2018年07月31日

『万葉集』を訓(よ)む(その1292)

 今回は、951番歌を訓む。「五年戊辰幸于難波宮時作歌四首」の二首目。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  見渡者 近物可良 
  石隠 加我欲布珠乎 
  不取不巳

 1句「見渡者」は「見渡(みわた)せば」と訓む。この句は283番歌3句・326番歌1句と同句。サ行四段活用の他動詞「みわたす」の已然形「見渡(みわた)せ」+順接の確定条件を表す接続助詞「ば」(「は」の訓仮名「者」を流用して表記)で、「見渡(みわた)せば」。「みわたす」は「こちらからかなたをはるかに見やる。」ことをいう。ちなみに、「見渡(みわた)せば」の句は、本歌を含め『万葉集』に八例あり、1句に使われているのが五例(326・951・1872・1913・1970)、3句に使われているのが三例(283・1030・1160)で、全て表記は同じ「見渡者」である。
 2句「近物可良」は「近(ちか)きものから」と訓む。「近」はク活用形容詞「ちかし」の連体形「近(ちか)き」。「ちかし」は、「空間・距離の隔たりが少ない」ことをいう。「物可良」(766番歌に既出)は、逆接の確定条件を示す接続助詞「ものから」を表す。「ものから」は、形式名詞「もの」(「物」で表記)に名詞「から」(カ音・ラ音の常用音仮名「可良」で表記。「良」は片仮名・平仮名の字源。)の付いてできたもので、活用語の連体形を受ける。この「から」を格助詞とする説もあるが、中古以前の原因・理由を表わすと見られる「から」はまだ体言と考えなければならない。
 3句「石隠」は「石隠(いはがく)り」と訓む。ここの「石」は、948番歌29句と同様、「いし」ではなく「いは」と訓む。「石隠」は、ラ行四段活用の自動詞「いはがくる」の連用形で「石隠(いはがく)り」。「いはがくる」は「岩の間に隠れる。岩かげに隠れる」ことをいう。
 4句「加我欲布珠乎」は「かがよふ珠(たま)を」と訓む。「加」「我」「欲」「布」は、各々、カ音・ガ音・ヨ(甲類)音・フ音の常用音仮名で、「加」は片仮名・平仮名の字源。「加我欲布」は、ハ行四段活用の自動詞「かがよふ」(連体形)を表し、「きらきら光ってゆれ動く。きらきらゆれる。」意。「珠(たま)」は、「玉」に同じで、球形あるいはそれに近い形の美しくて小さい石などで、装飾品となるものを総称していう。「乎」はヲ音の常用音仮名(片仮名の字源)で、格助詞「を」。
 5句「不取不巳」は「取(と)らずは巳(や)まじ」と訓む。「不取」は、ラ行四段活用の他動詞「とる」の未然形「取(と)ら」+打消の助動詞「ず」(連用形。漢文の助字「不」で表記)=「取(と)らず」。下に係助詞「は」を補読。「不巳」は、マ行四段活用の自動詞「やむ」の未然形「巳(や)ま」+否定的意志を表す助動詞「じ」(漢文の助字「不」で表記)=「巳(や)まじ」。「取(と)らずは巳(や)まじ」は「取らずにはおかないつもりだ」の意。
 951番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  見渡(みわた)せば 近(ちか)きものから
  石隠(いはがく)り かがよふ珠(たま)を
  取(と)らずは巳(や)まじ
 
  見渡すと 近いところなのだが
  岩にかくれて きらきら光ってゆれる珠を
  取らずにはおかないつもりだ
posted by 河童老 at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: