2018年08月17日

『万葉集』を訓(よ)む(その1296)

 今回は、955番歌を訓む。題詞に「大宰少貳石川朝臣足人歌一首」とあって、本歌の作者は、「大宰少貳(だざいのせうに)石川朝臣(いしかはのあそみ)足人(たりひと)」である。「大宰少貳」は、大貳と共に大宰府の次官で、従五位下相当官、定員は二名。「石川足人」は、549番歌の題詞に既出で、和銅四年(711年)四月に、正六位上から從五位下になり、神亀元年(724年)二月に從五位上となっている。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  刺竹之 大宮人乃 
  家跡住 佐保能山乎者 
  思哉毛君

 1句「刺竹之」は「刺(さ)す竹(たけ)の」と訓む。この句は、167番歌63句の異伝と同句で「刺(さ)す竹(たけ)の」。「之」は漢文の助字で、連体助詞「の」。「さすたけの」は、「君」「大宮人」「皇子」「舎人男(とねりおとこ)」などの宮廷関係の語にかかる枕詞。かかり方は未詳だが、「瑞枝さす」「五百枝さす」などの「さす」と同語で、竹が勢いよく生長することから宮廷をほめたたえる事柄に用いたものと考えられる。
 2句「大宮人乃」は「大宮人(おほみやひと)の」と訓む。この句は、257および260番歌の14句と同句。「大宮人」は、宮廷に仕える人たちのこと。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、格助詞「の」。
 3句「家跡住」は「家(いへ)と住(す)む」と訓む。「家(いへ)」(943番歌他に既出)は、「自分の住まい。わが家。故郷の家。」の意。「跡」は「と(乙類)」の常用訓仮名で、格助詞「と」。この「と」は「として」の意。「住」はマ行四段活用の自動詞「すむ」の連体形で「住(す)む」。
 4句「佐保能山乎者」は「佐保(さほ)の山(やま)をば」と訓む。「佐保能(の)山」は、460番歌の「佐保乃(の)山」と同じで、「佐保(さほ)の山(やま)」。「能」はノ(乙類)音の常用音仮名で、連体助詞「の」。「佐保山(さほやま)」は、「佐保川」の北側にある法蓮町の北方に東西に連なる一群の丘陵地をさす。「乎」はヲ音の常用音仮名(片仮名の字源)で、格助詞「を」。「者」は「は」の訓仮名だが、ここは「ば」と訓む。「をば」は、格助詞「を」に係助詞「は」が付き、「は」が濁音化したもので、動作の対象を強調する語である。現代語ではほとんど見られず、動作の対象を強調する場合には、「この話はもう止めます」のように「は」だけを用いるのが普通である。ただし、方言として残っている地方もある。
 5句「思哉毛君」は「思(おも)ふやも君(きみ)」と訓む。「思」はハ行四段活用の他動詞「おもふ」の終止形で「思(おも)ふ」。「哉」は「や」の訓仮名で、疑問の係助詞「や」。「毛」はモ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、詠嘆の終助詞「も」。ここの「君(きみ)」が大伴旅人を指すことは、次の956番歌によってわかる。
 955番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  刺(さ)す竹(たけ)の 大宮人(おほみやひと)の
  家(いへ)と住(す)む 佐保(さほ)の山(やま)をば
  思(おも)ふやも君(きみ)

  (さすたけの) 大宮人が
  自分の家として住んでいる 佐保の山を
  なつかしくは思われませんか あなた
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 10:55| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: