇の食料を献上する国」をいう。『万葉集』では、淡路・伊勢・志摩の三国を「御食(みけ)つ國(くに)」と称している。ここの「日」は時間の単位としての「日(ひ)」。「之」は漢文の助字で、連体助詞「の」。「御調」(38番歌14句に既出)は、「みつき」と訓み、「み」は接頭語、後の「みつぎ(貢)」で、「土地の産物として貢献するもの」をいう。「日(ひ)の御調(みつき)」は、「日毎の貢物」の意。「等」はト(乙類)音の常用音仮名で、格助詞の「と」。この「と」は「として」の意。
 11句・12句「淡路乃・野嶋之海子乃」は「淡路(あはぢ)の・野嶋(のしま)の海子(あま)の」と訓む。「淡路(あはぢ)」(509番歌に既出)は、南海道六カ国の一つで、瀬戸内海東部にある淡路島全体をいい、古代より荘園が多く置かれた所である。「乃」は、ノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。「野嶋」は、250番歌4句に「野嶋(のしま)の埼(さき)に」として詠まれた所で、現在の兵庫県淡路市野島。淡路島の北端から西側に約四キロの地。「之」は10句に同じで、連体助詞「の」。「海子」は、「海士」「海人」と同じで、「あま」と訓み、「海で漁業に従事する人」の意。「乃」は11句に同じ。
 13句・14句「海底・奥津伊久利二」は「海(わた)の底(そこ)・奥(おき)[沖]ついくり[海石]に」と訓む。13句は、83・676番歌の1句と同句。「海」は、下に連体助詞「の」を補読して「海(わた)の」と訓む。「わた」は、「わたつみ・わたのはら・わたなか」の「わた」で、「うみ」の古語。「底(そこ)」は「海・池・川などくぼんだ地形の下の部分」をいう。「わたのそこ」は、『万葉集』に十一例あり、内、十例は「海底」又は「海之底」の表記だが、一例だけ、「和多能曽許(わたのそこ)」という一字一音の仮名書きがある。「海(わた)の底(そこ)」は、海底の奥深い所の意で、「奥(おき)」と同音の「沖」にかかる枕詞。「奥津」(306番歌他に既出)は、「奥(おき)[沖]つ」と訓み、「沖の」の意。『萬葉集』では、「おき」の漢字表記には全て「奥」が使われている。「津」は「つ」の常用訓仮名で、連体助詞「つ」。「伊」「久」「利」は、各々、イ音・ク音・リ音の常用音仮名で、「伊」は片仮名の字源、「久」と「利」は、片仮名・平仮名の字源。「伊久利」は、135番歌5句に「伊久里」の表記で既出、「海中にある岩。暗礁。」の意の「いくり[海石]」を表す。「い」は接頭語で、「くり」は海中に隠れている岩をいうのではないかとされている。「二」はニ音の音仮名(片仮名の字源)で、場所を指定する格助詞「に」。
 15句・16句「鰒珠・左盤尓潜出」は「鰒珠(あはびだま)・さはに潜(かづ)き出(で)」と訓む。「鰒珠(あはびだま)」は、「アワビ貝の腹中に生ずる真珠。」をいう。今日の真珠はほとんどアコヤ貝真珠であるが、上代ではアワビ真珠が主であった。阿蘇『萬葉集全歌講義』の注に「アワビの中にできる真珠をいうが、ここは、日のみ調との関係から、アワビをさすとする説(集成・全注)もある。アワビは、宮中で食用とされた主要な海産物のひとつであった。」ともある。「左」はサ音の常用音仮名(平仮名の字源)、「盤」はハ音の音仮名、「尓」はニ音の常用音仮名で、「左盤尓」は、「多いさま。たくさん。あまた。」の意を表す形容動詞「さはなり」の連用形「さはに」を表す。「潜」(725番歌他に既出)は、カ行四段活用の自動詞「かづく」の連用形で「潜(かづ)き」。「かづく」は、「水中に頭からくぐり入る。」ことをいう。「出」はダ行下二段活用の他動詞「いづ」の連用形「いで」であるが、ここは前にイ音があるので「出(で)」と訓む。「いづ」は「外に現わす。取り出す。」の意。
 17句・18句「船並而・仕奉之」は「船(ふね)並(な)めて・仕(つか)へ奉(まつ)るし」と訓む。17句は、36番歌17句の「船並弖」と接続助詞「て」の表記は異なるが同句。「船(ふね)」は「水の上に浮かべ、人や荷物をのせて水上を渡航する交通機関。」であるが、ここは「漁業に用いる漁船」をいう。「並」はマ行下二段活用の他動詞「なむ」の連用形「並(な)め」。「なむ」は「ならべる、つらねる」ことをいう。「船(ふね)並(な)めて」は「船を並べて」の意。「仕奉」(917番歌他に既出)は、ラ行四段活用の自動詞「つかへまつる」の連体形で「仕(つか)へ奉(まつ)る」。「つかへまつる」は、動詞「つかへる(仕)」に動詞「まつる(奉)」のついてできた、「仕える」の謙譲語。「之」はシ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、副助詞「し」。
 19句「貴見礼者」は「貴(たふと)し見(み)れば」と訓む。「貴」はク活用形容詞「たふとし」の終止形「貴(たふと)し」。「見礼」は、マ行上一段活用の他動詞「みる」の已然形「見(み)れ」。已然形であることを明示するために活用語尾「れ」をレ音の常用音仮名で片仮名・平仮名の字源である「礼」で表記したもの。「者」は「は」の訓仮名であるが、ここは順接の既定条件を示す接続助詞「ば」に流用したもの。
 933番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  天地(あめつち)の 遠(とほ)きが如(ごと)く
  日月(ひつき)の 長(なが)きが如(ごと)く
  おしてる 難波(なには)の宮(みや)に
  わご大王(おほきみ) 國(くに)知(し)らすらし
  御食(みけ)つ國(くに) 日(ひ)の御調(みつき)と
  淡路(あはぢ)の 野嶋(のしま)の海子(あま)の
  海(わた)の底(そこ) 奥(おき)[沖]ついくり[海石]に
  鰒珠(あはびだま) さはに潜(かづ)き出(で)
  船(ふね)並(な)めて 仕(つか)へ奉(まつ)るし
  貴(たふと)し見(み)れば

  天地が 永遠であるように
  日月が 長久であるように
  (おしてる) 難波の宮に
  わが大君は いつまでも国をお治めになるに相違ない
  大君の食料を献上する国の 毎日の貢物として
  淡路の 野島の海人が
  (海の底) 沖の暗礁で
  あわび玉を たくさんにもぐり取り
  船を並べて お仕えする
  貴いさまを見ると
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 13:25| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: