2018年09月21日

『万葉集』を訓(よ)む(その1305)

 今回は、964番歌を訓む。題詞に「同坂上郎女向京海路見濱貝作歌一首」とある。これを訓み下すと、「同(おな)じき坂上郎女(さかのうへのいらつめ)京(みやこ)に向(むか)ふ海路(うみつぢ)に濱(はま)の貝(かひ)を見(み)て作(つく)る歌(うた)一首(しゆ)」となる。本歌は、前の963番歌と同様、天平二年冬に、旅人が大納言になって上京するのに先立って、坂上郎女が京に向かった折の作である。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  吾背子尓 戀者苦 
  暇有者 拾而将去 
  戀忘貝

 1句「吾背子尓」は「吾(わ)が背子(せこ)に」と訓む。この句は、540番歌1句と同句。「吾」は自称で、坂上郎女をさす。「背子(せこ)」は、女性が自分の夫、あるいは恋人である男性に対して用いる呼称。旅人をさすとする説もあるが、「特定の人があるわけではない」とする『私注』に従うのが良いと思う。本歌は、「浜の貝」に想を得て詠んだものと考えられる。「尓」はニ音の常用音仮名で、動作・感情の対象を示す格助詞「に」。
 2句「戀者苦」は「戀(こ)ふれば苦(くる)し」と訓む。この句は、756番歌の2句と同句。「戀者」は、ハ行上二段活用の他動詞「こふ」の已然形「こ’戀ふれ」+確定条件を示す接続助詞「ば」(「は」の訓仮名「者」を流用して表記)で、「こ’戀ふれば」と訓む。「苦」はシク活用形容詞「くるし」の終止形で「苦(くる)し」。「くるし」は「かなわない願いや悲しみ、後悔などで心が痛む。つらい。せつない。」ことをいう。
 3句「暇有者」は「暇(いとま)有(あ)らば」と訓む。「暇」は『名義抄』に「暇 イトマ・アク」とあり、ここは562番歌同様、「暇(いとま)」と訓む。「仕事と仕事の間の、何もしないとき。絶え間。有閑期。」の意。「有者」(757番歌他に既出)は、「有(あ)れば」とも「有(あ)らば」とも訓めるが、ここは、ラ行変格活用の自動詞「あり」の未然形に、仮定条件を示す接続助詞「ば」(「は」の訓仮名「者」で表記)が付いた形で、「有(あ)らば」と訓む。
 4句「拾而将去」は「拾(ひり)ひて去(ゆ)かむ」と訓む。「拾」はハ行四段活用の他動詞「ひりふ」の連用形「拾(ひり)ひ」。「ひりふ」は、「ひろふ」の古形で、「地上などにある物を、取り上げる。落ちている物や捨ててある物などを取り上げて手にする。」ことをいう。「将去」(953番歌他に既出)は、カ行四段活用の自動詞「ゆく」の未然形「去(ゆ)[行]か」+意志・意向の助動詞「む」(終止形。漢文の助字「将」で表記。)=「去(ゆ)[行] かむ」。
 5句「戀忘貝」は「戀忘(こひわす)れ貝(がひ)」と訓む。この句について、吉井『萬葉集全注』は「恋忘れ貝」として次のように述べている。

 ○恋忘れ貝 7・一一四七、一一四九、一一九七、15・三七一一。忘貝(1・六八、11・二七九五、12・三〇八四、三一七五、15・三六二九)。「美しき貝」(万葉集管見)、「波のよせ来て残り忘れたるよしの名」(攷証、万葉集美夫君志)、「貝の名」(古義、万葉集講義、佐佐木評釈)、「二枚貝の一片」(古典大系)、「あわびをもいう」(古典全集)などの説があるが、萱草(わすれぐさ)(3・三三四、4・七二七、12・三〇六〇、三〇六二)、恋忘草(11・二四七五)が、中国の萱草(毛詩、衛風の白兮(はくけい)中の一章に「いづくにか諼草を得(え)て、われは之を背(はい)に植ゑむ」とあり、その「伝」に「諼草は人をして憂(うれ)ひを忘れしむ」とあり、「釈文」に「諼、本(もと)又萱に作る」とある。)に由来をもつとすれば、これに基づいて作られた歌語であろう。拾フ、岸ニ寄ルなどの打ち上げられたものが多く詠まれているところから云えば、おそらく貝殻であり、また、海人が潜(かず)きとるものを忘れ貝と歌っている作が一首(12・三〇八四)あるところを見れば、アハビも含まれるようであり、結局アハビを含め、二枚貝の一片を忘れ貝といったと考えるのが妥当なようである(東光治『万葉動物考』)。

 964番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  吾(わ)が背子(せこ)に 戀(こ)ふれば苦(くる)し
  暇(いとま)有(あ)らば 拾(ひり)ひて去(ゆ)かむ
  戀忘(こひわす)れ貝(がひ)

  わがいとしい人に 恋していると苦しい
  暇があったら 拾って行こう 
  恋を忘れさせるというあの忘れ貝を
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 15:09| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: