2018年08月31日

『万葉集』を訓(よ)む(その1300)

 今回は、959番歌を訓む。題詞に「豊前守宇努首男人歌一首」とあって、前歌(958番歌)に続いて、「冬(ふゆ)十一月(ぐわつ)、大宰(だざい)の官人等(くわんにんら)香椎(かしひ)の廟(みや)を拜(をろが)み奉(まつ)り訖(を)へて退(まか)り歸(かへ)る時(とき)に、馬(うま)を香椎(かしひ)の浦(うら)に駐(とど)めて各(おのおの)懐(おもひ)を述(の)べて作(つく)る歌(うた)」の三首目で、作者は「豊前守(とよのみちのくちのくにのかみ)宇努首(うののおびと)男人(をひと)」である。作者については、吉井『萬葉集全注』が「【考】宇努首の略歴」として詳しく述べているのでそれを引用しておく。

 【考】宇努首の略歴 宇努首は新撰姓氏録によれば、百済系の大和国諸蕃として編成されている。男人は八幡宇佐宮御託宣集巻五の養老四年隼人叛乱の条に「豊前守正六位上宇努首男人」とあり、政事要略廿三放生会条にも「旧記云」として、養老四年八幡大神が宇努首男人の請によって隼人を打ち破ったが、隼人殺害のために毎年二回放生会を行うことを述べている。養老四年から神亀五年まで約九年の豊前守は長期にすぎるが、何か特殊な事情があったのかもしれない。作歌によれば「明日ゆ後には見むよしもなし」とあり、転任による都への帰還の途ととれる。新垣幸得によれば(「時風再航」上代文学昭和五十一年十一月)、「香椎宮編年記」に、天平宝字四年(七六〇)以後、毎年十一月六日に大宰帥以下が香椎宮に参拝することになっており、この制度は先例によって定めたものなので、おそらく旅人の参拝も十一月六日の定例のものであったろうとする。旅人らは香椎宮参拝のために、宇努男人は都への帰還のために同道したのであろう。

 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  徃還 常尓我見之
  香椎滷 従明日後尓波
  見縁母奈思

 1句「徃還」は「徃(ゆ)き還(かへ)り」と訓む。「徃」はカ行四段活用の自動詞「ゆく」の連用形で「徃(ゆ)き」。「還」はラ行四段活用の自動詞「かへる」の連用形「還(かへ)り」。「徃(ゆ)き還(かへ)り」は「任国の豊前から大宰府への行き帰り」をいう。
 2句「常尓我見之」は「常(つね)に我(わ)が見(み)し」と訓む。「常尓」は、形容動詞「つね」の連用形(副詞法)で「常(つね)に」(「尓」はニ音の常用音仮名)。「つね」は「日常普通に見られる行為や状態であること。いつもの通りであるさま。」をいう。「我」は、自称「わ」に格助詞「が」を補読して「我(わ)が」と訓む。「見」はマ行上一段活用の他動詞「みる」の連用形で「見(み)」。「之」は、シ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、回想の助動詞「き」の連体形の「し」として用いたもの。
 3句「香椎滷」は「香椎滷(かしひがた)」と訓む。この句は、前歌(958番歌)の3句と同句。「香椎滷(かしひがた)」は、「香椎の干潟」をいう。
 4句「従明日後尓波」は「明日(あす)ゆ後(のち)には」と訓む。「従」は、漢文の助字で「より。… から。」の意の格助詞「ゆ」に用いたもの。日本語の語順では「明日」の後ろに。「明日」は、779番歌に既出で、そこではアスノヒと訓んだが、ここはアスと訓む。「後(のち)」は、時間的に「ある時よりあと」をいう語で、「今後。将来。これから先。」の意。「尓波」(924番歌他に既出)は、格助詞「に」に係助詞「は」の付いた「には」を表す。「尓」はニ音の常用音仮名、「波」はハ音の常用音仮名で平仮名の字源。
 5句「見縁母奈思」は「見(み)む縁(よし)もなし」と訓む。ここの「見」は、マ行上一段活用の他動詞「みる」の未然形「見(み)」に推量の助動詞「む」(連体形)を補読して「見(み)む」と訓む。「縁(よし)」(775番歌他に既出)は、「かかわりを持つための方法。手段。てだて。すべ。」の意。「母」はモ音の常用音仮名で、係助詞「も」。「奈」はナ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)、「思」はシ音の音仮名。「奈思」は、ク活用形容詞「なし」(終止形)を表す。
 959番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  徃(ゆ)き還(かへ)り 常(つね)に我(わ)が見(み)し
  香椎滷(かしひがた) 明日(あす)ゆ後(のち)には
  見(み)む縁(よし)もなし

  大宰府への行き帰りに いつも私の見ていた
  この香椎潟も 明日からは
  見るすべもありません
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 11:25| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: