2018年05月10日

『万葉集』を訓(よ)む(その1269)

 今回は、936番歌を訓む。題詞に「反歌二首」とあり、本歌と次の937番歌の二首は、935番歌(以下、「長歌」という)の反歌である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  玉藻苅 海未通女等
  見尓将去 船梶毛欲得
  浪高友

 1句「玉藻苅」は「玉藻(たまも)苅(か)る」と訓む。この句は、「長歌」6句の「玉藻(たまも)苅(か)りつつ」と詠んだのを承けたもの。「玉藻(たまも)」は「美しい藻」の意で、「たま」は美称。「苅」はラ行四段活用の他動詞「かる」の連体形で「苅(か)る」。「かる」は「むらがって生えているものを短く切り払う」ことをいう。
 2句「海未通女等」は「海(あま)末通女(をとめ)等(ども)」と訓む。「海未通女」は「長歌」の9句に既出。「海」は、「海人」・「海部」などと書くところを略したもので、この一字で「あま」と訓む。「未通女」は、「をとめ」と訓み「若々しく生命力の盛んな女」の意で、もとは成年に達した未婚の女をさしたが、のちには、一〇歳くらいから成人前の未婚の女性を広くさすようになった。「海(あま)末通女(をとめ)」は「海で働く少女。年若いあま。」をいう。ここの「等」は、「ども」と訓み、名詞・代名詞に付いて、そのものを含めて、同類の物事が数多くあることを示す。ただ必ずしも多数とは限らず、同類のものの一、二をさしてもいう。
 3句「見尓将去」は「見(み)に去(ゆ)[行]かむ」と訓む。この句は、「長歌」の11句と同句。「見」はマ行上一段活用の他動詞「みる」の連用形「見(み)」の名詞化したもの。「尓」はニ音の常用音仮名で、目的を示す格助詞「に」。「将去」(536番歌他に既出)は、カ行四段活用の自動詞「ゆく」の未然形「去(ゆ)[行]か」+意志・意向の助動詞「む」(連体形。漢文の助字「将」で表記。)=「去(ゆ)[行] かむ」。澤潟『萬葉集注釋』に「『見にゆかむ』で切って、三句切れと見る説があるが、佐佐木氏が『連體形とするがよい』と云はれてゐるのが當つてゐよう。長歌でも『見にゆかむ』は連體形である。」とある。
 4句「船梶毛欲得」は「船(ふね)梶(かぢ)もがも」と訓む。「船梶」は、「長歌」の19句に既出で、「船(ふね)」と「梶(かぢ)」。「毛欲得」(478番歌他に既出)は、上代特有の願望の終助詞「もがも」を表わしたもの。「毛」はモ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)、「欲得」は、306番歌の「花尓欲得(はなにもが)」の場合には「もが」と訓んだが、ここは、952番歌の「好人欲得(よきひともがも)」と同じく「がも」に宛てたもの。
 5句「浪高友」は「浪(なみ)高(たか)くとも」と訓む。「浪(なみ)」(359番歌他に既出)は「風や震動などによって水の表面に起こる起伏運動。水面のうねり。」をいう。「波浪」という同義の二字熟語があるように、「なみ」の漢字表記には、「波」と「浪」がある。現在では「波」が使われることが多いが、『万葉集』では「浪」の方が多い。「高」はク活用形容詞「たかし」の連用形で、「高(たか)く」。「たかし」は「空間的に上の方にあったり、上の方まで広がってあったりするさま。」をいう。「友」は借訓字で、仮定条件を示す接続助詞「とも」。この「とも」について、吉井『萬葉集全注』は「このトモは純粋な仮定を表現するものでなく、既に波の高いのを見ていながらそれを仮定のように表現する語法」だとしている。
 936番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  玉藻(たまも)苅(か)る 海(あま)末通女(をとめ)等(ども)
  見(み)に去(ゆ)[行]かむ 船(ふね)梶(かぢ)もがも 
  浪(なみ)高(たか)くとも

  玉藻を苅る 海人の娘子らに
  逢いに行く 船も梶も欲しい
  たとえ波が高かろうとも
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 14:02| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: