2018年07月19日

『万葉集』を訓(よ)む(その1289)

 今回は、948番歌の35句からを訓む。
 35句・36句「天皇之・御命恐」は「天皇(おほきみ)の・御命(みこと)恐(かしこ)み」と訓む。35句は、543番歌1句と同句。「天皇」は29番歌では「すめろき」と訓んだが、ここは543番歌と同じく「天皇(おほきみ)」と訓み、聖武天皇をさす。「之」は漢文の助字で、連体助詞「の」。36句は、368番歌の4句と同句。「御命(みこと)」は「御言」の意で、「み」は接頭語。「こと(言)」を敬っていったもので、神、天皇のお言葉。「恐」は、形容詞「かしこし」の語幹の「恐(かしこ)」で、「恐ろしいこと。恐れ多いこと。」の意。下に接尾語(機能的には接続助詞とみられる)「み」を補読する。ここの「み」は「恐れ多いので」という理由表現ではなく、「恐れ謹んで」「畏み承って」の意。
 37句・38句「百礒城之・大宮人之」は「百礒城(ももしき)の・大宮人(おほみやひと)の」と訓む。37句は、29番歌35句・257番歌13句・691番歌1句と同句。「ももしきの」は、「大宮」にかかる枕詞として用いられたが、「大宮」を「多くの石で築いた城(き)」の意で称えたものとされ、「百の礒で築いた城」ということで「百礒城(ももしき)」の字があてられたと考えられる。「之」は35句に同じで、連体助詞「の」。「大宮人(おほみやひと)」(691番歌他に既出)は、「宮中に仕える人。宮廷に奉仕する官人。」のことで、男性にも女性にも使われる。「之」は37句に同じ。
 39句・40句「玉桙之・道毛不出」は「玉桙(たまほこ)の・道(みち)にも出(い)でず」と訓む。39句「玉桙之」は、220番歌41句・230番歌11句・534番歌3句と同句で、「たまほこの」と訓み、次の「道」にかかる枕詞。「道(みち)」は「人の行き来するところ」。下に場所を示す格助詞「に」を補読する。「毛」はモ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「も」。「不出」は、ダ行下二段活用の自動詞「いづ」の未然形「出(い)で」+打消しの助動詞「ず」(連用形。漢文の助字「不」で表記)=「出(い)でず」。「いづ」は、「(ある限られた場所から)その外へ進み動いて行く。」ことをいう。
 41句「戀比日」は「戀(こ)ふる比日(このころ)」と訓む。「戀」はハ行上二段活用の他動詞「こふ」の連体形で「戀(こ)ふる」。ここの「こふ」対象は、「春の野山」であるに違いない。「比日」は、12句に既出で、「比日(このころ)」と訓み、「この頃」の意。
 948番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  ま葛(くず)延(は)ふ 春日(かすが)の山(やま)は
  打(う)ち靡(なび)く 春(はる)去(さ)り徃(ゆ)くと
  山(やま)の上(うへ)に 霞(かすみ)たなびく
  高圓(たかまと)に 鴬(うぐひす)鳴(な)きぬ
  物部(もののふ)の 八十(やそ)とものをは
  折木四(かり)[雁]が哭(ね)の・来継(きつ)ぐ比日(このころ)
  如此(かく)續(つ)ぎて 常(つね)に有(あ)りせば
  友(とも)なめ[並め]て 遊(あそ)ばむものを
  馬(うま)なめて 徃(ゆ)かまし里(さと)を
  待(ま)ち難(がて)に 吾(わ)が為(せ)し春(はる)を
  かけまくも あやに恐(かしこ)く
  言(い)はまくも ゆゆしく有(あ)らむと
  豫(あらかじめ) 兼(か)ねて知(し)りせば
  千鳥(ちどり)鳴(な)く 其(そ)の佐保川(さほかは)に
  石(いは)に生(お)ふる 菅(すが)の根(ね)取(と)りて
  しのふくさ 解除(はら)へてましを
  徃(ゆ)く水(みづ)に 潔(みそ)ぎてましを
  天皇(おほきみ)の 御命(みこと)恐(かしこ)み
  百礒城(ももしき)の 大宮人(おほみやひと)の
  玉桙(たまほこ)の 道(みち)にも出(い)でず
  戀(こ)ふる比日(このころ)

  葛が一面にのび広がっている 春日の山は
  (うちなびく) 春がやってくると
  山の上に 霞がたなびき
  高円山では うぐいすが鳴いている
  宮廷に仕える 宮人たちは
  雁の鳴く声が 次々とやってくるこの頃
  このようにして 普段であったら
  友だちと一緒に 遊んでいるはずなのに
  馬を並べて 里をたずねているはずなのに
  それほど待ちかねて 私たちがいた春であるのに
  心にかけて思うのも 恐れ多く
  口に出して言うのも 憚られるけれども
  前もって こうなると分かっていたら
  千鳥の鳴く あの佐保川で
  岩に生えている 菅の根を取って
  心惹かれる種を 祓い除いておくのだったのに
  流れゆく水で みそぎをするだったのに
  大君のお言葉を 恐れ謹んで
  (ももしきの) 大宮人たちは
  (玉桙の) 道にすら出ずに
 [春の野山を]恋い慕っているこの頃である
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 13:12| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: