2018年12月03日

『万葉集』を訓(よ)む(その1324)

 今回は、979番歌を訓む。題詞に「大伴坂上郎女与姪家持従佐保還歸西宅歌一首」とあり、訓み下すと「大伴坂上郎女(おほとものさかのうへのいらつめ)、姪(をひ)家持(やかもち)の佐保(さほ)より西(にし)の宅(いへ)に還歸(かへ)るに与(あた)ふる歌(うた)一首(しゆ)」となる。「西宅」について、吉井『萬葉集全注』は次のように述べている。

○西の宅 西宅については、西方の別宅とするのが一般である。川口常孝(「“佐保の宅”と“西の宅”」『大伴家持』)は、さらにこれを具体化して、西宅は、奈良京造営と共に大伴安麻呂に与えられた左京二条四坊に位置する地の宅を言い、後、外京の左京二条五坊九・一六坪(一坪は百十九メートル四方の地。佐保小学校の北にあたる)に新たに建てたのが佐保本邸であろうと推定する。旅人の薨後も、坂上郎女は大伴家の家刀自として本邸にあり、そこから約五百メートル西の旧大伴邸である西宅に、家持が居住していたと推定するのである。

写本の異同は、5句二字目<家>を『西本願寺本』などには、「宅」とあるが、『元暦校本』『類聚古集』『紀州本』に「家」とあるのを採る。原文は次の通り。

  吾背子我 著衣薄 
  佐保風者 疾莫吹 
  及<家>左右

 1句「吾背子我」は「吾(わ)が背子(せこ)が」と訓む。この句は268・639番歌の1句と同句 。「吾」は自称「わ」に連体修飾の格助詞「が」を補読して「吾(わ)が」。「背子(せこ)」は、広く男性を親しんでいう語で、ここは大伴坂上郎女が、甥の大伴家持をに対して使ったもの。阿蘇『萬葉集全歌講義』の注に「わが背子 長女の夫にと願っている甥の家持に対して、親愛の情をこめて愛人に対して呼びかけるような表現を用いている。」とある。「我」はガ音の常用音仮名で連体修飾の格助詞「が」。 
 2句「著衣薄」は「著(け)[着]る衣(きぬ)薄(うす)し」と訓む。「著」は「着」と同字で、ここは、カ行上一段活用の他動詞「きる」の連用形キ+ラ行変格活用の自動詞「あり」の連体形アル=キアルが約まった「著(け)[着]る」と訓み、「着ている」の意。「衣」は「きぬ」とも「ころも」とも訓むが、ここは「ころも」で「衣服」の意。「薄」はク活用形容詞「うすし」の終止形「薄(うす)し」。「うすし」は「物の厚みが少ない」ことをいう。
 3句「佐保風者」は「佐保風(さほかぜ)は」と訓む。「佐保風(さほかぜ)」は、「佐保の地を吹く風」をいう。「佐保(さほ)」(949番歌他に既出)は、現在の奈良市北部、「佐保川」(79番歌他に既出)の北側の法蓮町・法華寺町一帯をいう。「者」は漢文の助字で、係助詞「は」。
 4句「疾莫吹」は「疾(いた)くな吹(ふ)きそ」と訓む。「疾」(263番歌に既出)は、ク活用形容詞「いたし」の連用形から副詞となった語で、「疾(いた)く」と訓み、「ひどく。はなはだしく。ずいぶん。」の意。「莫」(946番歌他に既出)は、「勿」と同じく否定・禁止に用いる漢文の助字で、和語の禁止を表す副詞「な」に用いたもの。副詞「な」は下に「動詞の連用形+そ」を伴って用いられることが多いが、ここもその例で、「莫吹」は、副詞「な」+カ行四段活用の自動詞「ふく」の連用形「吹(ふ)き」+終助詞「そ」(無表記だが補読)=「な吹(ふ)きそ」。「疾(いた)くな吹(ふ)きそ」は「ひどくは吹かないでおくれ」の意。
 5句「及家左右」は「家(いへ)に及(いた)[至]るまで」と訓む。「及家」は、漢文的表記で、間に返り点のレ点をつけて「家(いへ)に及(いた)[至]る」と訓む。「家(いへ)」は題詞にある「西(にし)の宅(いへ)」を指す。「及(いた)る」は、ラ行四段活用の自動詞「いたる」の連体形。「いたる」は「ある場所に行き着く。到着する。」ことをいう。『名義抄』に「及  オヨブ・トシク・ツヒニ・イカカ・カヘス・イタル・トモニス・トトノフ」とあり、イタルの訓が見える。「左右」を、時間的・空間的な限度を示す副助詞「まで」と訓むのは、両手(左右手)を「真手(まて)」といったところからの戯書で、747番歌他にも既出。
 979番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  吾(わ)が背子(せこ)が 著(け)[着]る衣(きぬ)薄(うす)し
  佐保風(さほかぜ)は 疾(いた)くな吹(ふ)きそ
  家(いへ)に及(いた)[至]るまで

  あなたが 着ている衣服は薄い
  佐保風は ひどくは吹かないでおくれ
  あなたが家に着くまで
posted by 河童老 at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

『万葉集』を訓(よ)む(その1297)

 今回は、956番歌を訓む。題詞に「帥大伴卿和歌一首」とある。「帥大伴卿」は、331番歌の題詞に既出で、大宰帥(だざいのそち)であった大伴旅人をさす。本歌は、大伴旅人が、前の石川足人の歌(955番歌)に「和(こた)へた」歌ということになる。
 写本の異同は、3句の「御食國」の「御」の字が、『類聚古集』『紀州本』には無いことがあげられるが、『元暦校本』『西本願寺本』に従って、「御食國」とした。原文は次の通り。

  八隅知之 吾大王乃 
  御食國者 日本毛此間毛 
  同登曽念

 1句「八隅知之」は「八隅知(やすみし)し」と訓む。「八隅知之」は、直近では938番歌1句に既出。「八隅知(やすみし)し」と訓み、「わが大君」または「わご大君」にかかる枕詞としての常套句で、八方を統べ治める意を表わす。
 2句「吾大王乃」は「吾(わ)が大王(おほきみ)の」と訓む。「吾大王乃」も、直近では938番歌2句に既出。「吾」は、連体助詞の「が」を読み添えて「吾(わ)が」。「大王」は、大和国家の王者が諸豪族に超越する立場を獲得するに至って「王(きみ)」のうちの大なる者の意で「大王(おほきみ)」と称するようになったもの。ここでは、聖武天皇を指す。「乃」はノ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、格助詞「の」。
 3句「御食國者」は「御食(を)す國(くに)は」と訓む。「御食」は、サ行四段活用の他動詞「をす」の連体形「御食(を)す」と訓む。「をす」は、上代の文献で尊敬語として使われた語で、ヲサ(筬)、ヲサ(長)、ヲサム(治む)のヲサと同根であると見られる。ヲサ(筬)は織機の縦糸の乱れを整えるもの。ヲサ(長)は行政府の長官で、行政を整然と行う責任者。ヲサム(治む)は行政を統括し整然と実行すること。このようにヲサには、「整える、整然と行う」という意がある。「をす」は、天皇が統治なさる国の意で「をす國(くに)」と使うことが多く、ヲスは「治む」の尊敬語、すなわちお治めになる意である。「御食」の表記は、尊敬語「をす」と訓むことを明示したものであるが、928番歌13句の「食國」を「食(を)す國(くに)」と訓んだ例のように、「食」一字でも「をす」と訓む。
 4句「日本毛此間毛」は「日本(やまと)も此間(ここ)も」と訓む。「日本」は、これまでに九例(44・52・63・319・359・366・367・389・475番歌)を数えるが、319番歌のみ「ひのもと」と訓んだ以外は全て「やまと」と訓んだ。ここも「日本(やまと)」と訓み、都のある「大和国」の意。「毛」はモ音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「も」。「此間」は、代名詞の「此間(ここ)」と訓み、太宰府のある「筑紫(九州)」を指す。「毛」は上に同じ。
 5句「同登曽念」は「同(おな)じとそ念(おも)ふ」と訓む。「同」はシク活用形容詞「おなじ」の終止形で「同(おな)じ」。「登」はト(乙類)音の常用音仮名で、格助詞「と」。「曽」はソ(乙類)音の常用音仮名(片仮名・平仮名の字源)で、係助詞「そ」。「念」は「念」はハ行四段活用の他動詞「おもふ」の連体形「念(おも)ふ」。
 956番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  八隅知(やすみし)し 吾(わ)が大王(おほきみ)の
  御食(を)す國(くに)は 日本(やまと)も此間(ここ)も
  同(おな)じとそ念(おも)ふ

  (やすみしし) われらの大君の
  治めておいでになる国は 大和もここ筑紫も
  変わりはないと思います
posted by 河童老 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

『万葉集』を訓(よ)む(その1292)

 今回は、951番歌を訓む。「五年戊辰幸于難波宮時作歌四首」の二首目。
 写本に異同はなく、原文は次の通り。

  見渡者 近物可良 
  石隠 加我欲布珠乎 
  不取不巳

 1句「見渡者」は「見渡(みわた)せば」と訓む。この句は283番歌3句・326番歌1句と同句。サ行四段活用の他動詞「みわたす」の已然形「見渡(みわた)せ」+順接の確定条件を表す接続助詞「ば」(「は」の訓仮名「者」を流用して表記)で、「見渡(みわた)せば」。「みわたす」は「こちらからかなたをはるかに見やる。」ことをいう。ちなみに、「見渡(みわた)せば」の句は、本歌を含め『万葉集』に八例あり、1句に使われているのが五例(326・951・1872・1913・1970)、3句に使われているのが三例(283・1030・1160)で、全て表記は同じ「見渡者」である。
 2句「近物可良」は「近(ちか)きものから」と訓む。「近」はク活用形容詞「ちかし」の連体形「近(ちか)き」。「ちかし」は、「空間・距離の隔たりが少ない」ことをいう。「物可良」(766番歌に既出)は、逆接の確定条件を示す接続助詞「ものから」を表す。「ものから」は、形式名詞「もの」(「物」で表記)に名詞「から」(カ音・ラ音の常用音仮名「可良」で表記。「良」は片仮名・平仮名の字源。)の付いてできたもので、活用語の連体形を受ける。この「から」を格助詞とする説もあるが、中古以前の原因・理由を表わすと見られる「から」はまだ体言と考えなければならない。
 3句「石隠」は「石隠(いはがく)り」と訓む。ここの「石」は、948番歌29句と同様、「いし」ではなく「いは」と訓む。「石隠」は、ラ行四段活用の自動詞「いはがくる」の連用形で「石隠(いはがく)り」。「いはがくる」は「岩の間に隠れる。岩かげに隠れる」ことをいう。
 4句「加我欲布珠乎」は「かがよふ珠(たま)を」と訓む。「加」「我」「欲」「布」は、各々、カ音・ガ音・ヨ(甲類)音・フ音の常用音仮名で、「加」は片仮名・平仮名の字源。「加我欲布」は、ハ行四段活用の自動詞「かがよふ」(連体形)を表し、「きらきら光ってゆれ動く。きらきらゆれる。」意。「珠(たま)」は、「玉」に同じで、球形あるいはそれに近い形の美しくて小さい石などで、装飾品となるものを総称していう。「乎」はヲ音の常用音仮名(片仮名の字源)で、格助詞「を」。
 5句「不取不巳」は「取(と)らずは巳(や)まじ」と訓む。「不取」は、ラ行四段活用の他動詞「とる」の未然形「取(と)ら」+打消の助動詞「ず」(連用形。漢文の助字「不」で表記)=「取(と)らず」。下に係助詞「は」を補読。「不巳」は、マ行四段活用の自動詞「やむ」の未然形「巳(や)ま」+否定的意志を表す助動詞「じ」(漢文の助字「不」で表記)=「巳(や)まじ」。「取(と)らずは巳(や)まじ」は「取らずにはおかないつもりだ」の意。
 951番歌の漢字仮名交じり文と口訳を示すと、次の通り。

  見渡(みわた)せば 近(ちか)きものから
  石隠(いはがく)り かがよふ珠(たま)を
  取(と)らずは巳(や)まじ
 
  見渡すと 近いところなのだが
  岩にかくれて きらきら光ってゆれる珠を
  取らずにはおかないつもりだ
posted by 河童老 at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする