2018年08月21日

『万葉集』を訓(よ)む(その1297)

 今回は、956番歌を訓む。題詞に「帥大伴卿和歌一首」とある。「帥大伴卿」は、331番歌の題詞に既出で、大宰帥(だざいのそち)であった大伴旅人をさす。本歌は、大伴旅人が、前の石川足人の歌(955番歌)に「和(こた)へた」歌ということになる。
 写本の異同は、3句の「御食國」の「御」の字が、『類聚古集』『紀州本』には無いことがあげられるが、『元暦校本』『西本願寺本』に従って、「御食國」とした。原文は次の通り。

  八隅知之 吾大王乃 
  御食國者 日本毛此間毛 
  同登曽念

 1句「八隅知之」は「八隅知(やすみし)し」と訓む。「八隅知之」は、直近では938番歌1句に既出。「八隅知(やすみし)し」と訓み、「わが大君」または「わご大君」にかかる枕詞としての常套句で、八方を統べ治める意を表わす。
 2句「吾大王乃」は「吾(わ)が大王(おほきみ)の」と訓む。「吾大王乃」も、直近では938番歌2句に既出。「吾」は、連体助詞の「が」を読み添えて「吾(わ)が」。「大王」は、大和国家の王者が諸豪族に超越する立場を獲得するに至って「王(きみ)」のうちの大なる者の意で「大王(おほきみ)」と称するようになったもの。ここでは、聖武天皇を指す。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、格助詞「の」。
 3句「御食國者」は「御食(を)す國(くに)は」と訓む。「御食」は、サ行四段活用の他動詞「をす」の連体形「御食(を)す」と訓む。「をす」は、上代の文献で尊敬語として使われた語で、ヲサ(筬)、ヲサ(長)、ヲサム(治む)のヲサと同根であると見られる。ヲサ(筬)は織機の縦糸の乱れを整えるもの。ヲサ(長)は行政府の長官で、行政を整然と行う責任者。ヲサム(治む)は行政を統括し整然と実行すること。このようにヲサには、「整える、整然と行う」という意がある。「をす」は、天皇が統治なさる国の意で「をす國(くに)」と使うことが多く、ヲスは「治む」の尊敬語、すなわちお治めになる意である。「御食」の表記は、尊敬語「をす」と訓むことを明示したものであるが、928番歌13句の「食國」を「食(を)す國(くに)」と訓んだ例のように、「食」一字でも「をす」と訓む。
 4句「日本毛此間毛」は「日本(やまと)も此間(ここ)も」と訓む。「日本」は、これまでに九例(44・52・63・319・359・366・367・389・475番歌)を数えるが、319番歌のみ「ひのもと」と訓んだ以外は全て「やまと」と訓んだ。ここも「日本(やまと)」と訓み、都のある「大和国」の意。「毛」はモ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「も」。「此間」は、代名詞の「此間(ここ)」と訓み、太宰府のある「筑紫(九州)」を指す。「毛」は上に同じ。
 5句「同登曽念」は「同(おな)じとそ念(おも)ふ」と訓む。「同」はシク活用形容詞「おなじ」の終止形で「同(おな)じ」。「登」はト(乙類)音の常用音仮名で、格助詞「と」。「曽」はソ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「そ」。「念」は「念」はハ行四段活用の他動詞「おもふ」の連体形「念(おも)ふ」。
 956番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  八隅知(やすみし)し 吾(わ)が大王(おほきみ)の
  御食(を)す國(くに)は 日本(やまと)も此間(ここ)も
  同(おな)じとそ念(おも)ふ

  (やすみしし) われらの大君の
  治めておいでになる国は 大和もここ筑紫も
  変わりはないと思います
posted by 河童老 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: