2018年10月31日

『万葉集』を訓(よ)む(その1316)

 今回は、972番歌を訓む。題詞に「反歌一首」とあって、本歌は前の長歌(971番歌)の反歌である。また、左注に「右檢補任文八月十七日任東山々陰西海節度使」とある。これを訓み下すと「右(みぎ)、補任(ぶにん)の文(ふみ)に檢(ただ)すに、八月十七日に東山(とうせん)・山陰(せんいん)・西海(さいかい)の節度使を任ず」となり、藤原宇合が西海道の節度使に任ぜられたのは、天平四年の八月十七日であることがわかる。なお、同日付で、藤原房前が東海・東山二道の節度使に、多治比真人が山陰の節度使に任じられている。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  千萬乃 軍奈利友 
  言擧不為 取而可来 
  男常曽念

 1句「千萬乃」は「千萬(ちよろづ)の」と訓む。「千萬(ちよろづ)」は、「数の限りなく多いこと。無数。せんまん。千五百万(ちいほよろづ)。」の意。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。
 2句「軍奈利友」は「軍(いくさ)なりとも」と訓む。「軍」は象形文字で、「車上に旗を立て、なびかせている形。兵車を以て全軍に指麾(しき)することをいう。」(『字通』より)。『名義抄』に「軍 イクサ・モロモロ」とある。「軍(いくさ)」は「武人。戦士。兵卒。また、軍隊。軍勢。」の意で、ここは「敵の軍勢」をいう。「奈」「利」は、ナ音・リ音の常用音仮名で、ともに片仮名・平仮名の字源。「奈利」で以って、指定の助動詞「なり」を表す。「友」は借訓字で、仮定条件を示す接続助詞「とも」を表す。
 3句「言擧不為」は「言(こと)擧(あ)げ為(せ)ず」と訓む。「言(こと)擧(あ)げ」は、「言葉に出して相手に言うこと。言葉に出して論ずること。」の意。阿蘇『萬葉集全歌講義』には「呪力ある非日常の言語を発することによって言語に秘められた力の発揮を期する呪儀。」とある。「不為」は、サ行変格活用の自動詞「す」の未然形「為(せ)」+打消しの助動詞「ず」(連用形。漢文の助字「不」で表記。)=「為(せ)ず」。
 4句「取而可来」は「取(と)りて来(き)ぬべき」と訓む。「取」はラ行四段活用の他動詞「とる」の連用形「取(と)り」。ここの「とる」は、「うちとる」意で、「敵を平定する」ことをいう。「而」は漢文の助字で、接続助詞「て」。「可来」は、カ行変格活用の自動詞「く」の連用形「来(き)」+完了の助動詞「ぬ」(無表記だが補読)+比況の助動詞「べし」の連体形「べき」(漢文の助字「可」で表記)=「来(き)ぬべき」。ここの「来」は補助動詞で、動詞の連用形に「て」を添えた形について、あることをして、戻る意を表す。
 5句「男常曽念」は「男(をのこ)とそ念(おも)ふ」と訓む。「男(をのこ)」は「成人の男子。壮士。お。おとこ。」の意。「常」は「と(乙類)」の訓仮名で、格助詞「と」。「曽」はソ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「そ」。「念」は「念」はハ行四段活用の他動詞「おもふ」の連体形「念(おも)ふ」。
 972番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  千萬(ちよろづ)の 軍(いくさ)なりとも
  言(こと)擧(あ)げ為(せ)ず 取(と)りて来(き)ぬべき
  男(をのこ)とそ念(おも)ふ

  千万の 軍勢であろうとも
  とやかく言わず 討ち取って来られるような
  立派な男子だと思っております
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 18:06| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: