2018年12月06日

『万葉集』を訓(よ)む(その1325)

 今回は、980番歌を訓む。題詞に「安倍朝臣蟲麻呂月歌一首」とあり、「安倍朝臣蟲麻呂(あへのあそみむしまろ)」が「月」を詠んだ歌である。安倍朝臣虫麻呂については、阿蘇『萬葉集全歌講義』が次のように注している。

 安倍朝臣虫麻呂 巻四・六六五に既出。坂上郎女の母方の従兄。皇后宮亮・中務少輔播磨守・左中弁など歴任。天平勝宝四年(七五二)三月、中務大輔従四位下で卒。

写本に異同はなく、原文は次の通り。

  雨隠 三笠乃山乎 
  高御香裳 月乃不出来 
  夜者更降管

 1句「雨隠」は「雨隠(あまごも)り」と訓む。「雨隠(あまごも)り」は「雨天を嫌って家の中に籠っていること」をいうが、ここは、「雨に籠る御笠」の意から「御笠」と同音の「三笠の山」にかかる枕詞として用いたもの。
 2句「三笠乃山乎」は「三笠(みかさ)の山(やま)を」と訓む。「三笠(みかさ)の山(やま)」は、『日本国語大辞典』の「三笠山」の項目に「奈良市東部の山。奈良公園の背後にあり、ふもとに春日大社や春日若宮がある。東側の花山・芳山(はやま)とともに春日山と総称され、原生林におおわれる。標高二九三メートル。歌枕。みかさのやま。御笠山。」とある。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、連体助詞「の」。
 3句「高御香裳」は「高(たか)みかも」と訓む。この句は、44番歌の3句「高三香裳」と「み」の表記が異なるのみで同句。「高御」は、ク活用の形容詞「たかし」の語幹「高(たか)」+原因・理由を表す接続助詞「み」(「み(甲類)」の訓仮名「御」で表記)=「高(たか)み」。「香」はカ音の音仮名で、疑問の意を表わす係助詞「か」。「裳」は「も」の常用の訓仮名で、詠嘆を表わす係助詞「も」。「かも」は、文中用法と文末用法があり、文中用法では係助詞的にはたらき、文末用法では終助詞的にはたらく。文中用法の「か」は疑問を表わし、係り結びを起こす。文末用法の「かも」は上代によく使われたが、平安以後はおおむね「かな」となる。
 4句「月乃不出来」は「月(つき)の出(い)で来(こ)ぬ」と訓む。ここの「月(つき)」は「天体の月」。「乃」は2句に既出で、ここは格助詞「の」。「不出来」は、ダ行下二段活用の自動詞「いづ」の連用形で「出(い)で」+カ行変格活用の自動詞「く」の未然形「来(こ)」+打消の助動詞「図」の連体形「ぬ」(漢文の助字「不」で表記)=「出(い)で来(こ)ぬ」。
 5句「夜者更降管」は「夜(よ)は更降(くた)ちつつ」と訓む。「夜」は、「よ」とも「よる」とも訓めるが、ここは「よ」。「日没から日の出までの時間。太陽が没して暗い間。」をいう。「者」は漢文の助字で、係助詞「は」。「更降」は、タ行四段活用の自動詞「くたつ」の連用形「更降(くた)ち」。「くたつ」は、「ある状態が下降的に時とともに変化する。」ことをいうが、ここは「夜が更けていく」意に用いている。「降」の一字で「くたつ」と訓むが、意味を視覚的に明らかにするために、「更降」の二字で表記したものかと思われる。「管」(975番歌他に既出)は、活用語の連用形に付いて動作の並行・継続を表わす接続助詞「つつ」に宛てた借訓字。「つつ」には本来逆接の意があるわけではないが、前後の文脈から「…にもかかわらず」「…のに」と訳される場合があり、ここもその例で、「夜は更けていくのに」の意。
 980番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  雨隠(あまごも)り 三笠(みかさ)の山(やま)を
  高(たか)みかも 月(つき)の出(い)で来(こ)ぬ
  夜(よ)は更降(くた)ちつつ

  (雨隠る) 三笠の山が 
  高いからであろうか 月が出てこない
  夜は更けていくのに
ラベル:万葉集
posted by 河童老 at 10:34| Comment(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: