2018年05月15日

『万葉集』を訓(よ)む(その1270)

 今回は、937番歌を訓む。前歌に続いて、935番歌(以下、「長歌」という)の反歌二首目である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  徃廻 雖見将飽八
  名寸隅乃 船瀬之濱尓
  四寸流思良名美

 1句「徃廻」は「徃(ゆ)き廻(めぐ)り」と訓む。「徃」はカ行四段活用の自動詞「ゆく」の連用形で「徃(ゆ)き」。「廻」はラ行四段活用の自動詞「めぐる」の連用形で「廻(めぐ)り」。「徃(ゆ)き廻(めぐ)り」は、「行ったり来たりあちこち動きまわって」の意。
 2句「雖見将飽八」は「見(み)とも飽(あ)かめや」と訓む。「雖見」(931番歌に既出)は、マ行上一段活用の他動詞「みる」の連用形「見(み)」+、逆接の仮定条件を示す接続助詞「とも」(漢文の助字「雖」で表記)=「見(み)とも」。「将飽八」(921番歌に既出)は、カ行四段活用の自動詞「あく」の未然形「飽(あ)か」+推量の助動詞「む」の已然形「め」(漢文の助字「将」で表記)+反語の意を表わす係助詞の「や」(「や」の常用訓仮名「八」で表記)=「飽(あ)かめや」。「見(み)とも飽(あ)かめや」は、「いくら見ても見飽きることがあろうか(いや、ない)。」の意。
 3句「名寸隅乃」は「名寸隅(なきすみ)の」と訓む。「名寸隅」は「長歌」1句に既出の地名で、「兵庫県明石市魚住町の付近という.淡路島を見渡せる船泊りの地.」(『新日本古典文学大系』地名一覧)をいう。「名」「寸」は、「な」「き(甲類)」の常用訓仮名。「乃」は、ノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。
 4句「船瀬之濱尓」は「船瀬(ふなせ)の濱(はま)に」と訓む。「船瀬(ふなせ)」も「長歌」の2句に既出で、「船舶が、風や波を避けるためにとまる所。船の碇泊所。船どまり。」をいう。「之」は漢文の助字で、連体助詞「の」。「濱(はま)」は「浜」の旧字で、「海や湖の、水ぎわに沿った平地」をいう。「尓」はニ音の常用音仮名で、場所を示す格助詞「に」。
 5句「四寸流思良名美」は「しきるしらなみ[白波]」と訓む。「四」はシ音の音仮名、「寸」は3句に既出の「き(甲類)」の常用訓仮名、「流」はル音の常用音仮名(片仮名の字源)。「四寸流」で以って、ラ行四段活用の自動詞「しきる」(連体形)を表す。「しきる(頻)」は、「同じ事が何度も続いて起こる。たび重なる。しげくなる。」ことをいう。「思」はシ音の音仮名、「良」はラ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)、「名」は「な」の常用訓仮名、「美」はミ(甲類)音の常用音仮名(平仮名の字源)。「思良名美」は「しらなみ(白波)」を表す。「しらなみ」の仮名書き例は、931番歌15句「四良名美(しらなみ)」で既出だが、そのところで述べたように、『万葉集』には「しらなみ」を詠んだ歌が六十二首あり、その表記を調べて見ると、漢字表記が、「白浪」三十五例と「白波」五例の四十例、漢字仮名交じり表記として「白那弥」の一例があって、残りの二十一例が仮名表記である。その仮名表記の内訳をみると、「之良奈美」十五例、「志良奈美」二例、「思良奈美」二例、「思良名美」一例、「四良名美」一例となっており、仮名表記では、常用音仮名のみで表記した「之良奈美」が圧倒的であり、訓仮名の「名」を交えたものは、本歌の「思良名美」と931番歌の「四良名美」との二例のみであり、これが特殊な表記であることがわかる。「良名美」には、「良い名を持つ美しい」という意味を持たせたものと考えられ、「名寸隅(なきすみ)の船瀬(ふなせ)の濱(はま)」を賛美する気持ちが込められているように思う。
 937番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  徃(ゆ)き廻(めぐ)り 見(み)とも飽(あ)かめや
  名寸隅(なきすみ)の 船瀬(ふなせ)の濱(はま)に
  しきるしらなみ[白波]

  行ったり来たりして いくら見ても見飽きることがあろうか
  名寸隅の 船瀬の浜に
  しきりに寄せる白波の美しさは
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 15:22| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: